« 株式会社東京証券取引所への「改善報告書」の提出について(蝶理) | Main | 博多にて(7/31続き) »

とにかく週末週明バタバタしていてネットにアクセスできずいつのまにか福岡市にいる件

7/28
オフィスの引越し。徒歩10分以内の別のビルへ。荷物運びは業者にやっていただくので私たちは荷物をまとめるのみ。現在の会社に所属して1年余りしかたっていないのに、書類が膨大な量にのぼる。
当日は5時に終了して定時退社厳守。5時には全員ネットも電話線も切断済、と思いきや一人だけ切っていない奴がいて、電話がかかってきた。そしてそれは社外監査役から私宛。週末の宿題をもらう。回りからは、最後まで仕事をしていたのろまな奴とののしられる。自分自身は真っ先に電話線を切ったのになぁ

この日の夜から登山に向かう予定。家族からは定時後速攻で帰宅するように指令を受けているので、強制定時退社後はビール一杯と焼酎水割り二杯にとどめ帰宅する。帰宅して、荷物をまとめさあ出発というときに思いもよらない事態が起こる。

7/29
前日まで友達と二人きりで泊りがけで出かけていた息子(以前の記事参照)。疲れていたらしいので、出発前に車に乗せて寝かせた。ところが、彼はキーをもったままロックをかけて寝入ってしまった。人為的なカギの閉じ込めである。とにかく彼を起こそうと家族総出(義母義父を含む)でワゴン車を揺らす、叩く、音を立てる。しかし、寝入ってびくともしないのである。深夜なので派手なことは出来ない。交替交替で車を揺らしているうちに、私の中でおとなしくしていたアルコールが騒ぎ出す。まず私がダウン。そのうち全員がリタイアして家の中で寝入ってしまう。目が覚めた順にまた車のところまで行き、ゆさゆさ、どんどん。結局彼が起きたのは午前四時。これからでは山へは向かえない。

結局いつもの自称プライベートキャンプ場(空地で野宿、と言う方が近いが)へ向かうことになる。
山梨方面に向かったが、昼はかなりの大雨に会う。きっと神様が息子に降臨して、山に生かせなかったのであろうと納得することにする。しかし、土日に激しい運動することを理由に、木曜夜以降とくにカロリー制限を設けていなかった私にとっては大誤算である。

7/30
カロリー過多状態を少しでも解消すべく、日帰りでも行ける山を目指すことにする。目指すは櫛形山。2000メートル級の山ではあるものの、車でかなりの標高まで登ることができ、実際には1時間程度登るだけですぐ頂上に到着してしまう。これに隣の裸山、アヤメ平などを縦走(ってほどのものではないが)して下山するコース。行き当たりばったりであるから、あまり難しいところは目指せない。ちょうどいいところか。

ただ、もともと起床が遅くなってしまったため、登山開始が遅れ、だらだら歩く上に、頂上で自炊などをしていると結局下山したのが15時半くらいとなってしまう。それから町営の温泉に入り、早めの夕食をとると時間は19時頃。この時間帯に中央高速に乗るのは自殺行為であるということに何故誰も気付かなかったのであろうか。

7/31
結局自宅到着は24時30分。運転手のカミさんはもちろん、助手席の私も(寝ていたとはいえ)くたくたである。しかし私は朝6時40分の羽田発のフライトに乗って福岡出張である。そしてそのためには近所のバス停5時20分発のバスに乗らねばならず、その準備のためには4時起きである。

そして朝一から仕事であり、現在(8/1朝)に至る。福岡でのことはまた別エントリで。

|

« 株式会社東京証券取引所への「改善報告書」の提出について(蝶理) | Main | 博多にて(7/31続き) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/11203134

Listed below are links to weblogs that reference とにかく週末週明バタバタしていてネットにアクセスできずいつのまにか福岡市にいる件:

« 株式会社東京証券取引所への「改善報告書」の提出について(蝶理) | Main | 博多にて(7/31続き) »