« 本日休暇(笑) | Main | 経営・会計通信: 外食からおにぎりまで »

IFRICがキャッシュバランスプランのガイダンスを提案

IFRIC publishes proposed guidance on cash balance plans

The International Financial Reporting Interpretations Committee (IFRIC)* today released for public comment a draft Interpretation D9 Employee Benefit Plans with a Promised Return on Contributions or Notional Contributions giving guidance on the accounting for cash balance plans. These are employee benefit plans with benefits that depend on future returns on assets.

:国際財務報告基準解釈委員会(IFRIC)は、本日、キャッシュバランスプランの会計処理のガイダンスを示した解釈指針案D9を公表した。将来の資産の運用により給付が決まる給付制度のことである。

キャッシュバランスプランは、こちらの解説を参照ください。定義は、個人の仮想口座を設定し、拠出額に一定の利率を乗じた金額を給付額とするものです。年金資産の運用実績が低くても直接は給付額に影響しないため、従来の確定給付型の延長線上で語られますが、一方で「一定の利率」を市場金利に連動させることで、低金利下のリスクをうまく従業員に移転させ、企業としてのリスクを軽減できるため、最近採用する企業が多いようです。

と、理解しているのですが、These are employee benefit plans with benefits that depend on future returns on assets. と書いているのが気にかかります。資産の将来の運用が給付に直接影響するかのような表現をしています。ひょっとすると私が考えているキャッシュバランスプランとは別物が出てくるのかもしれません。

公開草案全文は9日公開予定となっていますが、今のところまだUPされていないようです。UPされたら改めまして読んでみようかと思います。

|

« 本日休暇(笑) | Main | 経営・会計通信: 外食からおにぎりまで »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/967916

Listed below are links to weblogs that reference IFRICがキャッシュバランスプランのガイダンスを提案:

« 本日休暇(笑) | Main | 経営・会計通信: 外食からおにぎりまで »