« 公認会計士試験、どっちが正解?金融庁と予備校で異なる(日経7/12夕刊) | Main | 欧州上場の域外企業に追加開示義務付け・EU委報告(7/6 日経) »

存続リスク28社開示(6/28 日経)

2005年3月期の決算短信で、企業の存続(ゴーイングコンサーン)にかかわる重大なリスク情報を開示した上場企業(新興市場を除く)は、2004年9月中間期と同じ28社だったことが、日本経済新聞社の集計で分かった。ミサワホームグループ企業やティアックなど9社が新たに開示した。上場企業全体では最高益ラッシュに沸く一方、大きなリスクを抱える企業も後を絶たない現状が浮き彫りとなった。

恒例のゴーイングコンサーンリストです。1年前のエントリを見ると、日経さん同じようなことを言っています。ですので、こちらも同じような突っ込みをさせていただくと、9社の新規開示のうち4社がミサワホームグループということは、実質新規開示が減少しているということですし、この数値レベルで「後を絶たない」という表現が妥当なのかどうかは考えていただきたいところだと思います。

では、ニューフェースの紹介です。

ミサワHD
当社を含むミサワホームグループ31社は、平成16年12月28日に株式会社産業再生機構(以下「機構」という)に事業再生計画を提出し、再生支援の申し込みを行い、同日付で支援決定の通知を受けました。かかる状況において、当社は、多額の特別損失の計上により当連結会計年度末において162,420百万円の債務超過となったことから、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。

フジタ
当社グループは、当連結会計年度において、145,206 百万円の当期純損失を計上した結果、119,240百万円の債務超過になっております。この主な要因は、当社グループを取り巻く環境が、市場規模の縮小と競争激化、地価下落の継続等による資産の減損リスクの拡大等、一段と厳しさを増す中で、企業としての運営を継続していくためには、当社グループとして最大限の努力を行い収益基盤の強化を推進すべく、「新中期経営計画」を策定し、この計画に沿って148,977 百万円の事業再構築費用を計上したためであります。当該状況により、平成17 年3 月31 日現在において、当社グループは継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております

アビックヤマダ
当社グループの受注環境は年々厳しさを増し、受注好調期間が短期化しつつあるとともに受注不調期間が長期に及ぶ傾向を強めており、当社グループは4連結会計年度継続して営業損失を計上するとともに、当連結会計年度は事業再構築に向けて特別損失を計上したことなどにより、多額な当期純損失を計上しております。当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。

ティアック
当社グループは、当連結会計年度において21,979百万円の大幅な当期純損失を計上し、継続企業の前提に対する重要な疑義を抱かせる事象又は状況が存在している。

イビデングリーンテック
(表紙しかありませんでした・・・)

有報より
当社グループは、建設業界の構造的な低迷から、2期連続して減収が続き、平成15年3月期から3期連続して当期純損失及び営業キャッシュ・フローのマイナスを計上し、また、当期においては重要な営業損失、経常損失及び当期純損失並びに営業キャッシュ・フローのマイナスとなり、継続企業の前提に重要な疑義が存在しております。


勝村建設
(表紙しかありませんでした)

有報より
当社は当事業年度において、営業損失並びに経常損失の発生、営業キャッシュ・フローの大幅な悪化等により、「継続企業の前提に関する重要な疑義」が存在している。

(Uploaded on July 17)

|

« 公認会計士試験、どっちが正解?金融庁と予備校で異なる(日経7/12夕刊) | Main | 欧州上場の域外企業に追加開示義務付け・EU委報告(7/6 日経) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/5001729

Listed below are links to weblogs that reference 存続リスク28社開示(6/28 日経):

« 公認会計士試験、どっちが正解?金融庁と予備校で異なる(日経7/12夕刊) | Main | 欧州上場の域外企業に追加開示義務付け・EU委報告(7/6 日経) »