« January 9, 2005 - January 15, 2005 | Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »

2005年課題点検 欧州に国際会計基準(1/?日経金融)

:企業をひとつのモノサシで計ることで市場の活性化を図る-。欧州連合(EU)の強い思い込みがこめられた会計統一だが、欧州ではその衝撃を巡って思惑が広がるばかり。ストックオプション(株式購入権)の費用化など、財務内容に重荷となる基準も多く、「会計基準に要注意」という証券会社のリポートが飛び交う。

本筋とはまったく関係ないのですが、「会計基準に要注意」とは英語でMind the GAAPと言うそうです。GAAPというのは一般に認められた会計基準の意味ですね。

で、これはロンドンでよく聴かれるMind the GAPをもじったもののようです。これは日本語でいうと「ホームと扉の間が広く開いておりますから足元にご注意ください」にあたります。ロンドンを旅する前に予備知識があったから何とか聞き取れたものの、知らなければ「マンザギャー」に聞こえたことでしょう。

blogのタイトルに反し、初めてのロンドンねたかもしれません。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菱地所へ収益貢献不透明 藤和不、第三者割当増資を発表(1/14 日経金融)

:藤和不動産(8834)は13日、三菱地所(8802)などへの約129億円の第三者割当増資を発表した。菱地所は藤和不の発行済み株式の33.4%を保有する筆頭株主となる。

:藤和不がどれだけ収益に貢献するかも不透明だ。06年3月期以降は今期の経常利益ベースで30億円程度が菱地所の営業外収益に計上される計算だが、そのまま上積みされるかは疑問が残る。

:今期末の財務リストラ後も損失処理が残る可能性に加え、藤和不が保有する資産の市場価格が簿価を大幅に下回れば再評価が必要になる。「(菱地所の)会計士がより保守的な資産評価を求めれば利益計上額が減る可能性もある」(某アナリスト→原文では実名)

これはどういう意味でしょう?藤和不動産の会計士が認めた処理を三菱地所の会計士は認めない可能性があるということ??こんなこと書いちゃっていいんでしょうか???


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 9, 2005 - January 15, 2005 | Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »