« January 2, 2005 - January 8, 2005 | Main | January 16, 2005 - January 22, 2005 »

愛の流刑地

XBRLについて調べようと思い、XBRL*café  に行ってみたところ、リンク集が気になり、そこにあった††瞬間の覚書†† にとび、そこからさらににっけいしんぶん新聞に飛んでしまい、つい夢中になってしまった、いわゆる「愛ルケ」ネタ。もとは仕事の予定だったのに、結局こんなことになってしまうから、いつまでたっても時間が足りなくなります。

いまさら言うまでもないですが、日経新聞の最終面にある渡辺淳一氏の連載小説のことです。

渡辺氏いわく

:いま、純愛ブームだという。肉体関係がない、精神的なつながりだけの愛が純粋だと思いこむ。だがそれは単に未熟な幼稚愛にすぎない。精神と肉体と両方がつながり密着し、心身ともに狂おしく燃えてこそ、愛は純化され、至上のものとなる。

とのことなので、「失楽園」の二番煎じであることを連載前から感じ、これは読まないことに決めていました。

ソースはないのですが、かつて「失楽園」について、これはポルノ小説ではないか、というインタビュアーに対して「そう呼びたい者には呼ばせておけばよい」と語っていました。著者の承諾が得られたことですので、それ以来個人的に渡辺氏を「二流ポルノ小説家」と呼ばせていただいております。また「これが大人の恋愛だ」といった趣旨のことを語っていたので、私は恋愛について永遠に子供であることを誓いました。あの世界が大人の世界であるならば、別に大人にならなくてもいいなぁって。

また、氏は「源氏に愛された女たち」の中でしきりに「紫式部は女性なので性描写が少ない、それが男性として不満」ということを述べていました(ちょっとうろ覚えですが)。男性が全員こうだと思われても困ります。だいたい源氏と紫の上のはじめてを詳細に書いたらそれは児童レイプ小説に他ならなくなります。

などといろいろ読んでいたため、今回の小説は意図的に避けていたのですが「にっけいしんぶん新聞」のサイトを覗くと予想以上の世界が展開されているようですね。とくに気に入ったのはこの回の「考えてみると、セックスは音楽に似ているのかもしれない」で始まるフレーズ。いろんな意味で恥ずかしい。中高大とひたすら吹奏楽に打ち込んでいた私は、周りの遊んでいる連中よりよっぽどエクスタシーというものを知っているということでよろしいでしょうか。映画「シャイン」の主人公が読んだらどう思うでしょうね。

というわけで、こんな面白い「新聞」を知ってしまった以上、連載と「新聞」のつっこみを読み比べることが癖になりそうです。

ちなみに、「失楽園」は最後まで読みつづけた唯一の新聞連載小説なのです。不快感をあたえつつも最後まで読ませてしまうこと自体すごい小説なのかもしれませんが。。。。

(written on Jan.16)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

『退職給付に係る会計基準』の一部改正(案)

いろいろ物議をかもしている退職給付に係る会計基準の改正ですが、先日公開草案が出されました。

企業会計基準公開草案第4号 「『退職給付に係る会計基準』の一部改正(案)」
企業会計基準適用指針公開草案第7号 「『退職給付に係る会計基準』の一部改正に関する適用指針(案)」

年金資産が退職給付債務を超過した場合、従来は貸借対照表上未認識としていたものを、この改正案では、資産として認識するというものです。関連記事はこちら

適用時期ですが、(基準第4項)

・平成17年4月1日以後開始する事業年度から適用する
・平成16年10月1日以後平成17年4月1日前に開始する事業年度から適用することができる
・平成17年3月31日から平成17年9月29日までに終了する事業年度に係る財務諸表及び連結財務諸表についても適用することを妨げないものとする

とのことです。

この考え方の変化の根拠として、以下のような環境の変化があるとしています。(第10項)

・退職給付信託に多額の拠出をした後に、厚生年金基金の代行返上が可能となったこと
・厚生年金基金(確定給付企業年金)における掛金の減額等の制限が緩和されたこと

この基準の意図としては、その超過額を規則的に償却することを前提としてますが、そもそも発生した期に一括償却することも認められているために、意図した結果にならないのではないか、償却期間についての見直しが先ではないか、との意見については、

(いろいろな意見があるが)、本会計基準では緊急性の高い「退職給付に係る会計基準注解」(注1)1の見直しを優先させることとした(第13項)

としています。

個人的には、前も書いたとおり、改正案の方向性は正しいと思っています。しかし「緊急性が高い」と言われてしまうと、「そうかなぁ」という疑念が先に立ってしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米財務担当者今年10大課題 (その4)

さらに引っ張ります。


7.在庫コストの費用化(Inventory costs)

昨年11月にFASBはSFAS151号を公表し、棚卸資産の取得価額から除外すべきコストについて見直しを行っています。IASBとの収斂の一つです。個人的には、単なるワーディングの問題として気にとめていなかったのですが、意外にも重要性があるのでしょうか。

8.オフバランス項目の開示強化(Off-balance-sheet arrangements disclosures)

SECが本年の早いうちにオフバランス項目の開示に関するステートメントを出す予定ということなので、これが注目を浴びているとのこと。2003年にSECがオフバランス項目の開示の拡充を要求しましたが、これに対応して行われた開示についてSECが調査をしたということなのでしょうか。

9.XBRL仕様による電子開示XBRL

これは書き出すと長くなります。とりあえずこちらを参照のこと。今後XBRLによる自主的開示が増加するであろうとのこと。

10. 財務・業績結果の経営者による分析の充実MD&A guidance.

これも8.同様これからSECがガイダンスを出すであろうという話のようです。特に2年程前から開示が要求されている、重要な会計方針Critical Accounting Policyについての開示が十分であるか再考すべきであるということのようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米財務担当者今年10大課題 (その3)

こちらからさらに続きます

4.税効果の実現可能性(Uncertain tax positions)

日本で銀行が倒れそうになる場合に決まって出てくる繰延税金資産の実現可能性の話題です。当然米国でも実現可能性が低い繰延税金資産は計上できないはずなのですが、確かに日本ほど事細かに規定された計上基準はないようです(欠損金の繰越期間が日本と比較にならないくらい長いということが背景にあるのでしょうが)。ここへ来てこのような基準の明確化の動きが出てきたということは、米国においても繰延税金資産の過大計上が問題になっているということなのでしょうか。
なお記事の原文では、2005年の第1四半期には最終基準が公表されるような書きぶりですが、FASB によると、第1四半期に公開草案が公表されるということのようです。

5.海外子会社の利益の回収(Unremitted foreign earnings)

これは、米国特有の事情によるもののようです。新法に基づき、海外子会社が稼ぎ出した利益に関しての税金の扱いが変わったようです。詳細は勉強不足でわかっていませんので宿題とします。

6.公正価値による企業結合会計(Business Combinations)

企業結合の会計処理を、いわゆるパーチェス法に一本化されてからすでに数年たっているわけですが、FASBはIASBとの共同プロジェクトにおいて、さらに公正価値を厳密に考えようとしています。企業結合時の偶発債務の公正価値による認識、研究開発資産の公正価値での認識などです。本年第1四半期に草案が公表される予定で、本年末には最終草案になるとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米財務担当者今年10大課題 (その2)

こちらの続きです。
リンク元を読んでみました。

1.株式購入権の費用計上義務化(Stock Options)

すでにいろいろなところで書かれていますが、昨年末にSFAS123(R)が公表され、ストックオプションの費用化が義務付けられました。2005年6月15日以降に開始する四半期決算から適用とのことなので、通常の企業では今年の7月から始まる四半期決算よりの適用となります。
日本では、年末に費用化を義務付ける会計基準の草案を公開しています。ストックオプションが表象する義務は負債なのか資本なのかという問題は残されているようですが、費用化という意味では同じ方向を歩き出しているといえるでしょう。

2.内部統制報告(Internal Controls)

これはサーベンス・オクスレー法404条に規定される、内部統制に関する企業の義務についてです。大方の公開会社では対応が始まっているので、ここでは非公開会社について、どの程度の内部統制が要求されるのかが興味の対象になっていることを述べているようです。
こちらも、日本では今後内部統制の有効性に関しての経営者の宣誓を求める方向で動き出しているようです。

3.資産負債アプローチの収益認識の動き(Revenue recognition)

収益認識の問題はすでに米国において数年来議論されているところで、SECも盛んに文書を出しているところです。FASBは2005年末に収益認識に関する見解を公表する予定です。いわば会計基準設定のたたき台となる文書であり、今後数年の間に会計基準として設定されるような動きになるかと思います。
日本では、課題としては認識されていますが、動きとしてはまだ鈍いといったところでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓流

ウィークリーまぐまぐ[総合版増刊号] 2005/01/07 号

>■スタッフ今日の年明けまで知らんかった
>韓流って「はんりゅう」って読むんだね。
                             
・・・「かんりゅう」だとおもっていた・・・

文字情報に頼り、テレビをあまり見ないと、思わぬところで恥をかくことがあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラえもんのCDドラマ

昨日、子供が退院してきましたが、眼の安全を考えて、原則的にテレビと読書は禁止しています。そうなると当然愚息は退屈。その対策として、耳からのエンターテイメントを追求し、TSUTAYAめぐりをして借りてきたのがドラえもんのCD。計3種類レンタルしてきました。

ドラえもんベストコレクション 

ドラえもん大行進 
ドラえもん 誕生編

この中でおっと思ったのが、テレビの本放送をそのままCDとして収録したものがあったことです。上のドラえもんベストコレクションにおける、

5)ドラマ「NSワッペン」
6)ドラマ「正直太郎」
7)ドラマ「テストにあんきパン」
12)ドラマ「コベアベ」
13)ドラマ「ごくうリング」
14)ドラマ「けんじゅう王コンテスト」

が、それです。

件のサイトによると、もともと1980年のLPの音声を復刻させたもののようで、どちらかというとわれわれの世代向け。オチがわかっている私にとってはストーリーがよくわかったのですが(当然)、なにせ放映アニメの音声そのままなので、愚息にとっては疑問に思うところも多いようです。(「けんじゅう王コンテスト」で、なぜ最後にジャイアンを倒せたのか、音声だけでは分からない。。。わかる人少ないだろうな)」
まあ、それなりに楽しんでいたようではあるのですが。

古今の名作モノの朗読CDはよくあるようですが、こういったものの漫画編みたいなものもあったら、意外とウケるかもしれないな、と思った次第。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2, 2005 - January 8, 2005 | Main | January 16, 2005 - January 22, 2005 »