« July 24, 2005 - July 30, 2005 | Main | August 7, 2005 - August 13, 2005 »

粉飾など不正 会計士に通報義務(8/2日経)

粉飾など不正 会計士に通報義務(8/2日経)

金融庁は監査法人や公認会計士に対し、会計監査の過程で粉飾決算などにつながる不正を発見したり、不正の疑いを持った際に、証券取引等監視委員会などへの報告を義務付ける方向で検討に入る。悪質な場合は検察などへの通報を求める。監視委や捜査当局が速やかに実態の解明に着手できるようにし、不正の早期発見につなげる。2007年度の実現を目指す。

監査法人や会計士が企業の会計監査に携わる際の手順などを定めた「監査基準」の見直しに着手する。企業会計審議会(金融庁長官の諮問機関)で来年初めにも議論を開始し、必要があれば公認会計士法も改正する。対象となる監査は上場企業のほか、資本金5億円以上の株式会社など非上場も含めて合計約1万社。

・・・

現在は監視委や捜査当局への通報義務はない。会計士や監査法人が不正を発見した場合、経営者や監査役などに伝えることになっている。会社側が不正を改善しなければ、監査法人は有価証券報告書に「不適正意見」として記載する。ただ経営者が粉飾を意図的に隠すケースもある。カネボウの場合は会計士が不正の疑いを持っても全貌を解明するのは困難で、発覚が遅れたとの見方も出ている。

・・・

米国では会計士が明確な法律違反を発見した際、米証券取引委員会(SEC)などに報告する義務がある。欧州連合(EU)は疑いを持った場合でも通報義務を課している。金融庁などにはEUのように疑わしい場合も報告を義務付けなければ実効性を確保できないとの見方もあるが、会計士からは「報告が必要な基準が明示されなければ判断が難しい」との指摘が出ており、慎重に検討を進める。

長々と引用しました。

要は会社は金を払って「ちくり屋」を雇えということでしょうか。

会計士からは「報告が必要な基準が明示されなければ判断が難しい」との指摘が出ており、って当然でしょう。たとえば私が100円記帳もれしたことを告白した場合は会計監査人としてはどうすればいいのでしょう。2ちゃんねる的に「通報しますた」と言われなければならないのでしょうか。そしてたとえ100円でも大目に見てくれた会計監査人は何らかの処罰を受けなければならないのでしょうか?100円なら大丈夫?じゃあ100万円なら?1億円なら?不正の意図がなければ大丈夫?じゃあ意図の有無はどうやって判定?

そして、たとえ不正の通報を義務付けたからといって、「経営者が粉飾を隠」して「全貌を解明するのが困難」であれば、そもそも発見できないわけだから、通報を義務付けたとしてもカネボウのようなことは防止できない。むしろ、情報が出にくくなるから逆効果ではないのか?監査が余計困難になるのでは?

それとも逆か?疑い持ったら何でもかんでも当局にぶん投げて調べてもらって、なにもでなかったら適正意見、なんか出てきたら意見差し控えって?それは楽ちんだ。監査報酬丸儲け。

なんて毒の一つもはきたくなるような制度ですね。こんな制度作るんだったら監査報告書の意義っていったい何なんでしょ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ASBJのオープンカンファランスとやらに行ってきた(2)

一週間ほど前のエントリの続きです。

ちなみにIASBとのコンバージェンスプロジェクト第1フェーズの槍玉にあがっているのは、以下の基準です。

1.棚卸資産の評価基準
2.セグメント情報
3.関連当事者
4.在外子会社の会計基準の統一
5.投資不動産

1.については低価法適用の強制が最大の論点であり、既にASBJは専門委員会を立ち上げて、年内には論点整理、来年前半には公開草案を公表する構えです。こういう動きであるということは低価法の強制適用がある意味所与の前提となっているということでもあり、原価法を適用する多くの企業は対応を迫られそうです。

2.についてはIASBが基準の改定を検討中とのことで、当面は情報交換のレベルとなるとのこと。IASBでは米国流のマネジメントアプローチを取り入れる方向とか。マネジメントアプローチというのは簡単に言えば、経営者が管理するのと同じセグメンテーションでの開示を求めるということ。一見簡単なようで、これを会計監査に耐えうるようにもって行くのはそれはそれで結構難儀な作業なのです。

3.関連当事者についてもASBJは専門委員会を立ち上げています。これは年度末にも公開草案が出る予定とか。基本的には会計処理ではなくて開示の話であるため、どこまでやるかの話なのですが、IASBの考え方はかなり広範囲なようで、そこまで必要なのかなというあたりの検討となりそうです。

4.についてはこのブログでも何度か取り上げたかと思うのですが、これも今年度末には公開草案公表の予定とのことです。

5.投資不動産について、IASBでは公正価値評価と取得価額評価+公正価値開示の選択適用を認めています。日本基準では取得価額評価だけです。日本ではそもそも投資不動産を通常の固定資産と区別する考え自体が根付いていませんので、目的・定義から検討する必要がありそうです。これはASBJ内の内部検討として行うようです。

(まだ続く・・・予定)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろいろなものが公表されていてフォローしきれない件について

ASBJのセミナーやら、埼玉に旅行出張に行っている間に、いろいろなものが出ている。


企業会計基準公開草案第5号
「事業分離等に関する会計基準(案)」
企業会計基準適用指針公開草案第8号
「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針(案)」

適用指針が目次だけで21ページある件について。

とりあえず三木谷さんの提案は軽くスルーといったところのようで

「監査基準及び中間監査基準の改訂並びに監査に関する品質管理基準の設定について(公開草案)」

なんか、そうそうたるメンバーで議論した割には、あまり変わってないような気がする・・・

「土地再評価差額金の会計処理に関するQ&A」の公表について(公開草案)

何を今更と思ったら、既に不可能となった計上の規定をばっさり削除し、連結の扱いなどを新たに付け加えたらしい。評価差額金付きの土地を親子間で売買した場合は、連結上評価差額金は取り崩すことができるらしい。なんかぴんとこないが、無理やり作った法律の後処理だから仕方ないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

埼玉出張(3)

結局秩父鉄道に乗れたのは13時を過ぎていた。

NEC_0017

秩父鉄道については、こちらや、こちらに詳しいので、私などが書く余地はないのだが、一言で言えば由緒正しいローカル線というところか。寄居駅までは、住宅地→田園風景といった趣だが、ところどころ構えが立派な駅を見かけるのはやはり貨物輸送全盛期の名残であろうか。
NEC_0019

途中下車した寄居駅は秩父鉄道のほか、JRと東武鉄道の3社線が乗り入れている一大ターミナル。。。なわけはなく、NEC_0020駅前にはタカラブネと大衆食堂、そばにはスーパーのライフとファミレス華屋与兵衛があるだけの普通のローカル駅。ここですでに「長瀞川下りは中止」との掲示を発見。先日の台風17号で増水して危険であるらしい。野望のひとつは早くも挫折。

寄居を過ぎると、由緒正しいローカル線は山道へと移り、荒川の渓谷を車窓に見ながら進むことになる。川くだりができないのならばせめて川岸まででもと思っていたのだが、長瀞に近づくにつれ雨粒が見え始め、私がホームに下車したころにはすでに土砂降り。駅で足止めを食らう。川を見てこようというそいもそもの希望も費え、これでSLに乗らなければ何しにきたのかわからなくなる。

タイミングよくSLは30分後には長瀞駅に到着する予定。それならば寄居まで乗車し、そこから東武東上線で都心に向かおう、などとかんがえていると・・・

「ハイこちらに一列に並んでください!」スピーカーの声が鳴り響く。振り向くと、とても小柄な長瀞駅舎には入りきれないほどのツアー客がこちらに向かってくる。そしてそれが2度3度と繰り返された。長瀞は決してSLの始発駅ではない。そして車両編成も多くないはず。すでに満員の車両にこれだけの人数が詰め込まれたらどういうことになるのだ。こんなところまできてラッシュの電車には乗りたくない・・・三つ目の希望もいったんはあきらめた。

せめてSLの姿を眺めようと、駅近辺の踏切で待ち構えていると、SLはやってきた。が、見たところ意外とガラガラ。どうやら集客はツアーに頼っている模様。これならば少なくともすし詰めということはありえない。踏切から猛ダッシュをかけ、改札へ。改札駅員:「座れないけど(追加料金500円払って)本当に乗りますか?」などと念を押される。いい歳して・・・と思われたか。乗り込んだ列車でも先頭車両の最先端に陣取ったため、一番前に行きたい子供たちに何度も道を譲る羽目に。単にほかに席がなかったためなのであるが、実際先頭車両の最先端に陣取るおじさん、世間的にこのような人がどのような視線を浴びるかはなんとなく想像がつく。うーむ。

NEC_0027さすがにSLがリアルで活躍していたころを知るまでの年齢ではないのだが、それでもかつてSLに何年も牽引されていただろうな、といった客車にはよく乗った記憶がある。なんとなく煤けてて、全面的にヤニくさい(当時禁煙席などという発想があろうわけがない)。父方の祖母の実家に行くときは、いつもそんなけっして快適とはいえない列車に乗っていった。車両は快適ではないのに、こころはなんとなく浮ついている。そんな当時の記憶が、石炭の噴煙の臭いとともに蘇ってくる。20分ほどの時間であったか。自分にとってはどんなアロマよりリラックスした気分になったような気がする。

帰路に小川町に立ち寄る。朝何気なくつけていたNHKの「おはよう日本」で紹介されていた本日開店の観光施設「小川情報館壱押(いちおし)屋」に、立ち寄るためである。そこでは日本酒入りのソフトクリームを賞味。想像通りの味である。ここのメインは足湯なのである。が、私は出張中であることを忘れていた。下がスラックスでは、捲り上げて足湯に入ろうという気にはならない。そして、足湯設備としてはあまりにも狭くあわただしくリラックスできそうにない。事実私がいた間足湯に浸かっていたのは小学生の女の子のみであった。この試み、ちょっと苦しいかも。

てなわけでめでたく出張が終了。本業の話題はどこへやら、いやたとえ書きたくても書いてはいけないのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カネボウのおかげでアクセス急増

旅行、もとい、出張に行っている間にカネボウ元社長が逮捕されたようで、以前の私のエントリにアクセスが殺到しているようです。それはこちらで紹介されたのも契機になっているようです。ご紹介ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 24, 2005 - July 30, 2005 | Main | August 7, 2005 - August 13, 2005 »