« February 29, 2004 - March 6, 2004 | Main | March 14, 2004 - March 20, 2004 »

腹の定まったフリのしかた

「米国の資本主義の凄さは、危機に際してのこうした自浄作用にある。資本主義の暴走に対する制御装置が働くのだ。少なくとも制御装置を働かせようという社会的な強い意志が発揮される(少なくとも制御装置が働いていると見せかけようとする)」(会計戦略の発想法 p136)

前回引用した木村剛氏の著書の一部ですが、似たような表現は別のところにもあります。

「ここで早房氏が唱えている常識を、建前論と割り切ることなく、「会計」のあり方を追求している(あるいは追求するフリを懸命にしなくてはならない)欧米諸国と、この程度の基本常識すら「常識」として普及していない日本の間には、かなりの距離感がある」(同著p64)

ここで言う「常識」とは一言で言うと粉飾決算はいけない、ということなのですが、ここでも「追求するフリを懸命にしなくてはならない」という表現が見られます。個人的には粉飾決算の誘惑という本音は日米で変わることはないと思いますので、「フリをする」という表現は実にリアルに感じます。

などと考えていたところ、当の木村氏がゴーログ(いや失礼、コラムでしたか)< CSRを語る前に、内部管理体制を整備せよ [コラム] >で、「フリをする」を以下のように使っています。

---
(1) 不祥事が発覚したことに対して、当局や業界団体が、お題目ばかりの実態や実務を無視したキレイゴトのルールを策定する。
(2) 日本企業は新組織を立ち上げたりしてルールを遵守するフリをするのだが、腹の中では「人の噂も75日」を決め込む。
(3) 結局、実効性がない対応に終わるため、同様の不祥事が再び発生する。
(4) 世論の批判に迎合するかたちで、死刑宣告のような厳しい罰則ルールを導入する。
(5) ところが、現実的には厳しい罰則を適用する腹が定まっていないため、少なからぬ日本企業は再び遵守するフリをするだけに終わる。
(6) 結局、同じような不祥事が発生し、当該企業の経営者が退陣することで幕引きする。
---

ここは粉飾決算に限った話ではないのすが、先ほど引用した論調と並べると、フリをすることは日本も欧米も変わらないようなので、上の論調は日本企業だけに当てはめるのは一見矛盾するようにも見えます。では、上の論調で日本と米を決定的に分けるのはどこかというと、

:腹が定まっていないため

ここですね。これは国家レベルの話になりますが、エンロン事件に端を発しそれを75日で終わらせることなく、短期でSOActを仕上げてしまい、多額の予算を割いてSECの要員を増員して、膨大な手間隙(と金)がかかる内部統制報告書を要求する。この「腹の定まったフリのしかた」には素直に感嘆してしまいます。まあこれも程度問題なので手放しで礼賛するわけではありませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SO法と牛の全頭検査

休筆宣言しておきながら、あっさり復帰です。パソコンの修理期間中にうまく会社の代パソをせしめることができましたので。

で、本題。krpさんLotusさんが、コーポレートガバナンスのコストについて論じています。その中のコメント

:②(経営者:krp注)からすると「SECこそSO法の有効性についてアテストしてくれよー」と思うのではないか、という気がします。

ですが、実はSEC規則公表の際に、コストベネフィット分析は一応為されています。こちらを参照下さい。Benefitについては定性的な決まり文句が並んでいたり、Costでは会社あたり91千ドルという金額に疑問があったり、Auditorのアテストレポートの金額がコスとに含まれていなかったりと、Lotusさんが求めるアテストのレベルには程遠いかと思いますが、一応やっていることは評価してもいいかなと。

SECが規則を公表する際は、その規則のあとにこういったコストベネフィット分析が添付されているのが通例のようです(SEC規則に常に目を通しているわけではないので、絶対そうなのか、あるいは根拠法などがあるのかどうかはよく知らないのですが)。コストに見合わない規制は行わないという考えが徹底していることの現われかと思います。こういう国に、牛を全頭検査しろなどと要求するメンタリティーを理解しろなどということがそもそも無理なことなのでしょうね。

:今のSO法の妥当性はさておき、エンロンやワールドコムの事件を踏まえて、このようなスピードで企業から不満が出るほどの厳しさの法律を作るところがアメリカのすごいところだな、という点は本当に感心しています。

この点は本当に尊敬できます。目を見ては言えませんけど。
いまや竹中氏のブレーンの肩書きよりもゴーログ主催者といったほうが名が通る木村剛氏は著書「会計戦略の発想法」でこのように言っています。

「米国の資本主義の凄さは、危機に際してのこうした自浄作用にある。資本主義の暴走に対する制御装置が働くのだ。少なくとも制御装置を働かせようという社会的な強い意志が発揮される(少なくとも制御装置が働いていると見せかけようとする)」p136

このような趣旨の論調はいろいろな方の文章で見られるのですが、「見せかけようとする」という表現が独特でかつ秀逸で、かっこ内の文章があることによって説得力がかなり増しています。この「見せかけようとする」力は確かにかなり日米差があると思います。こんなことやったってしょうがないじゃないかと米国も本音では思っているのでしょうが、この「自浄作用があると見せかける」力のほうが大きいのでしょう。

とここまで書いて、これはさっきの牛の話と立場が逆なのではないか、とふと思いました。ってことは、そもそも牛肉の全頭検査による安心感のBenefitと資本市場の信頼性のBenefit計算に大きな日米差がある、ということでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

休筆宣言!?

一週間空けた末、更に空きそうなのは事情がありまして・・・。 まず、尿管結石にかかり、しばらくはいずり回っておりまして、その薬がまた強いものだったようで、胃炎を併発してしまいました。それでも、木曜位には立ち直り、書き込みを再開しようと思いきや、パソコンに電源が入らない。泊り勤務のかたわら、サポートと連絡とりあい、修理止むなしとの結論に至る(バックアップここ暫くしてなかった・・・)。 ってのが先週の状況。パソコン復活までは、ろくに書き込めないかと思います。ブログ界が面白くなってきているのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 29, 2004 - March 6, 2004 | Main | March 14, 2004 - March 20, 2004 »