« さて、体勢を立て直してと | Main | 有価証券報告書等の記載内容の適正性に関する確認書 »

FASB Issues Proposal on the GAAP Hierarchy

FASB Issues Proposal on the GAAP Hierarchy

In connection with its effort to improve the quality of financial accounting standards and the standard-setting process, the Financial Accounting Standards Board (FASB) has published an Exposure Draft, The Hierarchy of Generally Accepted Accounting Principles.

USCPA受験者なら聞いたことはあるであろうGAAP Hierarchyの話です。要は会計基準の中で一番初めに参照すべきものは何で、次は何で、基準が何もないときは例えばこれこれを参照しなさい、といった順位付けのことです。この順位付けが変わるとなると、試験問題に多大な影響が出てくるに違いない、と思って読み進めていくと、

The Exposure Draft carries forward the GAAP hierarchy as set forth in SAS 69, subject to certain modifications that are not expected to result in a change in current practice.

あら?とくに実務的に影響はないであろうと明言しております。

公開草案を斜め読みすると、今のGAAP hierarchyには以下の問題があるということです。

1.監査人向けに作られており、財務諸表作成者向けに作られているのではないこと。
2.複雑すぎること
3.概念基準書(SFAC、いわゆる概念フレームワークと呼ばれるものです)が、デュープロセスを経ているにもかかわらず、その他大勢と同格になっていること。

今回は1に対応して、GAAP hierarchyを監査基準だけではなく、会計基準として発表することを目的としているようです。財務諸表の作成の責任は経営者にあるとさんざん監査報告書に書いているからには当然のことでしょうね。

2.は会計基準の簡素化プロジェクト(うーむ、微妙に訳が違うかもしれない)、3.はフレームワークプロジェクトで対応するとのこと。

というわけで、今回は発行主体が変わるだけで、順位には特に影響しないようです。受験生の方、ご安心を。

|

« さて、体勢を立て直してと | Main | 有価証券報告書等の記載内容の適正性に関する確認書 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/4200085

Listed below are links to weblogs that reference FASB Issues Proposal on the GAAP Hierarchy:

« さて、体勢を立て直してと | Main | 有価証券報告書等の記載内容の適正性に関する確認書 »