« 米財務担当者今年10大課題 首位は株式購入権(1/6日経金融) | Main | ドラえもんのCDドラマ »

愚息の入院

9歳になるわが愚息が入院し手術をすることになりました。

といっても入院期間は6日~8日の2泊3日、
手術は7日の午前中の数十分という極めて短期のものです。

症状は斜視

視線がおかしいということは以前から妻が気づいており、
視力低下(9歳にして0.3程度)もそれが原因らしいです。
医者には、「何でもっと早く連れて来ない、9歳じゃ手遅れ
かもしれない」といわれたそうです

しかし、私は気づいていませんでした。
いや、未だに視線がおかしいとは思っていません。

実は私も両眼視機能に不具合があります。
子供のときに聞いた話なので内容はうろ覚えですが、
左右の眼を交替に1つづつしか使ってないとか。

大人になった今でも、野球やダーツが極端にへたくそなのは、
それが原因だと思っています(運動音痴の言い訳)

いままで子供の斜視に気づかなかったのは、自分も同類である
せい、そう思いたいです。

単に、子供の視線をまともに見ることがなかったため
気づかなかったのだとすれば。。。それは猛省事項ですね。

斜視が治らんとしている今となってはどちらが原因か不明の
ままで終わることになるのでしょうが、少しは心掛けを変え
なければなと思っています。

|

« 米財務担当者今年10大課題 首位は株式購入権(1/6日経金融) | Main | ドラえもんのCDドラマ »

「育児」カテゴリの記事

Comments

私も実は斜視で、中学1年生で手術受けました。
斜視の原因はいろいろあるそうですが、私の場合は左目の筋肉が一本無かったということでした。
ですから手術と言っても強制的に見た目のバランスを取っているだけで今でも筋肉がない方向へ目を向けるのはかなりしんどいです。
今でも片方の目でしか見てないので野球とかダーツが苦手です(社会人になってからはそんなに困ることはないですが)
何はともあれ早めに治療した方がいいでしょうね。

Posted by: 田舎の公認会計士 | 2005.01.17 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/2515740

Listed below are links to weblogs that reference 愚息の入院:

« 米財務担当者今年10大課題 首位は株式購入権(1/6日経金融) | Main | ドラえもんのCDドラマ »