« August 6, 2006 - August 12, 2006 | Main | August 20, 2006 - August 26, 2006 »

国際的な会計慣行との整合性から会計処理変更(7/24 経営財務)

平成17年4月期から18年2月期決算に係る上場会社の「会計処理の変更」・・・事例は、188社・224件に上ることが弊誌の調べで分かった。

前エントリのネタとなった経営財務7/24号での記事。
気になったのをピックアップしてみよう。あくまで記事を読んだ上で変更内容が「気になった」ものであり、原典に当たったものではないので、気にするものではないかもしれない。念のため。

・表題どおり「国際的な会計慣行との整合性」を理由にリース会計、デリバティブ会計を変更しているのはドン・キホーテ。なぜこの会社が国際的な会計慣行にこだわる。世間が見えないと風車に突入するというわけか?

・開発費(費用処理→資産計上):アドバンスクリエイト
何だろう、いまどき。

・連結調整勘定の償却年数(5年→20年)アインファーマシーズ
これもなんだかなぁ。きっと中身が違うんだとは思うが。

・連結子会社の連結調整勘定の償却方法(20年間で均等償却→償却を実施せず減損の判定):アップルインターナショナル
ちなみにスティーブさんの会社じゃありません。
償却を実施せず減損の判定というのは、日本では認められていないので、海外の子会社なのでしょう。これは今だからそのまま連結できますが、じき日本基準に合わせなければないのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経営財務 7/24号 

先週まで夏休みであり、古い雑誌の回覧が今頃回ってくる。
備忘メモと当座の感想のみエントリ。あまり付加価値ないです。

・リース会計基準の試案への見解示す リース事業協会 例外処理規定には依然反対姿勢


元ネタは こちらと思われる(関係ないが、このサイトの前時代的なフレームは何とかならないものか)。リース会計基準試案と同時に出しているんですね。会計基準試案が出る前にあげたエントリが書きかけになっているのを思い出した。もう一回読み直さねば。

・アナリスト協「財務諸表の表示」改訂案に意見。


元ネタはこの辺の模様。「財務諸表の表示」とはIFRSの改訂案のこと。元の公開草案すら読んでいなかった。
アナリスト協会のコメントはざっと読む限り真っ当といえば真っ当。保守的といえば保守的。私もこの件に関してはきわめて保守的。


・中小企業の会計に準拠した計算書類作成会社は1割


元ネタはこの辺の模様。これも面白そう。原文読まずに記事だけから読み取ると、調査対象2万社で返ってきた回答が約4800社。そのうち中小企業会計指針を知っている会社が26.3%で、準拠している会社が10.6%。返答しない会社の状況は推して知るべし。なんといっても「税理士に一任しているから分からない」63.8%、というのが現状を表している。

それにしては決算書の信用力向上のために取り組みを行っている企業46.3%というのは高いが、その内容として「監査法人又は公認会計士による会計監査を受けている」が34.1%もある。ってことは15%近くは監査対象会社?いや、法定監査を受けることを「取り組み」というのかどうか。じゃあ任意監査をそんなに受けてる?そんなことはないですよね。やはり原文読まなきゃわからないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カロリーよ何様だ(8/14 日経夕刊)

ソニーさん?へえ、この秋から社員食堂のレジとコンピューターをつなげてグループ社員五千人ほどの摂取カロリーを記録し、食べ過ぎ社員には「教育的指導」ね。なるほど。

こんな会社やだ。
いや、社食にカロリー表示するのは大賛成。
でもそんなもの集中管理されてると思うと背筋が・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みすず監査法人の方へ、金子みすゞの詩など

わたしが両手を広げても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速くは走れない。

私が体をゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい

(金子みすゞ 私と小鳥と鈴と)

(新)みすず監査法人の皆様。
ぜひ、みんなとちがった、監査法人になってください。
嫌味でも皮肉でもなく、そう思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 6, 2006 - August 12, 2006 | Main | August 20, 2006 - August 26, 2006 »