« November 14, 2004 - November 20, 2004 | Main | November 28, 2004 - December 4, 2004 »

古牧"ゴールドマン・サックス"温泉!?

地方の観光企業、投資会社が再建支援(日経11/26 夕刊)

投資会社や投資銀行が観光関連企業を支援する動きが広がっている。投資会社カレイド・ホールディングス(東京・港、川島隆明代表取締役)は12月、観光施設「日光江戸村」(栃木県藤原町)などを運営する大新東に約180億円を出資、再建に乗り出す。ゴールドマン・サックス証券グループは古牧温泉渋沢公園(青森県三沢市、杉本正行社長)を事実上買収する。集客難に悩む地方の観光企業などが投資会社の支援を仰ぐケースは今後も増えそうだ。

仰天しました・・・

岩手~青森を生活の拠点としていた私の子供時代からすると、古牧温泉は実に身近な観光地でありました。今から考えるとそんな高級なところではなかったかと思いますが、当時の私の家庭からすれば、「ちょっと奮発した家族旅行」にはまさにうってつけのところであり、とくに大岩風呂などをみてますと、まさにベタな日本の象徴というべきリゾート地(という言葉が似合わないほどベタなのであるが)であります。

まあ、そこがよりによって現在の私にとっての外資の象徴的存在であるゴールドマン・サックスに再生を委ねるとは。私の少年時代以来の価値観がまた一つガラガラと崩れた瞬間なのでした。

(written on Nov.28)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

日銀の会計基準の変更(続)

昨日の続きです。

まず、私は銀行(というより金融業)の財務諸表が大変苦手です。「預金」が貸方に来るだけで思考停止を起こしてしまいます。また、マクロ経済学というものも十数年前に少しかじったような気もするのですが、全くもって覚えておりません。まして金融論なんて。。。

という、言い訳をつらつら述べた上で。。。

低価法から償却原価法に変更したということですね。
低価法というのは確かに現在の民間の会計基準にあるわけではないですから、「金融商品に係る会計基準」等を踏まえ、というのも一応辻褄は合っています。

で償却原価法にすれば、保有有価証券を時価評価する必要がありません。短期に金利がぶれたとしてもそのインパクトを財務諸表上認識する必要はない。これも確かにその通り。

ただ、償却原価法にするには、その有価証券が満期保有目的である必要があります。つまり、その証券を満期まで手放さないという意思表示をする必要があります。満期保有目的で保有している有価証券の一部を売却した場合は、その有価証券の満期保有目的は全て否定され、それ以後は時価評価を行っていく必要があります。

日銀って、保有有価証券は売却しないんでしたっけ?というのが疑問。
超基本的なことなのかもしれませんが、私はよく知りません。
というわけで後日の課題!


| | Comments (1) | TrackBack (1)

タイマグラ経由?

そう言えば、昨日からタイマグラばあちゃんがらみのアクセスが急増しているのですが、何かあったのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日銀の会計基準の変更

米経済の当面の拡大、統計でほぼ裏付けられた=日銀総裁

:一方、福井総裁は、日銀の国債保有リスクについて、今年度から会計基準を変更したため、長期金利に変動があっても決算上の期間損益で評価損失が計上されることはない、と説明した。その上で、含み損発生の可能性について、「普段から試算しているが、10年物国債の金利が仮に1%上昇し、他の期間の金利も同じ割合で上昇するケースを想定すると、日銀の保有している長期国債について、約1兆4000億円程度の含み損が発生する」と述べた。

日本銀行業務概況書(平成15年度)より(p306~)

:(有価証券の評価基準及び評価方法)
第13条 有価証券の上半期末及び事業年度末における評価は、次のとおり
とする。
(1)国債及び外貨建債券の評価は、取引所の相場のある
場合は移動平均法による低価法により行うこととし、その他の場合は移動平均法による原価法により行う。

(引用注:本文取消線部分は引用にあたり削除しました、また下線部は引用者)

:(注)日本銀行は、平成15年5月1日、政策委員会において、「金融商品に係
る会計基準」等を踏まえ本行財務の明瞭性向上を図る観点から、16年度
307
より日本銀行が保有する国債の評価方法を償却原価法に、外貨債券の評価
方法を時価法に変更することを決定している。この決定と本章第1節およ
び第2節の変更とにより、16年度以降、会計規程第13条(有価証券に
係る評価基準及び評価方法)の規定は以下のとおりとなっている。

:(有価証券の評価基準及び評価方法)
第13条 有価証券の上半期末及び事業年度末における評価は、次のとおり
とする。
(1)円貨建債券及びコマーシャル・ペーパーの評価は、移動平均法によ
る償却原価法
により行う。

(引用注:下線部は引用者)

時間がないので、とりあえずメモのみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『女子大生会計士の事件簿』プレゼント当選!

webook主催のプレゼント企画に当選いたしました。

かねてから、気にしていたシリーズでしたが未読でした。
会計のことがこれだけ柔らかく表現できるということで、多少のやっかみがあったのかもしれません。
これを機にシリーズをできるだけ読んでみたいと思います。

webookのしんのすけさん、そして(少なくとも私にとっては有名人である)著者の山田さん、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟中越募金「祭」

ガ島通信で、新潟中越募金「祭」を企画しています。募金の呼びかけまたは自分の募金を記事にしてトラックバックするというもの。

いい機会ですので、趣旨にのっとり募金させていただきます。
今まで募金する気はあっても怠慢こいてた自分への自戒も込めて。。。。

こちらがBIGLOBEのキャンペーン画面

bokin.jpg

募金手続の最終画面はこちら。

bokin2.jpg

本当は募金したことがはっきりわかる画面がよかったのですが、いまいちいいのがありませんでした。
ちゃんと購入ボタンを押したことをここに誓います。

なお、なぜココログなのにBIGLOBEで募金するのかなどという細かいことを聞いてはいけません。
いろいろ事情があるのです。
ちなみにNiftyの募金画面はこちらです。

最後に被災地の一刻も早い復旧を祈念いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三重の“罪”を犯した西武鉄道(11/17 読売社説)

三重の“罪”を犯した西武鉄道

:それを隠すため、コクドが実質保有する株式の名義を、個人など別の名義と偽り、有価証券報告書に記載していた。

:有価証券報告書は、株式投資の基礎となる重要な資料だ。信頼の回復に、虚偽記載への罰則強化も必要になる。

その通り!
さすが日本を代表するマスコミである読売新聞。いいこと言いますなぁ。。。


(written on Nov.23)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供の誕生会

今日は9歳になる子供の誕生会(ちょっと遅れ気味の日程ですが)。
準備をしながら、たまっていたブログ書きを少しずつ進める、ばたばたした日。

これがぶきっちょ父子でこしらえたケーキ。
2004_1121_151839AA2.JPG

見栄えはどうしようもなく悪いですが、それなりの味はしました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 14, 2004 - November 20, 2004 | Main | November 28, 2004 - December 4, 2004 »