« DrecomRSSが使えない・・・ | Main | ♪萌えろよ萌えろーよ »

あらしのよるに

12/23「あらしのよるに」を小4の息子と二人で見に行く。

普段は仕事帰りのレイトショーばかりで、1上映に20人もいればいい方、というのが自分の中での常識となっていた。ところが今回は3連休の初日の真昼間。しかも他にハリポタとMr.&Mrs.Smithの上映時間が近いとあって館内はごった返し。上映時間20分前に到着し、時間が余るから子供にアイスでもおごって、などとたまにはパパらしいことを考えていた私は、とても上映時間までには途切れそうにもない行列に、ただただ唖然とするばかり。
私のようなレイトショー専門の客というのは、空間の遊びを埋めるための小銭稼ぎの対象でしかなく、ドル箱はこういう客たちなのだ、ということを改めて思い知る。


「あらしのよるにはもう残りわずかです」とのアナウンスもあるが、この回を逃すと息子の次の約束に間に合わない(忙しいらしい)。だめもとで並ぶ。なんとか予告編終了くらいにチケットを入手でき、スクリーンに駆け込む。前から2列目という席だが贅沢は言っていられない。

「あらしのよるに」、いわずと知れたシリーズものだが、私は最初の一冊しか読んでいない。オオカミとヤギがお互いの正体を知らないまま分かれてしまうところで最初の一冊は終わっていたかと思う。息子は何冊か読んでいるらしい。要所要所で次に展開するストーリーを解説してくれる。息子じゃなかったらただの迷惑なおっさんである。

ストーリーですが、ロミオとジュリエットか、はたまたウェストサイドストーリーか、出自が許さない恋路に走ってしまう二人、いや二匹を描く。日本人なら「矢切の渡し」の展開。ただ異なるのはこの二匹は(おそらく)同性だということ。こう書いてしまうとぜんぜん美しくないが、あまりそんなことは気にならずに、常にこの「友情」を軸に感動的なストーリーが展開していくのである。子供向けと馬鹿にするなかれ。大人でも結構ほろっとさせられる。というかむしろ大人向け?

声優が成宮さんと中村獅童さんと聞いたときはえ?ってな感じでしたが、まったく違和感ありませんでした。むしろ棒読みに聞こえたのはヤギの女の子であるミィ役のこの方

|

« DrecomRSSが使えない・・・ | Main | ♪萌えろよ萌えろーよ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/7870765

Listed below are links to weblogs that reference あらしのよるに:

« DrecomRSSが使えない・・・ | Main | ♪萌えろよ萌えろーよ »