« July 23, 2006 - July 29, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »

決算短信の総合的な見直しに係る決算短信様式・作成要領試案の公表及び意見募集について

決算短信の総合的な見直しに係る決算短信様式・作成要領試案の公表及び意見募集について

・・・このような状況を踏まえ、当取引所では昨年9月に、決算発表時に投資者が必要とする情報が迅速に開示されるものとなるよう、決算短信に関する研究会を設置しました。研究会では、決算短信の開示内容の見直し、望ましい開示時期等について検討を進め、本年3月に報告書を取りまとめました。
このたび、当取引所では、同報告書を受けて、決算短信の総合的な見直しを行うこととし、決算短信様式・作成要領試案を作成しました。つきましては、以下の通り、同様式・作成要領試案を公表し、決算短信の利用者、作成者その他の皆様からのご意見を募集いたします。

年々分厚くなり、作成者側にとっては決算早期化の弊害となっていた決算短信。決算発表早期化の弊害となっていたとの声も大きく、内容削減に向けてまた一歩踏み出しました。

見直しのポイントは、発表文書に記載されている通りなのですが、個人的なポイントは以下の通り。あくまで作成者の立場からです。

・「営業利益」予想を業績予想の開示項目に追加
いままでは「売上高」「経常利益」「当期純利益」であったかと思いますが、それに営業利益が加わります。いわゆる「ケイツネ」の地位の地盤沈下が始まっている、と言うことでしょうか

・「企業集団の状況」、「連結財務諸表作成のための基本となる重要事項」の省略
直近の有価証券報告書から重要な変更がない場合は省略可能とのことです。

・経営方針の省略
直近の決算短信から重要な変更がない場合は省略可能とのこと。ただし、4年連続して開示を省略している項目については省略不可とのこと。
ただ、経営方針など明らかに定期的な適時性にはそぐわないかと思います。個人的にはわざわざ短信に載せんでも、「わが社のサイトを見てください」で十分なような気がします。

・「投資単位の引き下げに関する基本的な考え方及び方針等」、「親会社等に関する事項」は決算短信から分離。開示内容、時期については改めて公表する予定

「親会社等・・・」については、個人的に面白い(有益かどうかはともかく)開示であると思っていたので、短信から消えるのは残念。どういう形で開示されるのでしょうか。「投資単位・・・」は小さすぎても東証のシステムをぶっ壊すからだめという方針が出されたので書き方が変わるのでしょうか

・「連結財務諸表に関する注記事項」
重要性がないと判断した場合は省略可能とのこと。判断の定量的な基準は特に明示されていないので、会社の判断でいけそうです。どこまでやるかの難しい判断が迫られそうです。

・追加開示事項
特に明記されていないのですが、税効果会計や退職給付にかかる開示に認められていた、決算日から70日以内の追加開示制度については、何も記載がない以上廃止になったと考えてよさそうです。70日以内と言うことであれば、有報の開示の時期とあまり変わらないので、無意味だと言うことでしょう。今後は重要であれば早期に作成しなければならず、この面に関しては負担が増えそうですね。

・有価証券報告書提出予定日
ポイントには明記されていないのですが、様式(案)を見ると「有価証券報告書提出予定日」と言う項目がちゃっかり追加されています。有報の提出日は株主総会とそう変わらないところが普通かと思いますので記載に問題はないですが、半期報告書の提出予定日って発表時に決まっているのですかね?大幅に遅れると穿った見方をされたりして。

コメントの締め切りは8月16日だそうです。第1四半期決算が終了してやっと夏休みと言う中でコメントを提出する酔狂な方がどれだけいるかもまた興味深いところであります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

博多にて(7/31続き)

昼食:
博多といえば、ラーメンしか思いつかない発想の貧困さ。隙間時間に空港の書店でガイドブックを斜め読みするが、載っている店の数が多すぎてピンポイントで狙うのを断念。まあ、天神をぶらぶらしたらラーメン屋の一件くらいはあるだろうと思い、地下鉄へ。

外はうだるような暑さ。今年1番らしい。ホテルチェックイン前でもあり、決してお世辞にも携帯用とはいいがたいパソコンを抱えてる身としては、とてもうまそうな店を探し回って決断するという体力も精神力もなかった。一歩路地を入り込んだところに、うまくラーメン屋を見つける。黄色い看板だ。博多ラーメンと来れば黄色だとかつて武田鉄矢も言っていた。きっとこてこての博多ラーメンの店に違いない。

出てきたラーメン。うん?なんとなく趣が違う。見かけはこてこてのとんこつではない。スープをすする。ベースはとんこつのようだが、味は滑らかである。うん、これは横浜の家系の味に似ているかな。いや、下手な家系よりは確かに美味しいのであるが。そういえば、メニューを見た時に替玉がなかった。この時点で気づくべきであった。

ただ、博多くんだりまで来て家系とは。美味しかったのに何かむなしいものを抱えて次の仕事に向った。

郷家
http://members.at.infoseek.co.jp/gouya_ramen/
(店長の挨拶以降先に行けない?)

夕食:
3ヶ所目の仕事が終わり時は22時前。朝四時起きの体ではほぼ限界である。夕食はまだなので、軽くラーメンのリベンジか、福岡の旨いものでも食べてさっさと寝ようと思い、何気なく支店の人に聞いてみる。「この辺で夕食お勧めはないですかね」。ところが支店の人、何を勘違いしたのか別のフロアに電話し始めた「支店長!、KOHさんが飲みにいこうって言っています」

・・・そんなこと言っていないって。・・・
大体この時間に何でまだ支店長がいるのだ?

気づけば支店長行きつけの焼き鳥屋。うん、確かに安くて旨い。でも福岡の旨いものは・・・

未練を残して博多を去ることになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とにかく週末週明バタバタしていてネットにアクセスできずいつのまにか福岡市にいる件

7/28
オフィスの引越し。徒歩10分以内の別のビルへ。荷物運びは業者にやっていただくので私たちは荷物をまとめるのみ。現在の会社に所属して1年余りしかたっていないのに、書類が膨大な量にのぼる。
当日は5時に終了して定時退社厳守。5時には全員ネットも電話線も切断済、と思いきや一人だけ切っていない奴がいて、電話がかかってきた。そしてそれは社外監査役から私宛。週末の宿題をもらう。回りからは、最後まで仕事をしていたのろまな奴とののしられる。自分自身は真っ先に電話線を切ったのになぁ

この日の夜から登山に向かう予定。家族からは定時後速攻で帰宅するように指令を受けているので、強制定時退社後はビール一杯と焼酎水割り二杯にとどめ帰宅する。帰宅して、荷物をまとめさあ出発というときに思いもよらない事態が起こる。

7/29
前日まで友達と二人きりで泊りがけで出かけていた息子(以前の記事参照)。疲れていたらしいので、出発前に車に乗せて寝かせた。ところが、彼はキーをもったままロックをかけて寝入ってしまった。人為的なカギの閉じ込めである。とにかく彼を起こそうと家族総出(義母義父を含む)でワゴン車を揺らす、叩く、音を立てる。しかし、寝入ってびくともしないのである。深夜なので派手なことは出来ない。交替交替で車を揺らしているうちに、私の中でおとなしくしていたアルコールが騒ぎ出す。まず私がダウン。そのうち全員がリタイアして家の中で寝入ってしまう。目が覚めた順にまた車のところまで行き、ゆさゆさ、どんどん。結局彼が起きたのは午前四時。これからでは山へは向かえない。

結局いつもの自称プライベートキャンプ場(空地で野宿、と言う方が近いが)へ向かうことになる。
山梨方面に向かったが、昼はかなりの大雨に会う。きっと神様が息子に降臨して、山に生かせなかったのであろうと納得することにする。しかし、土日に激しい運動することを理由に、木曜夜以降とくにカロリー制限を設けていなかった私にとっては大誤算である。

7/30
カロリー過多状態を少しでも解消すべく、日帰りでも行ける山を目指すことにする。目指すは櫛形山。2000メートル級の山ではあるものの、車でかなりの標高まで登ることができ、実際には1時間程度登るだけですぐ頂上に到着してしまう。これに隣の裸山、アヤメ平などを縦走(ってほどのものではないが)して下山するコース。行き当たりばったりであるから、あまり難しいところは目指せない。ちょうどいいところか。

ただ、もともと起床が遅くなってしまったため、登山開始が遅れ、だらだら歩く上に、頂上で自炊などをしていると結局下山したのが15時半くらいとなってしまう。それから町営の温泉に入り、早めの夕食をとると時間は19時頃。この時間帯に中央高速に乗るのは自殺行為であるということに何故誰も気付かなかったのであろうか。

7/31
結局自宅到着は24時30分。運転手のカミさんはもちろん、助手席の私も(寝ていたとはいえ)くたくたである。しかし私は朝6時40分の羽田発のフライトに乗って福岡出張である。そしてそのためには近所のバス停5時20分発のバスに乗らねばならず、その準備のためには4時起きである。

そして朝一から仕事であり、現在(8/1朝)に至る。福岡でのことはまた別エントリで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 23, 2006 - July 29, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »