« 社会復帰 | Main | 遭遇、石川ひとみ »

「始業前に「昨日の仕事」をすます人が成功する」の実行

復活宣言をした割にはまた穴あけてしまいました。
この言い訳などを。。。

「始業前に「昨日の仕事」をすます人が成功する 高井伸夫

上記書籍を読みました。
朝の時間は2倍、3倍の能率があがるというというのが趣旨で、まあ目新しい話ではありません。野村正樹氏や、中島孝志氏が書いているのとほぼ同じことといえます。

しかし、すぐ影響されやすい(そしてすぐ飽きやすい)私はまた感化されてしまいました。Blogを書くなら朝のほうがいいのではないかと。夜は眠くて思考が散乱する。だらだらやっていると睡眠時間を圧迫する。朝書くのであれば自分で締め切りを設定しているのも同然であり、短期間で考えをまとめる訓練にもなる。これは名案だ。

また、深夜はココログが異様に重く、いらいらすることが多い。早朝ならばさくさく動くのではないか。

そうは言っても、平日5時半起きの生活をしている私。今でも決して遅い起床時間ではない。帰宅は1時になることも多く、就寝時間は大体2時半。これ以上の睡眠時間削減は体力的につらい。でも、同じ睡眠時間なのであれば、どんなに遅く帰宅しても1時半には就寝し、4時半に起床するほうが、生活パターンとしてはいいのではないか。もっと早く帰って寝れば4時起きも可能だ。よし、これで行こう。

。。。こういうことは大学受験時代から試みては失敗していることなんですけどね。

睡眠時間固定でも1時半~4時半と2時半~5時半では大違い。1時半に寝ることは簡単に実行できる(当たり前か)。、しかし4時半に起きることはつらい。というよりも、全く目が覚めない。もともと十分な睡眠時間からは程遠いため、4時半などという時間は簡単に通り過ぎてしまうのである。家族がいるため、目覚ましを遠慮がちにかけていることも原因だろうが、それも改善が難しい。結局気づいたら5時半なのである。

どういう生活パターンがベストなのか。もう少し試行錯誤してみます。

|

« 社会復帰 | Main | 遭遇、石川ひとみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/1468838

Listed below are links to weblogs that reference 「始業前に「昨日の仕事」をすます人が成功する」の実行:

» 「始業前に「昨日の仕事」をすます人が成功する」 高井 伸夫 (著) 書評 [Dadumpの一日一冊]
前半は、はっきり言って著者の「朝10時までに仕事は片づける」と「3分以内に話はまとめなさい」の再構成+加筆に近いものがあるので、すでに著者の上記2冊を読破してい... [Read More]

Tracked on 2004.11.21 at 02:54 PM

« 社会復帰 | Main | 遭遇、石川ひとみ »