« January 11, 2004 - January 17, 2004 | Main | January 25, 2004 - January 31, 2004 »

白い巨塔

ほとんどドラマレビューサイトとなりつつありますが。。

財前教授が訴えられるという展開となり、佳境を迎えており各者の演技の迫力も伝わってくるのですが、木村剛と見紛う風貌の及川光博弁護士が指示するカルテの改ざんの場面が頂けない。修正液などでやったら、ばれるに決まっているではないか。少なくとも税務調査(一応経理ネタ)の時は、例え正当なものであっても、修正履歴のある書類には、細心の注意を払うもの。改ざんとその発見の過程にもう少し時間を費やして欲しかった。もともともっと長いドラマを圧縮しているのが現れているのでしょうか

| | Comments (0) | TrackBack (1)

僕と彼女と彼女の生きる道

今クルー火曜十時からフジテレビでやっている「僕と彼女と彼女の生きる道」。初回で母親に出ていかれ、いらつく父親に気を遣っておそるおそる敬語で話しかける子供が痛々しくて見ていられませんでした。同じ環境で自分が子供に対して同じ態度をとらない、という自信が全くないだけに更に痛々しさを倍加。もともと小雪目当てで見たのに、視聴後ずっしり重いドラマでした。

と、今更初回の話を書いたのは、ここ二回とも録画に失敗しているからです。見ようとしたら「お江戸でござる」が上書きされていると知った時のショックといったら!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

代行返上

厚生年金基金の代行部分の返上が最終段階となってきたとのことで、最終値の積み上げに追われた昨日でした。

といっても、ピンと来る方はごく僅かかと思います。退職給付会計についは、2月に社内講師を依頼されており、それまでに説明資料をまとめぬばなりません。完成しましたら、社外秘に反しない範囲でアップロードして皆さんのご意見を仰ごうかと思っています。

代行部分というのは、本来国が行わねばならない年金業務分を企業の厚生年金基金が代行して行っている部分を言います。携帯の文字数がないので続きは次の機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウェブログにタイトルをつけてみた

いままでblogのみだったこのサイトにタイトルをつけてみました。
やや長いです。このタイトルのフォントって変えられないのでしょうか?
いまのままではかっこ悪いので、また変えるかもしれませんが、まあ目指しているのはそんなところです。

といいつつ、いきなりタイトルに嘘偽りがあることを告白しなければなりません。

私鎌倉在住ではありません。限りなく鎌倉に近いところに住んではいるのですが、横浜市民です。

ではなぜこんなタイトルかというと、こんなに近所なのに、自転車で行ける距離なのに、そして事実自転車で散歩に何度も行っているのに、あまりにも鎌倉の事を知らないな、という反省があるためです。ココログを開いて、1年間、じっくり鎌倉について勉強しようと考えたわけです。来年には鎌倉通になっている予定ですので、タイトルについては大目に見てください。

あと二つのキーワード、米国公認会計士とロンドンについては、機会を改めてまた書きます。

今日は職場の昇進試験の面接と、その報告書作成で午前中は終了。自宅に帰って家族連れで弘明寺久良岐公園を徘徊。弘明寺には今年3か所めの初詣(笑)。これだけお願いすれば、どこかの神様か仏様が聞いてくれるであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 11, 2004 - January 17, 2004 | Main | January 25, 2004 - January 31, 2004 »