« May 8, 2005 - May 14, 2005 | Main | May 22, 2005 - May 28, 2005 »

有価証券報告書等の記載内容の適正性に関する確認書

西武鉄道のせいで、開示書類等の信頼性を向上する目的で、東証は上場企業の代表者に、「有価証券報告書等の記載内容の適正性に関する確認書」の提出を義務付けました。

もともとは、経営者が記載の適正性を確認した旨を表明した書類を有価証券報告書とともに提出する制度があるのですが、それが現在のところ任意適用であること、また企業内容等開示ガイドラインによると「財務諸表等が適正に作成されるシステムが機能していたかを確認した旨及びその内容」を記載することになっており、これがなかなか難しいことから、制度として定着しているとはいえません。

そこで、東証が経営者に提出書類の適正性を確認した旨を(もう少し緩めた表現で)記載させるものが当該確認書です。

この確認書は、1月(中間)決算にかかる有価証券報告書(半期報告書)から提出が義務付けられています。
最初に義務付けられた不幸な会社群を抜粋してみました。その開示例は以下の通りです(順不同 トレードマークにリンクされています)。先駆例として参考にしていただければと思います。





(イムラ封筒)

 
(モロゾフ)

(トーホー)

(シーイーシー)

(積水ハウス)

(内田洋行)

(東京ドーム)
稲葉製作所
(うまくトレードマークがリンクできず)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FASB Issues Proposal on the GAAP Hierarchy

FASB Issues Proposal on the GAAP Hierarchy

In connection with its effort to improve the quality of financial accounting standards and the standard-setting process, the Financial Accounting Standards Board (FASB) has published an Exposure Draft, The Hierarchy of Generally Accepted Accounting Principles.

USCPA受験者なら聞いたことはあるであろうGAAP Hierarchyの話です。要は会計基準の中で一番初めに参照すべきものは何で、次は何で、基準が何もないときは例えばこれこれを参照しなさい、といった順位付けのことです。この順位付けが変わるとなると、試験問題に多大な影響が出てくるに違いない、と思って読み進めていくと、

The Exposure Draft carries forward the GAAP hierarchy as set forth in SAS 69, subject to certain modifications that are not expected to result in a change in current practice.

あら?とくに実務的に影響はないであろうと明言しております。

公開草案を斜め読みすると、今のGAAP hierarchyには以下の問題があるということです。

1.監査人向けに作られており、財務諸表作成者向けに作られているのではないこと。
2.複雑すぎること
3.概念基準書(SFAC、いわゆる概念フレームワークと呼ばれるものです)が、デュープロセスを経ているにもかかわらず、その他大勢と同格になっていること。

今回は1に対応して、GAAP hierarchyを監査基準だけではなく、会計基準として発表することを目的としているようです。財務諸表の作成の責任は経営者にあるとさんざん監査報告書に書いているからには当然のことでしょうね。

2.は会計基準の簡素化プロジェクト(うーむ、微妙に訳が違うかもしれない)、3.はフレームワークプロジェクトで対応するとのこと。

というわけで、今回は発行主体が変わるだけで、順位には特に影響しないようです。受験生の方、ご安心を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さて、体勢を立て直してと

また、だいぶ穴をあけてしまいました。
職場異動に伴うものとご理解ください。

先週後半は、送別会と歓迎会の3連荘。
アルコール耐性がすっかり弱っていた私にはかなりつらい。
最近は失礼することにしていた二次会も、今回ばかりは
サボるわけにも行かず、ということで実に3日とも乗り過ごし。
タクシー会社の上得意に。

そして今週は新職場での仕事となったわけですが、
部下が忙しすぎて相手にしてくれず(笑)。
比較的早く帰っているわけですが、不思議なことに、
1時に帰宅すると3時まで起きていられるのに、
22時に帰宅すると24時が限界というのはこれいかに?

もうちょっと時間さえあればもっとブログが書けるのに、
と思っていましたが、現実にはそうではない模様。

てなわけで、明日からはもう少し書きましょうという
決意表明でした。表明しないとずるずる自然消滅
してしまいそうなので。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 8, 2005 - May 14, 2005 | Main | May 22, 2005 - May 28, 2005 »