« なんか流行っているらしいので | Main | 棚卸資産の評価基準に関する論点の整理(1) »

ペイントハウスについて何か書こうとしたのだが

書こう書こうとしている間に、タイミングを逸してしまいました。

これについては、最初から金融商品会計基準の問題だと思っており、会計士側が、企業会計原則を持ち出してくることに違和感がありました。などとgrandeさんが書いてしまってから後出しで言っても説得力ないわけで。

この債務免除について10月に確定したのだ、といってしまうのは簡単なので、なんとか8月に確定したという論陣を張ろうとも思ったのですが、正確な法律知識が必要で、赤っ恥をかきそうなので、それもやめました。最近頭も働いていないことだし。

てなわけで、この件についてはgrandeさんところはじめ、各ブログをあたっていきたいと思います。

|

« なんか流行っているらしいので | Main | 棚卸資産の評価基準に関する論点の整理(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペイントハウスについて何か書こうとしたのだが:

« なんか流行っているらしいので | Main | 棚卸資産の評価基準に関する論点の整理(1) »