« 仲間由紀恵は眼で殺す~SHINOBI | Main | なんか流行っているらしいので »

会計士協 監査継続5年に短縮(10/26 日経金融)

日本公認会計士協会(藤沼亜起会長)は25日、金融庁などが監査の強化策を公表したのを受け、会計士が同一上場企業の監査を継続して担当できる期間を、現行の7年から筆頭格の会計士に限って5年に短縮するなど、四大監査法人を対象にした自主ルール案を発表した。

これは誰が5年期限になるということでしょうか?

記事では筆頭格の会計士となっていますが、プレスリリースの原文では、

4大監査法人に対して、上場会社の監査を担当する業務執行社員のうち主任会計士については、継続監査期間5年・インターバル期間5年とし、その他の業務執行社員は7年・2年とするようローテーションを見直すことを新たに要請(平成18 年4月1日以後開始する事業年度からの実施)する。

と、「業務執行社員のうち主任会計士」が最長5年になるということのようです。
(記事で藤沼会長は「関与社員」って言葉を使っていますが、いまでもこの言葉生きてましたっけ?)

で、主任会計士って誰ですか?

IT会計士宣言でも指摘されていますが、「主任会計士」という言葉は、現場にいる人のトップ、いわゆるインチャージのイメージがあるのですが、「業務執行社員のうち」といっているので違いますよね。

「筆頭格」ということになると、やはり監査報告書の一番上に来る人、って理解でいいですか?
あのじいさん(謎)が主任会計士?うーむ、ぴんときませんね。

|

« 仲間由紀恵は眼で殺す~SHINOBI | Main | なんか流行っているらしいので »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/6650668

Listed below are links to weblogs that reference 会計士協 監査継続5年に短縮(10/26 日経金融):

» 最近の監査の流れ [◆CFOのための最新情報◆]
カネボウ粉飾決算事件以来、いろんなところが、いろんな規制や基準を公表してますので、主なものをまとめてみました。参考までに。 ■「ローテーション制度」自主規制(2007年3月期より) ・日本公認会計士協会自主規制ルール ・四大監査法人「主任会計士」の監....... [Read More]

Tracked on 2005.11.01 at 10:49 AM

« 仲間由紀恵は眼で殺す~SHINOBI | Main | なんか流行っているらしいので »