« September 19, 2004 - September 25, 2004 | Main | October 10, 2004 - October 16, 2004 »

姫神さん死去

ココログのメンテをしていたら、こんな記事が飛び込んできました。

Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞

:東北地方の風物を題材にした音楽で知られるシンセサイザー奏者の姫神(ひめかみ、本名・星吉昭=ほし・よしあき)さんが1日午前1時21分、心不全で亡くなった。58歳だった。

久しく忘れていた名前でした。

 1981年デビューですので、まさに私が岩手に住んでいた頃。地元出身で、当時としては先端的イメージのあったシンセサイザーを駆使した「姫神せんせいしょん」の音楽は、好むと好まざるとに関わらず、ローカル番組のテーマ曲などを通じて、耳に飛び込んできたものでした。子供の頃から身についている民謡みたいなものというべきでしょうか。その当時から気になる人ではありました。それは、現在ちょくちょく山に登りに行くようになった私が、小学一年生の頃最初に登った山が姫神山であることとは、決して無縁ではないでしょう。

その後、「姫神」を名乗りソロ活動を始めた後も、名前を聞いて音楽を流れてくると、耳を傾けてしまう。そんな存在でした。

とくに記憶があるのは「深夜のNews」の真魚さんも書かれている「炎紀行」での音楽。この「炎立つ」というドラマ自体の視聴率はテーマがマイナーなこともあり、大河ドラマ界での底辺をはいずっていたものの、個人的には小学校で習った地元の歴史そのままのテーマであり、新撰組などよりはるかに身近な歴史であり、故郷そのものでした。そして配役に優れた名作でした。このころはもう首都圏で働いていたため、このドラマ、そして音楽は望郷の念をかきたてるものでした。
CSで放送するらしいのです。うちじゃ見られませんが(泣))

さりとて、CDを持っているわけではない。曲はいろいろ聴いたことがあるものの、タイトルは分からない。そんな私です。ファンを名乗ることは失礼極まりないことかもしれません。ただ、また一つ故郷を失ったような気がします。

これから休日出勤ですが、CDショップ寄って行くかな。亡くなってから買っても喜んでもらえないかもしれないけど。

(追記)
よく考えると「姫神さん」という表現は、「ZARDさん」とか「T.M.Revolutionさん」とか呼ぶのと同様に奇異な感じですね。でも、それ以外の表現が見当たらないのと、「姫神山」のイメージがあるので、このままとさせていただきます。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

上場企業の固定資産減損、今期すでに5000億円超す(9/30 日経)

上場企業の固定資産減損、今期すでに5000億円超す

 :上場企業が土地や設備など固定資産の損失処理を加速している。2005年3月期に計上する損失額は、すでに明らかになった分だけで5000億円を超えた。鉄鋼や化学など好業績企業が財務の健全化を進めるため、前倒しで計上する動きが目立つ。9月中間決算の発表を控え、今後も処理する企業が増えるのは確実で、年間の損失処理額は約1兆円だった前期を上回る可能性がある。

金額的に、必ずしもそうとは言い切れないわけで。。。。

昨年度、つまり2004年3月期と今年度、つまり2005年3月期。ともに減損会計の早期適用が認められていますが、認め方が微妙に異なっております。

2004年3月期においての早期適用を認めた文言は以下の通りです。

「平成16年3月31日から平成17年3月30日までに終了する事業年度に係る財務諸表及び連結財務諸表についても適用することを妨げないものとする。」

これをどう読むかというと、あくまで平成16年3月31日に終了する事業年度に係る「(連結)財務諸表」にのみ適用可能なのであり、平成15年9月30日に終了する「中間(連結)財務諸表」には適用できないことになります。

 従って、前年度では中間期に減損会計を適用しなくてもよく(というより適用できない)、減損会計適用の意思決定は3月末までに行えばいいことになります。

一方2005年3月期に係る文言は以下の通りです。

「平成16年4月1日以降開始する事業年度から適用することを認めるよう措置することが適当である。」

この場合は、期首からの適用が前提とされており、従って、9月中間決算でも適用が義務付けられているという解釈となっています。
実務対応報告第14号「固定資産の減損に係る会計基準の早期適用に関する実務上の取扱い」 本文は有料 )

従って、今年度適用する場合は9月末までに意思決定する必要があります。

つまり今年度適用する予定の会社は既に意思決定済みであり、プレスリリース済みであるということが想定されます。今後この金額が下期に向けて増えていくというのは考えにくいのではないでしょうか(下期に減損の兆候が出始めた物件であれば別ですが)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

企業結合に関するFASBの暫定的結論(その5)

Changes in ownership interests in the subsidiary after control is obtained that do not result in a loss of control of the subsidiary would be accounted for as capital transactions. The difference between the amount by which the noncontrolling interest is adjusted and the consideration paid or received, if any, would be recognized directly in equity (additional paid-in capital). No gain or loss would be recognized in consolidated net income. Thus, the acquisition of some or all of the noncontrolling interests in a subsidiary would not be accounted for by the purchase method as in current practice. That is because at the time the parent obtains control of the subsidiary, the assets (including goodwill) and liabilities of the subsidiary would be recorded at their fair values in accordance with Statement 141(R) rather than in part at fair value and in part at carryover basis.

:親会社持分の変動は、支配を失わない限りにおいては、資本取引として会計処理する。変動した少数株主持分持分とその対価の金額の差異については、資本項目(資本剰余金)として扱われる。損益には影響しない。したがって、少数株主持分の取得については現状のようにパーチェス法を適用することはしない。なぜなら、支配を獲得したとき、その資産(のれんを含む)と負債はSFAS141(R)にしたがって、公正価値で評価されるためである。

 従来は、少数株主持分の取得については、そのつどパーチェス法を適用することになっていました。今までの例でいくと、IYが市場からセブンの株式を買い増した場合がこれにあたります。IYがセブンの株式を市場から対価100でを取得し、その結果少数株主持分が50減少したのであれば、

(借方)少数株主持分 50
    のれん    50
 (貸方)現金     100

という仕訳となっていました。

また、少数株主持分の売却についても、そのつど売却損益を認識することになっていました。IYがセブンの株式を100で市場に売却し、その結果少数株主持分が50増加したのであれば

(借方)現金     100
(貸方)株式売却益  50
  少数株主持分 50

という仕訳となっていました。

こうした処理が今後認められなくなるということです。
詳細は、もう一つの公開草案と絡みますので、別途改めてということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【本】裏帳簿のススメ」(岡本吏郎)

Lotus21
もてはやされる裏金・裏帳簿の落とし穴


: 「裏金・・・」「裏帳簿・・・」などの書籍が売れているそうです。早速、書店に出掛けて確認しました。要は、まじめに納税している者は愚かで、自分の会社(零細企業)を守るために所得分散などをしたほうがいい、税理士は何もわかっていない、上手に銀行融資を受けるためには裏テクニックが必要、などといった内容でした。零細企業存続のためなら「手段を選ばず」という趣旨でしょう。
 確かに、切羽詰った資金繰りという現場では、このような考えかたもあるのでしょうが、読後感はあまり良いものではありませんでした。

:ともかく、節税がもてはやされるということは、景気が回復してきている証拠です。それはそれで良いことですが、どんな手段を使っても勝てばいい、他人を欺いた方がトク、という風潮にやるせなさを感じるのは私だけではないはずです。 (Y)


私が読んだのは「裏帳簿のススメ」(岡本吏郎)のみなのですが、この本に関しては、上の趣旨とは異なることを言っているかと思います。

「裏帳簿」、「合法的裏金」などというどぎつい表現はどうかと思いますが、この本の趣旨は税務申告用に作成した損益計算書、貸借対照表は経営の役には立たない。本当に経営に活かし、本当のキャッシュの状態を示すような財務諸表を作成する必要がある、ということにあるかと思います。他人を欺こうなどとは書いておらず、至極まっとうなことを言っていると思います。

もともと、財務諸表というものは多くのステークホルダーに対しての情報提供機能を目的として作成されています。米国の、いわゆる「概念フレームワーク」と呼ばれる、FASB概念基準書第1号の24項では、財務諸表の利用者として、以下を想定しています。

出資者、与信者、仕入先、将来の投資者及び債権者、従業員、経営者、取締役、得意先、証券アナリスト及び財務アドバイザー、証券ブローカー、証券発行引受業者、証券取引所、弁護士、エコノミスト、税務当局、監督官庁、立法機関、経済新聞および報道機関、労働組合、商工団体、ビジネス調査機関、研究者、学生、その他一般大衆

このような多岐にわたる利用者のうち、「投資者および債権者ならびに彼らに助言する者」が最も重要であり、そののニーズに焦点をあわせることが、他の利用者にとっても一般的に有用であるとしています。

つまり財務諸表とは投資者のニーズに合わせた作られたものであり、他の者のニーズを必ずしも最大限満たすものではないということです。したがって、多岐なニーズに合わせるためには財務諸表がいくつも必要になるということになります。

この本では、公開会社を想定していないため、投資者の存在を前提としておらず、法的に作成義務のある財務諸表として、税務申告に必要となる財務諸表を想としています。しかしながら税務申告のニーズを満たす財務諸表は国家の税収最大化を目的としたものであり、必ずしも経営に役立たない。経営者のニーズに合わせた財務諸表、すなわち「裏帳簿」の必要性について著者は説いているわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

企業会計基準、日米欧共通化へ始動(9/27日経)

企業会計基準、日米欧共通化へ始動

:日本の基準を決める企業会計基準委員会(斎藤静樹委員長)は、日本基準と国際会計基準の差を埋めるため、国際会計基準理事会(IASB)と協議機関を設ける。年内にも設置し、早ければ2006年までに議論を集約する。すでに欧州連合(EU)が全面採用する国際基準と米国基準との共通化作業が始まっており、日米欧の企業会計基準の共通化を目指す。資金調達を中心に企業のグローバル経営を後押しすることになりそうだ。

:ただ日本基準と国際基準では、企業が合併する際の会計基準やリース資産の会計処理、年金会計などで対応が異なる。市場関係者からは「日本基準は透明性に欠ける」との指摘が出ていた。


例に出ている、「企業が合併する際の会計基準」については基準ができたばかりで、適用はおろかまだ実務指針ができていない状態。「リース資産の会計処理」に至っては議論が収拾つかなくなり、業界での検討を待っている状態です。国際会計基準との統合を目指すとは言っても前途は多難であるというのが一実務家の率直な感想ではあります。

しかしながら、統合の意思があることを内外に表明し、統合に向けてのポーズをとって行くことは非常に重要であると思います。概してそのあたりの宣伝が日本は非常に不得手であるというのが定説ですので。

例えば、企業会計基準委員会の声明には、このようなものがあります。Convergenceに対する当委員会の姿勢- IFAD Report「GAAP Convergence 2002」に関して

これは、IFADという団体が調査した「GAAP Convergence 2002」というレポートに対するものなのですが、このレポート、国際会計基準の適用または国際会計基準との統合の予定がない国として世界で3カ国、日本、サウジアラビア、アイスランドをあげています(p16)

確かにこの当時、国際会計基準の適用や統合が具体的俎上にのぼっていたわけではなく、かつその実現も茨の道であることは予想できることから、IFADのアンケートに対しては生真面目にそのように答えた結果、そのような不名誉を蒙ってしまったというのが真相のようです。そのためこのアンケートは日本の真意を表していないという声明をあわてて出したいうことです。

実際には日本は国際会計基準の多くの部分を取り入れ、国際会計基準審議会には理事も輩出しており、また解釈指針委員会等の討議にも参画し、資金援助も他国には決して劣っていないはずなのに、宣伝の巧拙の差によってこれだけのイメージダウンになってしまうわけです。

こんなことを未然に防ぐためにも、統合へのスタンスを明確にしておくことが望まれます。たとえ実際には時間がかかろうとも、統合への努力をし続けていることをアピールして行くことが今後ますます重要になって来ると考えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【本】「小説ザ・外資」高杉良

以前金融腐蝕列島の新刊についてエントリしましたが、未だに新刊を定価で買う気にはなれず、かわりに文庫となった新刊(といっても5月発売ですが)を購入しました。


クレスベール証券事件と、旧長銀の破綻→リップルウッドへの売却を架空の主人公と、限りなく実名に近い登場人物を交えて描き出しています。おそらく金融腐蝕列島同様、綿密な取材の元に書かれたものと思われます。

正直「懐かしいな~」というのが感想。「あーこんなこともあった、あんなこともあった、そのとき自分は何してたっけ?」と回想する楽しみはありました。しかしながら、あまりに事実に即しすぎたいるために、新聞記事の後追いを読まされているみたいで、小説としての面白さにやや欠け、かといって事実の掘り下げがそう深いわけでもない、中途半端な感じが否めません。


また、あまりにもハゲタカ外資論を声高に振り回しているため、逆に著者の意図が空回りし、むしろ説得力を欠いている要因にもなっています。言いたいことはわかるのですが。。。。


ちなみに小説じゃないものとしては最近『ハゲタカが嗤った日 リップルウッド=新生銀行の「隠された真実」』
などというものも出ているようです。読んでいませんがタイトルからして本書と同趣旨なのでしょう。


あと、いちいち登場人物に「金融腐蝕列島を読んだか」「金融腐蝕列島という映画を見たか」と言わせるのはいただけません。小説内で自分の小説の宣伝をされると鼻が白みます。大小説家はもっとでんと構えていてほしいものです。


ちなみに、書中に出てくる外資のドンは「人の心もマネーで買えると私は思っている」と語っています。最近同じようなことを聞いたような気が。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 19, 2004 - September 25, 2004 | Main | October 10, 2004 - October 16, 2004 »