« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »

残高確認

grandeさんの
日本システム技術 残高確認を捏造されてしまうと監査人はつらい
を読んで、思い出しました。

まだ私がぺーぺーの○年前のこと、
同じくペーペーの会計士さんが、残高確認の封筒づめを終えてからの会話です。

会計士さん「では、この残高確認書を投函するので、切手を用意してください」
私「あ、そんなのこちらで投函しておくからいいですよ」
会「いえ、私がやりますから切手を用意してください」
私「いや、どうぞお気遣いなく。メールのおじさんに頼んだ方が早いし、切手貼りもやってくれますから」
会「いえ、私がやりますから切手を用意してください」
私「でも、前任者のときは私がやってましたから」
会「いえ、私がやりますから切手を用意してください」
私「そんなこと言ったって、切手の在庫がないし、買いに行くのは面倒だし、立て替えなきゃないし、そして期末に余ったら数えて貯蔵品にしなきゃないし、とにかく面倒だからつべこべ言わず言うこと聞いてくれよ(注:実際はもっと丁寧に言いました)」
会「いえ、事務所の監査手続でこのように決まっていますから、切手を用意してください」
私「(けっ、この堅物め)」と思いながら切手を買いに行く。。。

今思うと、この会計士さんの方が正しかったのかもしれません、ごめんなさい。

ところで、トラックバック先のdias51さんの記事も読ませていただきました。

ちゃんと残高金額を記載して監査法人に返送しなかった確認先にも責任はあると思います。

確かにごもっともですが、そこまで確認先に責任を問うのは酷かと思います。実際確認先にこの確認書の意義を本質的に理解されている方がどこまでいるか疑問であり、通常の取引先同士の確認とさして区別できてない担当が多いのでは、と感じています。その担当のところに取引先の担当の方がやってきて「あ、これ私のほうから会計士に渡しておきますから」と言われれば、ほいほい渡してしまうのではないでしょうかね。手抜きをしようとしたかつての私のように。

もっとも、前にも書きましたとおり、私がこの辺を担当していたのは昔の話であり、現在はもっとどの会社さんももっとコンプライアンス教育が行き届いているのかもしれませんが。


| | Comments (4) | TrackBack (1)

DESですか

私も税理士でもなければ、日本語で公認会計士と名乗ることも禁じられている身分です。以下はあくまで独り言ですので、発言の結果につき一切責任を負うものではありません。

はぐれバンカーさん)
一方、買収される側の債務額はDESにより資本に振り替わるが、この資本への振替金額を簿価にするか(券面学説)、時価にするか(評価額説)が焦点になりそう。

krpさん)
確かに、評価額説では債務消滅差益が出てしまい、それを消せるだけの繰越損失がないと、税負担が生じてしまいます。これについては、前掲書は705ページはファジーな書き方をしています(引用は控えます)。私個人としては、合理的な再建計画等があり、商法決算を券面額説で会計処理した場合に、税務署がチャレンジできるのであれば、その根拠が知りたいな、と思うところであります。

最近は本を読まずにその辺の雑誌で済ましてしまうことが多いのですが、券面額説を当然の前提で書いている解説記事ばかり見かけるような気がします。

で、根拠なんですが、こんな解説を見かけました。

・債務超過法人の券面額での発行は不利発行にあたるが、あくまで資本取引なので受贈益課税は行わない.
・これは、有利発行を行った場合も、あくまで資本取引として発行法人には寄附金課税が生じないことと整合している。
(参考文献:税務通信2814号)

なんか分かったような分からないような。。。です。

なお、商法の話がありましたが、会計基準上でも債権者側の株式の評価は時価でということで決まっていますね。

「デット・エクイティ・スワップの実行時における債権者側の会計処理に関する実務上の取扱い」(会員のみ)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

適時開示に係る宣誓書・有価証券報告書等の適正性に関する確認書

2/15より、掲題文書の開示が東京証券取引所のサイトで公開されています。

この宣誓書は東証によると、

宣誓書における具体的な宣誓内容は、「投資者への適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、常に投資者の視点に立った迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう添付書類に記載した社内体制の充実に努めるなど、投資者への会社情報の適時適切な提供について真摯な姿勢で臨むこと」です。宣誓書には、上場有価証券の発行者の代表者の自署が必要とされています。

ということです。

提出時期は

宣誓書制度の導入に伴い上場有価証券の発行者から提出される最初の宣誓書は、現在、平成17年2月末日(外国会社については、同年3月末日)を提出期限として、提出が進められているところです。

とのことですで、2月中には全上場会社揃うことになります。

例えばGMO社を見てみましょう。この宣誓文、基本的のは東証の指定した文言そのままを書くことになっています。その通りになっていますね。。。

と書こうとしていたのですが、タイプミス発見(笑)
「根幹をなるもの」→「根幹をなすもの」
「性格かつ公平な」→「正確かつ公平な」

社長の筆跡も分かります。この字で手帳を書かれると読めない気がしますが、人のことは言えませんのでこれくらいにしておきます。

まあ、実際の不正行為の抑制効果がどれだけあるかはともかく、社長にこういうものをサインさせて意識付けをして行くということには重要である思います。


| | Comments (3) | TrackBack (1)

「グランド・フィナーレ」用語集

一時は本気で「愛ルケ」ポータルを制作しよう思っていたのですが、現在yahoo!で55位とオリコンシングルランキングのように順調な下降線をたどっており、やる気がうせました。

話変わって、同じ小説ネタですが、

第132回芥川賞には、阿部和重作「グランド・フィナーレ」が選出されました。

私は、文藝春秋誌で読みましたが、なかなか面白かったです。
これについては、後日書くかもしれないし、書かないかもしれないのですが、

とりあえず、分からないカタカナ用語などが頻出していますので、いろいろ調べてみました。
もっとも分からなくてもストーリー展開にはついて行けます。興味本位で調べてみただけです。

っていうか、私が単にファッション用語とかキャラクターグッズに無知なだけ?


ベロア→ベルベットやらベッチンやらと同種の言葉の模様
http://www.world.co.jp/fashion/know/k_07.htm

マイメロディ→サンリオのキャラクター
http://www.sanrio.co.jp/characters/mymelody/welcome.html

トゥイーティー→出もとがよく分からないが、とりあえずこういうキャラクター
http://www.h3.dion.ne.jp/~nasty-c/tweety/tweetypage.htm

コッペリアの自動人形→音楽は好きでよく聴いていたが、バレエのストーリーは知らなかった。
http://www.moeginomura.co.jp/FB/coppelia.html

ジンジャーマン→これも出もとは分からず。重要なキャラなのに。。。
http://www.oda-w.com/wo_pic13.htm

パインウッド製→ブランドか何かと思ったら、単に松の木で作ったというだけのことらしいhttp://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=pine&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

ライティングビューロー→要は机らしい
http://lifestyle-net.com/myroom/menu/keyword/i_keyword/09_r/ra_light.html

レゴンダンス→バリ島の民族舞踊
http://kiriusa.cool.ne.jp/travel/main/id/album/photo3_4.html

メゾピアノ→子供服のブランド
http://www.narumiya-net.co.jp/brand/jcMp.html

カケスのサミー→山ねずみロッキーチャックにでてくる「にゅーすだよ!」と煩いカケス。調べて見て思い出した。
現在MXテレビでやっているのですね。
http://www.mxtv.co.jp/rockychack/

バウザー→通常ハウザーと表記するが、あらいぐまラスカルに出てくる犬。
http://anime.tv.yahoo.co.jp/meisaku/rascal/

MDMA→エクスタシーのことらしい
http://www.eiken.city.yokohama.jp/health_inf/mdma1.htm

オーガンジー→生地の種類のようですね
http://dp44009608.lolipop.jp/html/modules/xwords/entry.php?entryID=10


Aラインのドレス→末広がりということらしい
http://www.j-lac.com/bride/lesson/dress-w/

アーガイル柄→チェックの一種
http://kononatu.hp.infoseek.co.jp/CHOSA/yougo5.htm#Argyle

ガーター編→編み方なのだが、どちらを読んでもよく分からず
http://mode21.cocolog-nifty.com/log/2004/10/pearl_stitch.htmlhttp://www.antai.co.jp/texdic/kagyou.htm

臙脂色→そんな色知らん、と思ったら「えんじ」色なのですね。単なる漢字の無知
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%E7%C3%BB%E9%BF%A7&kind=&mode=0&jn.x=36&jn.y=12

ラグランコート→意味は上のURL、下はタイガースマークのラグランコートの注文
http://www.maruyama-otsu.com/point2003-12.htm
http://www.torakichinet.com/details/coat.html 2.htm

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »