« 貴ノ花関 | Main | 金融庁、会計基準の同等性について物申す »

会計監査 不正発見に重点 会計士協会、来年から

会計監査 不正発見に重点 会計士協会、来年から(5/31 日経夕刊)

日本公認会計士協会(藤沼亜起会長)は2006年度から、企業経営者による不正を見抜くことに重点を置いた会計監査の手法を導入する。カネボウの粉飾決算をはじめ、会計士が経営者の不正を見逃す事例が相次いでいることを問題視。経営者の置かれた状況から不正が疑われる場合には、抜き打ち検査なども行うようにする。国際基準に沿う形で監査の質を高め、財務諸表の信頼性を確保する。

 会計士協は現在、監査手続きの世界標準である国際監査基準(ISA)に国内ルールを合わせるよう、全面的な改定作業を進めている。06年度末までの完了を目指しており、不正発見に関する手続き導入もその一環。

 従来の監査は不正発見を義務づけておらず、企業の作成した財務諸表に誤りがないかを確認する点を重視していた。このためカネボウのように、経営者が意図的に虚偽の資料を提出すると、不正を見抜くのが難しいとの指摘もあった。


監査基準そのものについては、あまり詳しくはないのですが、記事を読むと、現在会計士は不正発見になんら手立てを設けていないように見えます。が、監査基準等を読む限り決してそんなことはないと思うのですが。これでいったい何が変わるのか、どなたかご教授いただければ幸いです。

以下、記事に対する現在の監査基準ですが、

新ルールは、企業や経営者を取り巻く環境が粉飾決算といった不正を生む、リスクになる、との考え方に立つ。企業や経営者の置かれた状況次第では、会計士に疑いの目をもって監査することを徹底させる。

「監査人は職業的専門家としての正当な注意を払い、懐疑心を持って監査を計画し、実施しなければならない。例えば、以下の事項や状況を識別し、評価する際に、懐疑心を高めることが重要である。
・ 不正又は誤謬に起因する財務諸表の重要な虚偽の表示の可能性を高める事項(例えば、経営者の個性、統制環境に対する経営者の影響、業界の動向、事業活動の特性、、財務の安定性)・・・」(監査基準委員会報告第10号 不正及び誤謬 第12項)

新規事業・製品の失敗、重要顧客の倒産、敵対的買収をめぐる争い、あるいは内部管理体制や企業統治の不備など、不正を生むかねない要因を具体的に把握。それらが発生した際の影響を分析し実際の監査で不正を見抜く手掛かりにする

前記監査基準委員会報告第10号(以下単に第10号とします)での付録1には「不正リスク要因の例」として、数多くの項目を挙げており、「監査人は、識別した不正リスク要因に対応するために、不正及び誤謬による財務諸表の重要な虚偽の表示を発見できるように、実証手続きに関する監査計画を策定し、実施する実証手続き、実施の時期及び範囲を決定しなければならない・・・」(同24項)と規定しています。

例えば、業績が改善している事業でも、市場全体では競争が激化し本来は収益環境が厳しい、と会計士が把握していれば、何らかの不正が行われている可能性を疑った監査が可能になる。

第10号付録1では、「業界の動向に関連する要因」が不正リスク要因の大項目の2番目に掲げられており、「激しい競争によりマージンが低下したり、市場が供給過剰になっている」という状態は、不正リスク要因であることを明確にしています。

また、子会社の内部管理体制が不十分とわかっていれば、子会社で不正が発生する恐れがあるとして、監査に時間をかけ、不正を発見しやすくなる。

内部統制の弱い部分に監査時間をかけるのは、監査の基本中の基本かと思うのですが・・・

仮に、監査における資料収集や内部告発などで何らかの疑惑が浮上した場合は、通常の監査手続きを中断。抜き打ちによる在庫の検査や、取引先も含めた調査をするなど、不正発見に努めさせる。

第10号付録2では、不正リスクがある場合の監査手続きとして「予告なしに事業所を往査するか、又は特定の監査手続きを実施する。例えば、前もって監査人が参加することが伝えられていない事業所の棚卸に立ち会い、あるいは抜き打ちで現金を実査する。」とあります。(確かに取引先の調査については微妙な問題がありそうですが・・・)

長々と書いてきましたが、結局この記事では、今の基準の何が問題なのかがよくわかりません。記事に載っている例は、今の基準でもできそうなことがほとんどのようです。できたことをやってこなかったのだとすれば、それは運用の問題かと思いますし、そうではなくルールの不備が問題なのであれば、もっと何が新しくなるのか、明確にしてほしいと思います。

まあ、素人の感想ですので、実際に監査されている監査法人の方々には自明のことなのかもしれませんが・・・

(追記)
とまあ、ここまで書いてUPしようと思っていたのですが、こんなん3月31日付で出ていてたんですね。
(そんな日に出されてもフォローできません・・・)

監査基準委員会報告書第27号「監査計画」、同第28号「監査リスク」、同第29号「企業とその環境の理解及び重要な虚偽表示リスクの評価」、同第30号「評価したリスクに対応する監査人の手続」、同第31号「監査証拠」及び同第5号「監査リスクと監査上の重要性」(一部改正)について

無知をさらけ出すようで、UPしていませんでしたが、すぐフォローできる余裕もありませんので、やはりこのままUPさせていただきます。記事では何が新しくなったのかよく分からない、ということには変わりませんから。

|

« 貴ノ花関 | Main | 金融庁、会計基準の同等性について物申す »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/4402984

Listed below are links to weblogs that reference 会計監査 不正発見に重点 会計士協会、来年から:

« 貴ノ花関 | Main | 金融庁、会計基準の同等性について物申す »