« October 30, 2005 - November 5, 2005 | Main | November 13, 2005 - November 19, 2005 »

内部管理監査の実務指針策定へ(11/11 日経)

金融庁の企業会計審議会は10日、公認会計士が上場企業の内部管理(ガバナンス)をチェックする新制度の導入に向け、経済団体と共同で実務指針を策定することを決めた。監査内容を明確にし、企業に過度の負担をかけないようにする。

 金融庁は早ければ2008年3月期から新制度を導入する考え。経営者が意思決定の手続きなど内部管理体制をチェックし、その結果を会計士が改めて監査する仕組みだが、日本経団連などから「中身があいまい」といった不満が出ていた。

 実務指針は経営者自らによるチェックの責任範囲を明示するほか、企業が会計士にどんな資料を提出すべきかなども盛り込む。監査で問題となりそうなポイントについても例を挙げて示す。


なんか、根本的に誤解のある記事ですなぁ。

「公認会計士が上場企業の内部管理(ガバナンス)をチェックする新制度」って何?というかまあ、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(公開草案)」のことについて言っているのだなと大まかな想像はつくのですが、「財務報告にかかる内部統制の評価」=「ガバナンスのチェック」というあたりがかなり強引。

その誤解は誤解を呼び「経営者が意思決定の手続きなど内部管理体制をチェックし、その結果を会計士が改めて監査する仕組み」?経営者がいったい誰の意思決定の手続きをチェックするのだ?意思決定は経営者の仕事でしょ?で、それを会計士が監査?企業の意思決定にいちいち会計士の監査が入るとでも?

あくまで「財務報告に係る内部統制の評価」。財務諸表を作るプロセスに重要な欠陥がないことを経営者が宣言し、その宣言について監査しようというのが導入予定の制度。ガバナンスだの意思決定などの監査ではないのである。

まあ記事はともあれ、企業会計審議会が直接実務指針を作成するというのはあまりないことでは?JICPAの監査委員会や企業会計基準委員会がその任を果たしてきましたから。まして経済団体と共同でどのような作業になるのでしょうか。

金融庁の報道発表資料には何も載っていませんのでどのように進んでいるのか、真相はよくわかりません。

やや酒が入っています。乱文失礼。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GM、2001年利益を過剰計上・半減に修正も(11/10 日経夕刊)

GM、2001年利益を過剰計上・半減に修正も

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は9日、会計処理の間違いにより2001年12月通期の最終利益を実際よりも多く計上していたと発表した。01年の最終利益は6億ドルと報告していたが、3億―4億ドル分を上乗せしていたという。

 利益計上に誤りがあったのは、一部の部品会社に対する債権を利益として計上したため。02年以降についても同様の間違いがある可能性があるという。

「部品会社に対する債権を利益として計上」??

(借)債権 xx
(貸)○○ xx

ではなく

(借)利益 xx
(貸)○○ xx

であったってこと?これじゃ逆に利益の過少計上になってしまいます。

どうにも記事が意味不明なので、内容を調べているのですが、
GMが「発表」と書いているにもかかわらず、会社のサイトにはニュースリリースの記述はなし。(10日夜現在)

ただ、EDGARを見ると、確かに8-K(臨時報告書)は提出されています。曰く

GM has been conducting an internal review of credits received from suppliers and
the appropriateness of its accounting treatment for them during the years
2000-2005. This issue is one of the matters that is also being investigated by
the SEC as previously reported by GM.

The review of supplier credits is ongoing and GM has not reached final
conclusions about this matter. However, the review to date indicates that GM
erroneously recognized some supplier credits as income in the year in which they
were received rather than in the future periods to which they were attributable.
Based on the information to date, GM currently estimates that its net income
from continuing operations for 2001 was overstated by approximately $300 million
to $400 million (or about 25% to 35%) due to this error. Accordingly, although
the final restatement amounts have not yet been determined, GM has determined to
restate its financial statements for 2001, and the restatement is expected to
be material to the financial statements previously reported for that year. GM
will also restate financial statements for periods subsequent to 2001 that may
be affected by the erroneous accounting. However, the effect of any such
restatement in subsequent periods is expected to be immaterial to those
financial statements.

supplier credits を一時の利益として計上していたが、これは将来にわたって認識すべきものであった、ということのようです。

で、supplier creditsって何?ってことなのですが、よく知りません。調べてみますが、ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

We miss Saigon~本田美奈子さん

USCPA試験で渡米した際に立ち寄ったNY。ミス・サイゴンのラストラン間近というとき。ポスターには"You will miss Saigon"の文字。英語の苦手意識が抜けない私などでも、なかなかうまいコピーだなと思い、なぜかずっと心に留まっていました。

そのフレーズをまた再び思い出させるような訃報でした。既にあまたのブログに書かれているでしょうが、この世代として、この出来事をスルーするわけにはいきません。

そう、確かデビューの頃はやっとCDというものが世に出だした頃だったかな。少なくともまだ私はCDプレーヤーを持っていなかった。まだエアチェックという言葉は死語にはなっていなかった(廃れてはいたかもしれないが)。そう、たしかタイガースという球団が優勝した年でもあったな。そして、翌年世を去った岡田有希子と入れ替わるかのように、トップスターにのし上がっていったっけ。記憶を確認するためにぐぐって見たところ、堀越の同じクラスだったらしい。長山洋子もいる。(参考文献

その後個人的な事情により、テレビや歌謡曲と一時期はなれることになる。そのため、スターに駆け上ってしまった「マリリン」以後の彼女よりも、「殺意のバカンス」や「Temptation」のほうが自分にとってはインパクトがあったし、楽曲としても好きだったかな。

そして、アイドルとしての旬を過ぎた彼女は周知のとおりミュージカル女優として復活する。その後のことに関しては私に語るほどの知識はありません。ただ、自分とほぼ同年代の元アイドルが消えずに活躍しているのを見るのは楽しいものでした。

急性骨髄性白血病。ろじゃあさんが書いているとおり、私の世代でも不治の病のイメージが強いのですが、渡辺謙はいまではぴんぴんしているし、CMは現代であれば夏目雅子も生き延びることができたかもと伝える。それなのに・・・。

♪いつも心にハリケーン~ などと歌っていた彼女が、よりによってハリケーンの当たり年に世を去ってしまう。両者に不謹慎と思いながらも、つい因縁めいたものを感じてしまいました。

橋本真也に続く同年代の訃報。あまり無理するなという警鐘なのかもしれません。
といいつつ既に2時近いのですが。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

瀬川さん 頑張る

やっと子供の相手が終わり、ふとパソコンを立ちあげてみて、今日が瀬川さんのプロ入り試験第5局目の日と気づきました。早速リアルタイム中継のサイトに行ってみたが、画面がなかなか進展しない。故障かと思いきや、どうやら現在62手目(執筆時)でプロの高野五段が長考中ということらしい。

私にはとても形勢判断をする棋力はないのですが、まだまだ望みがありそうということくらいはわかります。この一局に勝てば3勝でプロ入り確定。ぜひ夢をかなえてほしいです。

(追記)
ずっと中継を見ていまして、たった今、瀬川さんの勝ちが決まりました。
おめでとうございます!

私が見始めたときは既に有利であったようですが、控え室のプロの予想通りに進まず、ずいぶんやきもきさせられました。プロの予想を外しながらもしっかり勝ちきった瀬川さん、見事でした。そして、大方の憎まれ役を引き受けて十分に役割を果たした高野五段にも、お疲れ様の言葉を送りたいです。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

« October 30, 2005 - November 5, 2005 | Main | November 13, 2005 - November 19, 2005 »