« February 26, 2006 - March 4, 2006 | Main | March 12, 2006 - March 18, 2006 »

会計基準のコンバージェンスに向けた共同プロジェクトの第三回会合開催

会計基準のコンバージェンスに向けた共同プロジェクトの第三回会合開催


3 月1 日及び2 日、企業会計基準委員会(ASBJ)と国際会計基準審議会(IASB)は、会計基準のコンバージェンスに向けた共同プロジェクトの第三回会合を東京で開催しました。この会合には、ASBJ から斎藤委員長をはじめとした4 名の委員及びスタッフ、IASB からTweedie 議長をはじめとした4 名のボードメンバー及びスタッフが参加しました。

二つ前のエントリで、感情的な文章を書き散らしましたが、両基準の際を解消していく方向については私も異論があるわけではありません。日本側もそういう意識でおり、IASBと日本基準のコンバージェンスを目指して昨年から共同プロジェクト開かれており、その第3回会合がこのほど日本にて行われて、IASB議長が来日したというわけです。

その中で、いままでの検討テーマに加えて、次の3項目が俎上に上がることになりそうです。

・資産除去債務
・工事契約
・金融用品の公正価値開示

資産除去債務ですが、CESRの報告書では以下の通り。

Estimated costs for asset retirement obligations, such as dismantling and removing costs and site restoration costs, are not commonly capitalized at initial measurement under Japanese GAAP. Recognition of restoration costs (under the definition of IAS 37 for the recognition of provisions) is required under IFRS, whereas recognition is limited to certain industries only, under Japanese GAAP. Under these limited circumstances, thetreatment would normally be different from that of IFRS, as underJapanese GAAP, recognition of such provision is required to be built up towards the realisation of the eventual obligation.

固定資産を使用後に処分する際に費用が発生する場合、その費用は固定資産の取得価額に含めて、耐用年数にわたって償却していくというのがIASの会計処理です。日本で似たようなものには特別修繕引当金があるのですが、適用されるのは特定の場合に限られており、その扱いも異なったものであるということです。


続いて工事契約について、CESRの報告書では、

Contract revenue and costs associated with the short-term contracts are recognised when constructions are to be completed (“completed contract method”). Under the long-term contracts, both percentage of completion method and completed construction method are permitted. Many companies adopting the percentage of completion method do not apply it to all contracts but under certain conditions only, partially influenced by taxation rules.

日本基準では、長期工事契約については、工事進行基準と工事完成基準の双方が認められています。工事進行基準が適用されている場合もすべてに適用されているわけではなく、日本の税法に引きずられた扱いになっているとのことです。

ここには記載されていませんが、国際会計基準では工事進行基準のみが採用されており、日本基準との大きな差異になっています。

最後に金融商品の公正価値開示についてです。

Under Japanese GAAP, fair value of derivatives and investments in securities shall be disclosed in comparison with their carrying amounts. In addition, fair value disclosure of derivative instruments which are used for hedging purposes is
not required. Under IFRS the disclosure requirement covers all financial instruments, not limited to derivatives and investments in securities. Since interest rate has been both low and stable in recent years for the Yen currency, there is
not a significant difference for financial instruments (debt or loan). However Japanese entities that have significant financial debts or loans expressed in other currencies may need to be analysed in more depth. Also future changes in interest rate for the YEN might become significant. For these facts under these circumstances the difference is considered to be significant, and additional disclosure on fair values of all financial assets and liabilities is required

日本基準では、デリバティブと有価証券については簿価との比較の形で公正価値情報が示されていますが、ヘッジ会計の適用を受けているデリバティブ商品については公正価値情報の開示が求められていません。一方IASではこれらに限らず、すべての金融商品にかかる公正価値情報が求められます。現状の低金利下では大きな影響はないものの、外貨建の負債に関しては影響がある可能性があり、金利が動いてくれば重要な差異になってくる可能性があるということです。

一般的にはメジャーな論点ではなさそうですが、資産除去債務については、巨大設備産業には大きな影響がありそうですし、工事契約については建設業に影響を与えそうです。公正価値開示については、売掛金なども金融商品の範囲ですので、すべての企業に影響を与えるでしょうが、とくに金融機関にとっては開示項目が増えるのでしょう(よく知りませんが)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内部統制報告制度 義務化2008年度から(3/9 日経金融)

金融庁は公認会計士が財務報告の虚偽記載がないか企業の内部管理体制を点検する「内部統制報告制度」を義務付ける時期を2008年度決算とする方針を決めた。早ければ07年度決算の導入を目指していたが、準備期間が足りないという経済界からの要請が強く、義務化の時期を一年遅らせたと見られる。

当然です。そんなもの一朝一夕にはできませんって。

まず実務指針的なものがいつ出せるんでしょうか。まさか今の内部統制の基準だけでは全然実務が回りませんから。それを待っているだけで結構時間がたってしまいます。

まあ、とりあえず始めてみてくださいって。3年なんてあっという間ですから(断言)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

会計基準共通化 日本は一段の加速を (3/4 日経)

日本の会計基準と国際会計基準を共通化する作業が進んでいる。企業会計基準委員会(ASBJ)との共通化に向けた第三回会合を終えた国際会計基準理事会(IASB)のデービッド・トウィーディー議長に、現状への評価と今後の展望を聞いた。

このトウィーディーさん、実際あったことのある方たちからは、好印象であった旨の話を聞くことがあるのですが、ことインタビュー記事を読むと個人的にはカチンとくることが多いです。

「ASBJと互いを良く知り合い信頼関係を持てたこと、日本側が作業を加速させようとの姿勢を示していることは大きな前進だ。ただ、最大の問題はスピードだと考える。日本はコンセンサス社会ゆえ、すべての変化に時間がかかる」

ええ、コンセンサス社会ですとも。民主主義国家ですからね。あなたのお国は違うんでしたっけ?そりゃ時間はかかりますよ。オリンピックのルールのように都合のいいように変えられても困りますからね。

「・・・おそらく二十年といった長期にわたり使われることになるこの基準作りに日本の力も貸してほしい。しかし、我々が既に決めた部分に追いつくことばかりに時間をかけていては未来に向けた議論に入れない。現在の国際基準との共通化を済ませるのが早ければ早いほど、新たな基準作りに参加し、影響力を及ぼせるはずだ」

追いつくことばかりに時間をかけていては?「追いつく」って言いました?自分たちと異なる部分は「遅れている」と判断するわけですね。遅れてるんだからさっさと追いつけと。偉いんですね、IASBって。

-日本では投資組合を使ったライブドアの問題などで会計絡みの不正が注目された。基準共通化は、不正会計問題の減少に寄与するのだろうか?

「エンロンやワールドコム事件も会計問題のように見えたが、実際はルールを破った人間の問題だ。ただ、国際基準では会社であれ、ファンドやSPC(特別目的会社)であれ、ある企業の経営陣に支配されている主体はみな連結対象になるとしている。米国基準が50%超の株式所有を連結条件とするのとも違い、我々は出資比率を問わない」

日本だって連結対象は実質で判断しますよ。ただ「実質」といっても結局どこかで線を引かなければならない。IASの「実質」の線引きならばこの事件は起こらなかったと言えるんですか?え、そこまで言ってないって?確かに。でもなんか後付でIASの優位性を主張しているようにしか聞こえないのですが。

うーむ、どうもこの手の議論に接すると、守旧派のオヤジと化してしまう・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

自社株で1年保有 GMスズキ株17%売却(3/7 日経金融)

-自社株の取得資金約二千三百億円はどう調達するか。買い受けた自社株は今後どうする。
「自己資金で十分まかなえる。今後の設備投資にも影響はない」

スズキの12月末決算短信です。

単体の貸借対照表上現預金は1,743億円しかありません。自己資金でまかなうというのはどういう状態を言っているのでしょうか。今後の設備投資を自己資金でまかないます、との文脈で使われる「自己資金」とは違いますよね。今すぐ必要な金であるはず。

(連結には2,852億円の現預金がありますが、通常は簡単に吸い上げられないですよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キリンラガーのCM

ろじゃあさんは、木村カエラを迎えたサディミカに注目しているようですが、私はこちら(音声あり注意)に注目

テレビで見てびっくり。
最近は「亡国のイージス」、「博士の愛した数式」で魅せてくれた、寺尾さん。映画に専念しているとばかり思っていた寺尾さんが、歌ってるじゃないですか。あの渋い声で。

こちらによると、昨年の7月から18年ぶりに音楽活動を再開したとか。4/19厚生年金会館。すでに売切。ブランクを感じさせない人気ですなぁ。来年は還暦のようです。うーむ。

久しぶりに聴いてみて、男の無粋な強がりと未練がにじみ出る掛け値なしの名曲であることをあらためて感じ入りました。「ザ・ベストテン」で専用椅子を作らせた力は伊達ではない。

私も25年前よりは歌詞の意味を理解できるようになったかな。ていうか、既に当時の寺尾さんの年齢を大幅に超過しているではないですか。当時から既に渋かった寺尾さん。きっと私は永遠に追いつけないのでしょう。

しかし、このストリームの不満は、何故か「・・・転調・・・♪そーしーて 二年の月日が~」の部分がカットされているところ。ここがこの曲の最大のヤマじゃないですか。そんなところで時間ケチらないで欲しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【映画】県庁の星

私は一時期某省庁の外郭団体に出向していたことがあります。その職場の一番よかったことは、ユニマット社のコーヒーベンダー(正式名称はよく分かりませんが)が用意されており、いつでも自由に飲むことができました。会社勤め時代は自分で淹れるインスタントコーヒーでしたからなかなか感動ものでした。もちろん無料であり、団体の運営費より出ておりました。2年後出向解除で戻ってきて「ああ、インスタントコーヒーで不味いんだ」としみじみ感じたものでした。もっとも今ではすっかりインスタントコーヒーに再適応してしまいましたが。

という私的体験が既に一部ネタばれとなってしまう「県庁の星」。ある意味予定調和的で陳腐なストーリーですが、それを織田裕二、柴咲コウがくそ真面目に演技をしてまして、それに引き込まれてしまい、ディテールがあまり気にならなず、純粋に楽しめる映画になっています。織田裕二のピント外れの公務員ぶりは堂に入ってますし、柴咲コウのキャラもうまくはまっています。

もっとも予定調和的と書きましたが、ラス前にどんでん返しが仕掛けてあり、それなりの工夫も見られます。

そして原作にない(らしい)ラブストーリー的な部分も盛り込まれています。二人の(現実の)年齢差14歳。それでも違和感があまりないのが不思議。「東京ラブストーリー」から15年が経過。「」は何故か「アサヒ本生」の「ロボッ庫」のテーマになってしまいました。どうでもいいですが。

最後にこの公務員(含む地方議会)の描き方について実際の公務員の方々は噴飯ものだと思いますが、それにもかかわらず、の英断には拍手を送りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 26, 2006 - March 4, 2006 | Main | March 12, 2006 - March 18, 2006 »