« 四半期決算は「積み上げ」か「再計算」か (12/22日経金融) | Main | 今年最後の感想 »

ASBJが年末に頑張っている件。

遅い忘年会に参加しているうちに、次々といろんなものを出し逃げされてしまった・・・

企業会計基準第8号

「ストック・オプション等に関する会計基準」及び

企業会計基準適用指針第11号

「ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針」


産業界も反対をあきらめ、既定路線のまま適用へ。ストック・オプションを発行したらそれは公正価値でもって費用計上しましょうね、という基準。それだけっていえばそれだけなのだが、なぜか適用指針は75ページもある。誰が読んでまとめてくれ。

実務対応報告第16号

「会社法による新株予約権及び新株予約権付社債の会計処理に関する実務上の取扱い」及び

改正実務対応報告第1号

「旧商法による新株予約権及び新株予約権付社債の会計処理に関する実務上の取扱い」の公表

何が一番変わったのかな?外貨建転換社債(古い名称)の換算か。転換しても発行時のレートを引きずるのが今までだったけど、今後は転換時のレートを使うということ。

企業会計基準第7号

「事業分離等に関する会計基準」及び

企業会計基準適用指針第10号

「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」の公表

相変わらず分厚い。目次だけで20ページもある。

あまりに論点が多いので、これは解説記事待ちだな。

改正企業会計基準第1号

「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」

改正企業会計基準適用指針第2号

「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準の適用指針」の公表


これは大して変わっていなさそう。

企業会計基準第6号

「株主資本等変動計算書に関する会計基準」

企業会計基準適用指針第9号

「株主資本等変動計算書に関する会計基準の適用指針」の公表


横型がメインで、縦型でもいいという規程になった。縦型って読みづらそう。

改正企業会計基準適用指針第3号

「その他資本剰余金の処分による配当を受けた株主の会計処理」の公表

これも実務的にはあまり影響なさそう。

|

« 四半期決算は「積み上げ」か「再計算」か (12/22日経金融) | Main | 今年最後の感想 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/7904110

Listed below are links to weblogs that reference ASBJが年末に頑張っている件。:

« 四半期決算は「積み上げ」か「再計算」か (12/22日経金融) | Main | 今年最後の感想 »