« 三菱UFJの繰延税金資産(1) | Main | 蝶理株、管理ポストに(4/27 日経) »

三菱UFJの繰延税金資産(2)

三菱UFJ 4000-5000億円資本増強へ(4/26 日経夕刊)

ただ、三菱UFJは今回の繰り延べ税金資産計上に伴って決算が大幅に上ぶれするのは望ましくないと判断、バランスシート(貸借対照表)上で繰り延べ税金資産と資本を調整し、利益予想には影響しないようにする方向だ。

財務アナリストの雑感のdancing-ufoさんは「マジカルな会計手法」と称しています。確かに、決算はどうにでも操作可能な印象を与える記事です。これはどういうことなのでしょうか。

これは繰延税金資産が「復活」(件の記事の表現)したのはいったいいつか、という問題になるかと思います。

まず、実際の東京三菱銀行とUFJ銀行が合併し、三菱東京UFJ銀行が発足したのは2006年1月1日です。したがって、それ以前に繰延税金資産が復活する余地がないことは疑いのないところです。合併以前であれば税務申告は各行個別で行われるわけですから、UFJの繰延税金資産を東京三菱の収益で回収するということはありえないわけです。

それでは、いつ復活したのでしょうか?まず繰延税金資産の計上には将来の利益計上の可能性が高いことが必要であり、それを証明するにはある程度オーソライズされた中期の利益計画の存在が前提となります(事情により手元に資料がまったくなく記憶で書いていますので表現等不正確なものがあります。以下同じ)。その利益計画がいつ出てきたかということですが、これは三菱UFJ フィナンシャル・グループ(以下FG)のプレスリリースにあります。


株式会社三菱UFJ フィナンシャル・グループ(取締役社長 畔柳 信雄)は、平成18 年2 月17 日に金融庁に提出した「経営の健全化のための計画」を踏まえ、今後の繰延税金資産の回収可能額を見積った結果、繰延税金資産が増加することとなりました。なお、増加する繰延税金資産は、資本準備金として計上しますので、平成18 年3 月期の業績予想に影響はございません。

2月に提出した経営計画がいつ社内でオーソライズされたのかは不明ですが、おそらく遠くない時期でしょう。したがって、繰延税金資産が復活したとするのは一義的にはこの時でしょう。もし、2月時点で繰延税金資産を認識するのであれば、期中に起こった繰延税金資産の増減は損益計算書で認識するのが原則ですから、法人税等調整額として多額の税金勘定の利益を認識することになるはずです。つまり原則としては望ましくない「決算が大幅に上ぶれ」という状態になることになります。

が、これを監査法人側の立場から見るとどうなるか。

監査法人としては、合併後のFGの連結財務諸表等(以下単に財務諸表)に対してはまだなんらの意見表明もしていないわけです。したがって、合併時に遡って財務諸表を修正することも「あり」なわけです。

FGの3月末の財務諸表に意見表明をするためには、まず三菱東京UFJの合併時の財務諸表を正しく認識する必要があります。1月1日時点の財務諸表を正しく認識するためには1月1日時点で明らかになった情報のほかに、監査証明を出すまでに起こった事実、いわゆる後発事象を勘案する必要があります。

ではこの2月に提出した経営計画をどう考えるかということですが、この経営計画はUFJの公的資金が新銀行に移管したことに伴うものです。つまり合併を機にこのような利益計画となったということです。合併時にはその利益計画がオーソライズはされないまでも、既に収益計画が作成される前提となる事実は発生していたと考えることができます(いわゆる第一の後発事象)。

上記の考え方から、合併時に遡って繰延税金資産を認識し、資本剰余金として計上するのはむしろ正当な処理であると考えています。

もっとも、なぜ今になっての発表なのか、という疑問はあります。まあいろいろな可能性を検討していたのでしょうね。

ところで、FGは米国上場会社なので、米国基準でも財務諸表を作成しています。こちらではどうなっているのでしょうね。米国基準ではパーチェス法を適用して多額ののれんを計上しているはずです。ここで合併時に遡って繰延税金資産を計上するのであれば、のれんを減額して繰延税金資産を計上する、すなわち資産間の入り組みとなって資本の部には影響しないことになるかと思います。米国基準でどうやっているか、調べればわかるのですが、時間があったらということで、いったん終了させていただきます。

|

« 三菱UFJの繰延税金資産(1) | Main | 蝶理株、管理ポストに(4/27 日経) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/9867859

Listed below are links to weblogs that reference 三菱UFJの繰延税金資産(2):

« 三菱UFJの繰延税金資産(1) | Main | 蝶理株、管理ポストに(4/27 日経) »