« 金融庁、会計基準の同等性について物申す | Main | 開示資料よどこへ行く? »

ニチイ学館・寺田社長、監査報酬の返還請求へ――担当の中央青山に、決算訂正問題で。(5/28日経)

ニチイ学館・寺田社長、監査報酬の返還請求へ――担当の中央青山に、決算訂正問題で。(2005/05/28)

ニチイ学館の寺田明彦社長は二十七日、二〇〇四年九月中間期の連結業績を訂正した問題で、会計監査を担当する中央青山監査法人に対し、昨年度分の監査報酬の返還を求める方針を表明した。同日都内で開いた決算説明会で明らかにした。監査法人の交代は「考えていない」と否定した。

まあまあ社長さん。すごく気持ちはわかる。わかるけど、

ちょっと落ち着きましょうよ。

半期報告書を提出する前に、なにか書類にサインしませんでしたか?
ご本人に記憶が無くても、「経営者による確認書」を会計士に提出しなければ、普通会計士は監査報告書にサインしてくれませんので、何らかの形で社長さんのサインを求める手続がとられているはずです。

その「経営者確認書」には、「財務諸表等の作成責任は経営者にあることを承知しております」って書いていませんか?社長さんのサイン入りで。ですから、財務諸表が間違っていたら、それは社長さんの責任なんですよ。残念ですが。

それでも、昔だったら内々に返還に応じる、または「来期の監査報酬で勉強しまっせ」という監査法人もあったかもしれませんが、現在は監査報酬は商法計算書類や有価証券報告書でガラス張り。非を認めたことがバレバレになってしまいます。監査法人もおいそれとは返還に応じないでしょう。非を認めたら、今度は投資家の訴訟が待っているでしょうし。

公の場で拳を振り上げてしまった以上、監査法人側も売られた喧嘩を買うしかないでしょう。こんな状態で監査契約の継続などできるのでしょうか?

|

« 金融庁、会計基準の同等性について物申す | Main | 開示資料よどこへ行く? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/4448431

Listed below are links to weblogs that reference ニチイ学館・寺田社長、監査報酬の返還請求へ――担当の中央青山に、決算訂正問題で。(5/28日経) :

« 金融庁、会計基準の同等性について物申す | Main | 開示資料よどこへ行く? »