« July 17, 2005 - July 23, 2005 | Main | July 31, 2005 - August 6, 2005 »

埼玉出張(2)

見事にトラブルが生じ、22:00終了予定の用事が終了したのが結局24:30。でも今からホテル戻れば「おばんざい」には間に合う、と思った私に無情の一声、「じゃあ、これから軽く一杯いきますか」・・・

どなたか「七色のおばんざい」のエンディングを教えてください。

こんなわけで、ホテル戻りは26:30頃。それでもしっかり6:30頃には起き、朝大浴場と朝食バイキングを堪能する。いくつになってもユニットバスには慣れないのである。

うだうだしているうちにチェックアウト時間の10:00となり、ホテルを出る。でもこのまま変えるには惜しい。こういうときはまず駅前に戻り、書店に入り、一番近くのガイドブックにあたる。長年の経験から生み出したノウハウである。

しかしながら、駅前に戻っても書店が見当たらない。無人駅ならともかく、この規模の町で書店が見当たらないとは・・・。しばらくうろうろしても見つからず、その辺の店に入って近くに書店はないか聞いたところ、「ショッピングセンターの2Fにあるよ」とのこと。そのショッピングセンターって・・・ホテルの向かいじゃん・・・。

ようやく書店を見つけある程度あたりをつけ、秩父鉄道に乗って、長瀞へ行って川を見てこよう。うまくいけば長瀞の川くだりもできるし、SLに乗れるかもしれない。思い立つ時間は遅すぎる(すでに11:30近かった)がとりあえず行ってみよう。まず秩父鉄道に乗るには熊谷に向かわねばならない。時間はかなりロスしたもののとりあえず心は決まったからあとは前進するのみである。駅には駅前ホテル(私が泊まったホテルとは別)のレストランの広告があり「本日昼食カレー・デザートバイキング」と魅力的なオファーを見つけるが、そんなものに惑わされる私ではない。心の決めたままに進むことにする。


・・・

ホテルのレストランの客は私以外すべて女性であった。土曜の昼食だというのに一般的に「おばさん」にカテゴライズされるグループしかいないのはなぜ?夏休みの子供を当て込んだ商売であったはずなのだが。
カレーは6種類。すでに朝食バイキングでそれほど空腹ではない私はルーのみを何種類も取る。まあわざわざ食べに行くほどのカレーではなかったが、暑さと、若干の二日酔いと、パソコンの重量に参っていた私にはこの辛さが結構心地よく、活力を取り戻す。ケーキも2種類ほど。精神的にはかなり元気になったが、腹はすでに限界に達していた。


(こんなのでも一応続く予定・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

埼玉出張(1)

現在、(29日15時位)、湘南新宿ラインのグリーン車の中にいます。

そうです、念願の(笑)出張なのです。

行き先は埼玉県内なのですが、夜にわたるため宿泊出張です。

宿泊を伴う出張…うーん、最近では全く記憶がない。
2000年に某所出向中札幌まで行ったけど、それ以来かな。。。

てなわけで、海外を飛び回っている方々から比べればあほらしいと思うかもしれませんが、私にしてみれば、埼玉宿泊出張というだけでおおごとで、ついはしゃいでしまうのです。

出張費では落ちないグリーン料金を自己負担してまで乗車しているのはその表れ。頼まれてもいないのに、3Kgもする旧パソコンを持ち歩いているのも、平日グリーン車に乗り込んで一秒を惜しんでパソコンに向かうビジネスマンを演出するため。はたから見たらブログの原稿だとは分かるまい。

そして、管理職といえど自分で何もかも手配しなければならないこの職場。私好みのホテル発見。「朝食バイキング」「大浴場」「全部屋LAN完備」。これでいて7000円。どうせ夜中は「七色のおばんざい」最終週を見て寝るだけだから狭くてもかまわない。

楽しみ楽しみ・・・・
(こんなことで楽しめるなんて、ひょっとしたら私って幸せなのかも)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ASBJのオープンカンファランスとやらに行ってきた(1)

こんなイベント取り上げるブログもないでしょうから、多少詳しめに。。。

7/28、東京都市会館にて、ASBJ(企業会計基準委員会)のオープンカンファランスがありました。

これはASBJが毎年創立記念日に行っているもので、カレントな話題を取り上げパネリストの議論を一般公開するというもので、今回で4回目とのことです。

このカンファランスは二部構成となっており、第一部では、まさにカレントな話題。2007年問題とも言われるEUにおける第三国会計基準の受け入れ問題についての説明があった後、第二部では「日本基準の今後の課題」と題して、「連結財務諸表作成の基本的考え方の差異」「日本の法制度による制約」に分けてパネルディスカッションを行う、という形式でした。ただしASBJ西川副委員長によると「ASBJは課題が山積しており、この2点が一番の課題というわけではない」とのこと。

まず、開催に先立って、FASF(財務会計基準機構:ASBJの上部組織にあたる)の遠藤常務理事、およびASBJの斎藤委員長の挨拶がありました。財務会計基準機構は、この1年ほどで会員が急増し、一時期危惧された財政的危機は一応脱しつつあること(それでもまだ厳しいとは言っていましたが)、そして、手狭になってきたため富国生命ビルに移転するとか(一部新聞で報道がありましたが)。確かに今のビルは海外の要人を招くにはちょっと・・・というところがありますのでよろしいのではないでしょうか。そして直接言及はなかったものの、決算発表に加入マークをつけるという施策がまさにあたったということなのでしょう。

次に、第一部は 金融庁の松尾企画官からEUにおける第三国会計基準の受け入れ問題として、CESR(欧州証券規制当局委員会)の技術的助言までの全体の流れについて説明がありました。

もっとも、この講演、このブログを読んでいれば網羅可能かも(笑)、といったような内容でした。個人的にはもっとそれぞれの基準の各論まで踏み込んでほしかったのですが(実務的にどの基準でどのような開示例が出そうかを含めて)、これ踏み込んだ内容について述べられる段階ではないのでしょうね。

この講演の中で気になったのは、IASと日本基準との間に重要な差異があった場合一定の追加情報を開示しなければならないことになりそうなのですが、その監査の扱いをどうするかという点です。このでの差異は重要であるか否かは、基準レベルではなく、企業レベルで評価するため、それぞれの企業の実態によって開示のレベルは異なってくることになります。そのときの監査上の判断をどうするのか、企業の判断の適正性を評価するのか、意見表明はそもそも積極的保証なのか消極的保証なのかなど。要は突き詰めていくと「粉飾追加開示?」があったとき、何を行っていれば監査人は責任を問われないのか。これは結構難儀な問題であるような気がします。

次は、ASBJ石井常勤委員による、ASBJの国際活動に関する報告。これは宣伝めいたところですので省略させていただいて、最後はASBJ新井専門研究員のIASBとのコンバージェンスプロジェクトに関する紹介がありました。

日経などでもよく混同して報道されるのですが、第一部の最初で取り上げたEUの基準受け入れの問題とは別に、IASと日本基準の相違点を明らかにしていき、可能な限り差を縮めていきましょう、という動きがはじまっています。作業の結果IASと日本基準の間には68個の差異が見つかったとのことですが(これは数え方によって変わってきそうですが)そのうち第1フェーズとして5項目を取り上げるということでIASと日本は合意しております(こちらを参照してください)。今回はその進捗状況について取り上げられていました。

(続く・・・予定)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

のれん代、一括償却認めず(2)

>では日本企業は本当に「のれん代の償却負担が重い」のでしょうか?

というあたりで先週はとめておきましたが、今回はその続きを。

日経記事によると、三木谷氏の意見に対するASBJ側の反論としては、米国では毎年の減損評価にかかるコストが大きいとか、米国と日本ではのれんに含められる金額に差があるため、一概に日本が不利とはいえないというものだったかと思います(手元に資料がないのでうろ覚えですが)。それ一つ一つはそれぞれ正しいのでしょうが、日本でののれんの償却負担感を軽くさせている大きな原因、それは「特別損失」項目の存在ではないか、個人的にはそう思っています。

日本では、ある損失が「特別損失」として扱われた場合、その項目は「経常損益」の計算には含めません。通常報道されたり、分析対象となる損益は「経常損益」ですから、その金額はのれんの償却費を含まないことになります。ちなみに、楽天の投資家情報を見ますと、経常損益は順調に成長していっているものの、最終の損益である当期損益はここ5年間1度も黒字だったことはありません。このあたりはもっと注目されてしかるべきところではないかと考えています。


一方、前にもどこかで書いたような記憶があるのですが、米国会計基準には「特別損失」は存在しません。いや、確かに教科書ではextraordinary lossというものが存在してはいます。しかしながら、2001年9月に起こったdisasterによる損失すら、extraordinaryとは認められませんでした。したがって、extraordinaryである事象など存在しないといっても言いすぎではないでしょう。

したがって、米国でのれんの減損が発生したとしても、それは当然ながら「特別損失」としては扱われません。「経常損益」と「税引前損益」の区別がありませんので、のれんの減損があった場合はそれを含んだ損益が大々的に報道されるわけです。

ちなみに、やや古い話ですが、AOLとタイムワーナーと合併した際、のれんを一括償却していますが、そのときの$455億の損失は、すべて営業利益の中に含まれていることが、アニュアルレポート(p69)を見ると確認できます。

米国と同じ制度にすることを要求する三木谷氏、百億円の単位にのぼる、のれんの一括償却を営業損失として処理する勇気があるでしょうか?

 
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ある米国公認会計士の白馬山頂へのリベンジ(総括)

写真は後で整理するとして、とにもかくにも山頂までたどり着きました。

昨年のリベンジは一応達成できたわけです。
地図はこちら


前回同様、早朝猿倉着で歩き始めたものの、寝不足気味。いや運転していたのは妻で私は助手席で鼾を書いていた(らしい)のだが、それでも日ごろの睡眠不足状態からは脱却できていない状態から登りはじめました。これは子供も、つれの義祖母も同様である模様。

若干遅めのペースながらも、たいしたアクシデントもなく午前の早い段階で大雪渓を登り始めることができた。客足はピーク時期でもあって、前エントリの写真のとおりまさに集団登校状態。

昨年は、息子の靴になかなかアイゼンが合わず、最終的にアイゼンなしで登ることになったわけで、息子の体力消耗、それを無理やり引き上げる私の体力消耗、そして天候不順が重なりあえなく挫折となったのだが、今回は天候はあまりいいとはいえないものの、みんなのアイゼンがうまくはまって、ほぼ通常ペースで雪渓を上りきることが可能に。ほぼ達成感とともに雪渓の上で昼食を摂る。

しかしながら、上記地図にはあまり触れられていないのだが、雪渓終了後の登りが意外ときつい。いや、冷静に考えるとたいしたことはなかったのだが、雪渓で使ってしまった体力をさらに振り絞らなければならないこと、そして雪渓での達成感で気が緩んでしまったのか、われわれパーティーは遅々として進まない。私も睡眠不足と昼食の満腹感の影響で登りながらコックリしてしまう始末。5分歩いては10分休むというペース。一応お花畑であるはずなのだが、花をめでる余裕はなし。ほうほうの体で宿に転がり込んだのは15:30ころ。9時間はゆうにかかってしまった。ちなみに平均タイムは6時間半くらいか。

その晩はバイキング形式の夕食もそこそこに就寝。

翌日、どうも頭がずきずきする。ん?高山病か?山荘に設置してある診療所に行く。医学生のボランティア運用なので、手続きにやたらと時間がかかるが、とりあえず酸素を吸わせてもらう。頭痛はあまりおさまらなかったものの、なんとか出発できるまでは回復。朝食バイキングがほとんどのどを通らなかったのが惜しい。

頂上は宿舎から目と鼻の先であっさりたどり着くものの、霧が厚い、というより霧雨模様で、まったく視界がきかない。頭痛とあいまって、あまり達成感の喜びを感じない・・・
NEC_0013


下りは別ルートをとる場合が多いようだが、われわれは来た道を戻る。予想通り、雪渓の下りは上り以上に脚力を使う。もう下りきったときは膝ががくがくである。

そして、今日25日。駅と会社の階段を1段上下するたびに苦痛な表情を浮かべる私につながるのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここまで帰ってきた

山頂からここまで到着nec_0014.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 17, 2005 - July 23, 2005 | Main | July 31, 2005 - August 6, 2005 »