« June 11, 2006 - June 17, 2006 | Main | June 25, 2006 - July 1, 2006 »

【読書】ドナウよ、静かに流れよ 大崎善生

おおたさんのところから

ところで、千葉さんは、残念ながら数年前に結婚し、元の碓井涼子さんから千葉涼子さんになってしまった(旦那は若手棋士なのだが、「碓井涼子の夫」と呼ばれるのが嫌で、新妻に苗字の変更を迫ったそうだ)。もし、先に「ウ・ス・イ」という詰将棋を創ったのに、名前が「チバ」に変わったら、・・・ それこそガッカリだ。


碓井涼子さんが新姓を名乗ったのはそういう事情があったのですか。で、その結果、今では「旦那のほうの千葉」と呼ばれているような気が・・・

まあ、それでも今回の女流王将挑戦者の旦那よりはいいのかもしれない。呼ばれることすら少なくなるというのはそれはそれでつらいものであると思うのだが。

で、今回の本題は、なかなか高橋和の旦那と呼ばれることはなく、「自立した夫」である大崎善生さんの作品。


これはまた、偶然にも前エントリとつながる。「嫌われ松子の一生」で、だめ男になびいてしまう女性の心境ってどんなもんかと思っていることを書いたのだが、程近くして読んだ本書も、描き方は違えども、主題としては同じものを扱っているといえるのかなと思える。

両親のもと、何の不自由もなく育てられた少女が、ルーマニアに留学し、一人の寂しさに耐えられず、だめだめの男に尽くすようになり、そして自ら毅然として命を絶つ・・・

もちろん、これは残されたものの勝手な仮説であり、真相はまた別にあるのかもしれない。大崎氏の独特な筆致で、あたかも美しいフィクションのように描かれているものの、実際には悲しいノンフィクションであり、本来は美化すべき話ではない。

ただ、一つの解釈として読む分には、さすが引き込ませるものがある。おそらく大崎さんにとっては将棋関係以外(まったく無関係とは言い切れないが・・・)の初めてのノンフィクションであるかと思うのだが、丹念な取材と、あえて取材元(被害者の家族)に都合の悪い事実も赤裸々に書くことによって、仮説を肉付けていく。

このだめ男は自称指揮者であったとのこと。じゃあ私も指揮者の真似事はしたことがあるので、それをもって欧州を放浪したら、こんな献身的な女性に出会うことができるのかな。いや、出会ったとしてその献身に重荷を感じないで生きていくことができるのだろうか。自分だったら逃げ出してしまうだろうな。どうやら、だめ男には、それを愛することで生きがいを見出す女性たちがいて、需要と供給がバランスしているらしい。うまくできているというのか、悲しい性と言うべきなのか、私には分かりかねる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iモード事件、その後

ちょっと本の整理をしていたら、松永真理著「iモード事件」が転がってきた。懐かしさにちょっとぱらぱらめくってみて、ふと気になったことがあった。

榎氏夏野氏は今でも携帯電話業界の有名人としてよく表舞台に立っている。が、私が気になったのは、この本の中で「こち亀」の中川のような存在となっている笹川貴生氏である。

いわずと知れた、戸締まり用心のおじさんのお孫さんである。夏野氏になぜドコモに就職したのかを聞かれ「人生修行です」と言い放った笹川氏。彼はまだドコモにいるのだろうか。wikiを見る限りではまだドコモ社員と書いているが・・・。

検索してみるとあっさり出てきた。

役員の異動ならびに人事異動に関するお知らせ


岩井証券の取締役に就任するそうです。同一人物かどうかの確認は取っていませんが不要でしょう。岩井証券ですし。今週中に有価証券報告書が提出されれば経歴が分かるでしょう。だれかwikiを更新して置いてください(人任せ)。

しかし、この本から計算するとまだ33歳。ドコモでの人生修行はどのように活きるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【映画】嫌われ松子の一生

これは劇場で。

「マッチポイント」のエントリで、火曜サスペンス劇場というたとえを使ったところ、この映画で実際に片平なぎさが劇中劇という形で出演しておりちょっとびっくり。

てなわけで前のエントリと微妙につながりのあるこの映画。1年前はエルメスとして(賛否両論あった、いや否のほうが多かったかな?)話題をさらった中谷美紀がイメージをぶち壊す体当たりの演技。前半のアグレッシブな演出には少々退いてしまうところもあるが、まあまあ楽しめた。

しかし、こういうだめ男ばかりに靡いてしまう女性の心境。私にはさっぱり分からないのである。いや、なにも私みたいな人畜無害な人間がいいと言うわけではないが、「才能がない」と暴れまわる男、水曜にしか来ない不倫相手、警察から逃げ回るヤクザ男、それでも誰かのために生きたいのであろうか。この辺が私の女性、いや人間理解力の限界なんだろうなあ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【映画】寝ずの番

これは香港帰りのフライトで。

いやー、見てよかった。どう間違っても今後テレビで放映されることは未来永劫ありえないであろうから。

冒頭から禁ワード連発なのであるが、不思議と下品な感じがせず、粋と言うものをを保っている(と言う資格は私にはないのかもしれないが)。木村佳乃があんなことしたり、あんな台詞を吐いたりしているのに、である。

惜しむらくは、中井貴一、岸部一徳がまったく噺家に見えないところ。二人とも決して下手な俳優ではないかと思うのだが。それに比べると長門裕之はちゃんと噺家に見えたところがすごい。

また(噺家役ではないが)堺正章が見事にはまっている。思わず機内で合いの手入れそうになったよ。

で、私が一番笑ったのは、機内での上映と言うこともあり、この映画の英語字幕が表示されていたこと。いやー、勉強になりました(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

【映画】マッチポイント

香港行きフライトで鑑賞。ウッディ・アレンの新作。
http://matchpoint-movie.com/

お国柄と、階級を別にすれば、現実にもドラマにもあふれている三角関係話、と思いきや、現実にはないが、火曜サスペンス劇場にはあふれているような展開になり、と思いきや、「聖女たちのララバイ」(古)が流れる30分以上も前に突如終了する、といったストーリー。機内トラブルでDVDが飛んだのかと思った。

日本未公開らしいので、流石にネタばれは書きにくい。これくらいのネタふりでご勘弁を。

ウッディアレンにしてはきわめて普通の映画です。何かヒネリを期待すると肩透かしかも。
ラストの意外性が売りか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港からは帰ってきました

14日には帰国しております。
ただ、急に付け焼刃の詰め込み勉強をする必要が出てきまして、更新が滞っております。
今週末までは、なかなかupはできないかも

(もっとも、その割には映画を見たり、本読んだりはしていますので、そのネタでつなぐかもしれませんが・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 11, 2006 - June 17, 2006 | Main | June 25, 2006 - July 1, 2006 »