« July 9, 2006 - July 15, 2006 | Main | July 23, 2006 - July 29, 2006 »

横浜メルヘン

月末に、息子と友達が2人で旅に出かける。
まあ、旅といっても近くのユースホステルに行って子供だけで泊まってくるというだけの話であるが、5年生にとっては大冒険の類に入るであろう。

てなわけで、23日はその下見。最初は私と息子だけで行く予定だったのだが、急遽その友達も参加。ん?同じメンバーで下見してもあまり意味がないのでは?まあいいけど。

コース
関内→山下公園→中華街→マリンタワー→人形の家→(あかいくつバス)→桜木町→宿→野毛山動物公園→コスモワールド

この日はこの2日間コースの道順を駆け足でなぞる。

そういえば、私が初めて本格的な一人旅をしたのも確か5年生のとき。岩手から秋田まで行って帰ってくるコース。汽車に乗っているだけだし、宿泊は親戚の家だったため、冒険度からすれば今の息子たちのほうが上か。

最初は何人かに声をかけたらしいが、子供だけの宿泊はちょっと・・・とやんわり断られることが多かったらしい。周りが臆病なのか、うちがあまりに無頓着に過ぎるのか、答えはよく分からない。

---
(以下下見当日編)
前日の記事の通りに行って帰ってきました

・午後半日歩き続けた(いや、バスも使ったり、ゆっくり歩いたつもりだったが)ため、息子との友達はへとへとだったらしい。歩くことに関しては、幼児期からうちの息子は鍛え済み。息子よ、自家用車を持たない家にもメリットがあるだろう?

・息子の友人「ここまで何分かかって、ここじゃ少ししか時間がつぶれないし、時間余っちゃうよ・・・くどくど」
 息子「まあ、何とかなるって」
 アバウトなところ、両親に似すぎ・・・

・宿泊場所のユースホステルの建物の古さに、息子の友達はややショックを受けた模様。そんな立派なホテルが子供だけの宿泊を受け入れるわけないじゃん。

さて、当日はこの珍道中、成功するのでしょうか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

一時会計監査人の選任に関するお知らせ

一時会計監査人の選任に関するお知らせ(KDDI)

当社は、本日開催の当社監査役会におきまして、会社法第346条第4項及び第6項の規定に基づき一時会計監査人を選任することについて下記の通り決議いたしましたので、お知らせいたします。

KDDIさんほどの大企業ですが、一時監査人には個人の会計士さんを指定してきました。

確かに一時監査人を選定しない場合には、一時的に会社法違反の状態となるわけですが、だからといってたった2ヶ月の間、個人会計士を一時監査人に選任することにどれだけの意味があるのでしょうか?2ヶ月で個人会計士がKDDIほどの規模の企業の監査を引き継げるとは到底思えません。いや、個人会計士を信用しないわけではないですが、おのずと扱える規模には限界があるでしょう、まして2ヶ月で何ができるの?ということを言いたいわけでして。

もっと興味があるのは、これらの個人の会計士がどれだけのフィーで一時監査人を引き受けているかです。会社法施行規則第126条では、事業報告に会計監査人に対する支払うべき金銭の額を開示する義務を規定していますが、これは一時監査人にも適用されるんでしょうかね?あの方のブログにでも質問してみましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日からは惑わない(らしい)

中国の昔の偉い人によると、私は明日から惑わなくてすむらしい。

思えば、今日まで、人生は惑いっぱなしであった。惑っても惑っても、いや惑えば惑うほど望む自分に達することができずにもがき続けた日々。明日になればそんな日々から解放されるらしい。明日が楽しみである。

しかし、この惑わないという地点を越えた諸先輩方。この尊敬すべき諸先輩方は本当に解放されているのだろうか?いや、たとえ尊敬すべき諸先輩方が解放されているのだとしても、凡人の自分が解放されるという保証があるのだろうか?いや、余計なことは考えないことにしよう。なにしろ、中国の昔の偉い人が言っているのだ。きっとそうに違いない。

そして惑うことのなくなった私は、今度こそ明日からブログの更新を再開するのであろう。なにしろ中国の昔の偉い人が言っているのだ。間違いない。

あ、でも明日飲み会であった。早くも暗雲が。
若き部下たちよ。お願いだから飲み会の日程調整には上司のアニバーサリーを考慮してくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 9, 2006 - July 15, 2006 | Main | July 23, 2006 - July 29, 2006 »