« 改正企業会計基準第2号 「1株当たり当期純利益に関する会計基準」ほか | Main | 大河内清輝さんのお父さん »

四日分かった・・・って誰が?

ライブドア 500億円社債引き受け 業務の柱は投資(2/5 神奈川新聞)

ライブドアグループが、昨年のニッポン放送株争奪戦の際に、多額の利益を得た外資系証券会社の手法をまねて、特殊な転換社債を昨年五月から半年あまりの間に五百億円超引き受けていたことが、四日分かった。

ライブドアネタに戻ります。ただ問題はライブドアではなく・・・

もう一つ、ちょっと前にラーメン屋においてあった新聞に書いてあった記事ですが

ライブドアグループの証券取引法違反事件による株価暴落で大損害を被った株主が、個人単位でもライブドア本体、堀江貴文容疑者(33)ら経営陣、監査役らを相手取った損害賠償請求訴訟を簡単に起こせることが26日、分かった。

いままで、私は新聞の「~が、○日分かった」というのは、いままで闇に隠されていた情報が、検察の捜査や、マスコミの取材で明るみに出たことを言うのかと思っていました。しかし、どうも違うらしいのです。

なぜなら、ライブドアがMSCBの引き受けを行っていたことは、ちょっと調べればすぐに分かることです。また法律の事はよく分かりませんが、訴訟法がここ最近大改正したわけではなさそうですから、損害賠償請求を起こせることは、これも公知の情報といえましょう。

ってことは、「~が、○日分かった」ってのは、書いた記者がそのことを理解した日、取材した日、勉強した日、それくらいの意味しかないことになります。この情報を読者に向って表現するということは、あたかも自分が知らないことは読者も知らないはずだ、といわんばかりではないでしょうか?

もちろん記者だって知らないことは多くて当然かと思います。自分が勉強して分かったことを読者に報告する。それも大事な機能でしょう。ただそれならそれなりの表現方法があるかと思います。

|

« 改正企業会計基準第2号 「1株当たり当期純利益に関する会計基準」ほか | Main | 大河内清輝さんのお父さん »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

すいません、爆笑させていただきました。
知らないっていうことは、怖いですね。。。

Posted by: grande | 2006.02.06 at 02:06 AM

こんばんは。
いつも改正会計基準の解説、勉強させてもらっております。実にありがたい・・・・

ちょっぴりですが、民事賠償の件、書いてみましたので、TBさせていただきました。
「風雪流れ旅」のような「つかみ」はございません。。。

Posted by: toshi | 2006.02.06 at 02:33 AM

grandeさん
まあ、知らないのはしょうがないんだけど、「知らない」ってことを知ってほしいですよね。

toshiさん
「つかみ」ないんですか、残念(笑)。
民事賠償、いろいろ複雑な問題がありそうですね。
ちょっと素人なりにも考えて見ます。

Posted by: KOH | 2006.02.08 at 02:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/8522189

Listed below are links to weblogs that reference 四日分かった・・・って誰が?:

» ライブドアへの民事賠償請求(考察) [ビジネス法務の部屋]
少しばかり、ライブドア問題から離れておりましたが、いよいよ東京の弁護士法人が、ラ [Read More]

Tracked on 2006.02.06 at 02:28 AM

« 改正企業会計基準第2号 「1株当たり当期純利益に関する会計基準」ほか | Main | 大河内清輝さんのお父さん »