« 引越しの手伝い<off-time> | Main | 年金資産の返還に係る会計処理と未認識年金資産 »

なぜ、「頑張っている人」ほどうまくいかないのか

なぜ、「頑張っている人」ほどうまくいかないのか

正直、タイトルから想像されるようなイメージとはちょっと異なりますね。
前半を読みすすめると、一歩間違えば新興宗教、というよりそのものずばりといった感じの内容。
「潜在意識を変える」この一点をあまたの成功談を交え延々語っていてやや辟易気味です。

後半はその潜在意識を変える手法に費やされるわけですが、これにはちょっと惹かれるものがありました。
なりたい自分になる活動を「対価活動」と名づけ、それを行ったら自分にバーチャルな時給を払う。
夜寝る前に、払われた報酬の小遣い帳をつける。
表現は異なるかもしれないですが、おおむねそんな感じだったと思います。

要は寝る前に自分をほめてあげるということで、いままでもあった手法かと思いますが、ほめ方をデジタル化したことと、時給という概念を使うことにより、タイムマネジメントとしても使えそうなところに工夫があり、気を惹かれました。

ちょっと始めてみました。何時まで続くか分かりませんが、こつこつとやって見ようと思います。
対価活動の内容は。。。とても言えるようなものではありません。

|

« 引越しの手伝い<off-time> | Main | 年金資産の返還に係る会計処理と未認識年金資産 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/1116396

Listed below are links to weblogs that reference なぜ、「頑張っている人」ほどうまくいかないのか:

« 引越しの手伝い<off-time> | Main | 年金資産の返還に係る会計処理と未認識年金資産 »