« October 16, 2005 - October 22, 2005 | Main | October 30, 2005 - November 5, 2005 »

会計士協 監査継続5年に短縮(10/26 日経金融)

日本公認会計士協会(藤沼亜起会長)は25日、金融庁などが監査の強化策を公表したのを受け、会計士が同一上場企業の監査を継続して担当できる期間を、現行の7年から筆頭格の会計士に限って5年に短縮するなど、四大監査法人を対象にした自主ルール案を発表した。

これは誰が5年期限になるということでしょうか?

記事では筆頭格の会計士となっていますが、プレスリリースの原文では、

4大監査法人に対して、上場会社の監査を担当する業務執行社員のうち主任会計士については、継続監査期間5年・インターバル期間5年とし、その他の業務執行社員は7年・2年とするようローテーションを見直すことを新たに要請(平成18 年4月1日以後開始する事業年度からの実施)する。

と、「業務執行社員のうち主任会計士」が最長5年になるということのようです。
(記事で藤沼会長は「関与社員」って言葉を使っていますが、いまでもこの言葉生きてましたっけ?)

で、主任会計士って誰ですか?

IT会計士宣言でも指摘されていますが、「主任会計士」という言葉は、現場にいる人のトップ、いわゆるインチャージのイメージがあるのですが、「業務執行社員のうち」といっているので違いますよね。

「筆頭格」ということになると、やはり監査報告書の一番上に来る人、って理解でいいですか?
あのじいさん(謎)が主任会計士?うーむ、ぴんときませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

仲間由紀恵は眼で殺す~SHINOBI

仕事で張った肩の力を抜きに行く、という目的に実に適った映画、ということで星4つ

なんといっても椎名桔平の風貌だけでも十分肩の力が抜ける。そのほか隼の飛び方の不自然さを嗤うもよし。沢尻エリカのけなげさにやられるもよし。りりぃを見ながら「♪私は、死んでいます、ボートの上で」(古)と口ずさむもよし。これは忍術じゃなくてスパイダーマンやんけと突っ込むもよし。これだけ楽しみながら、仲間由紀恵を堪能できるのですから、1200円(レイトショー)は惜しくない。

まあストーリーが非常に薄く、もう少し何とかしたほうが。と思わないでもないのですが、中途半端にそっちに力入れすぎると逆にはずすような気もしますので、まあこれでよしとしましょう。

あ、あと気になったのは岩代太郎さんの音楽。ところどころで白石加代子さんの「義経様は・・・」というナレが聞こえてきそう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 16, 2005 - October 22, 2005 | Main | October 30, 2005 - November 5, 2005 »