« October 22, 2006 - October 28, 2006 | Main | November 12, 2006 - November 18, 2006 »

小ネタ

日経金融紙における、棚卸資産の評価方法を原価法から低価法へと切り替えたとの記事より

(某社)が低価法の早期適用に踏み切ったのは「今期、想定以上に利益が出るため、損失が目立たない(経理室)」から。

こらこらこら(笑)。社長がぽろっと本音を漏らしてしまったのならともかく、経理がこんなこと認めてしまったらいかんでしょう。まあ、誘導に引っかかってしまったんでしょうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイレクトレポーティングは不採用って?

前エントリで紹介した、企業会計審議会内部統制部会の資料ですが、あっという間に多くの方が目をつけており、toshiさんのところでは既に活発な議論がされています。しかし皆さん読むのが早い。お忙しい方々なはずなのに。100pもあると集中力のない私などは職場でも家でも読めず、スタバに場所を移して読みましたが、こちらはひそかに値上げされていたことに気づき・・・という今日この頃です。

そしてtoshiさんのところでもどなたかがコメントされていましたが、100pもある割には面白くない(笑)。具体的な実務指針を期待していたのですが、あまり具体的ではありませんね。教科書の延長線上みたいな書き方であり、これが出たからといって、実務対応ができるかというとできないでしょうね。結局現在進行しているSOX法の実務が下敷きになって動き出す、ということになるのでしょう。

まあ、考えてみれば実務に役立つような実務指針は100pというレベルではぜんぜん済まないでしょうから、そんなこと期待すること自体が間違っていたというべきでしょうか。

さて、実務指針でどのような記載になっているかを個人的に注目していた部分としてダイレクトレーティングの不採用のところがあります。ダイレクトレポーティング(DR)を不採用したことで企業側の負担をかなり軽くできる、というのがこの日本版内部統制の一つの売りだったはずです。

そして、このDRの不採用については識者からの批判があるわけで、やや古いですが9/30号の東洋経済の「専門家4氏に聞く日本版SOX論」という特集の中で2名がDRの不採用について手厳しい批判をしております。

まあ、私なんかよりはるかに実務に精通している方々だと思いますので、おそらくそうなのだろうとは思うのですが、どうも私にはそれがなぜ企業の負担軽減に繋がるのか、いまいちピンと来ていない部分があります。

DRというのは監査人が自ら企業の内部統制を評価して報告書に評価を記載することです。そして、日本ではそのような報告書の形を取らず、経営者の内部統制の評価について意見を表明すという形式をとるといわれています。

ありていに言えば、米国の内部統制監査報告書は「当該企業の内部統制は有効に機能している」という報告書になり、日本のそれは「当該企業の内部統制は有効に機能しているという経営者の意見は正しいと認められる」という報告書になります。

という形式の違いはわかるのですが、では経営者の報告書の適正性をどう判断するかというと、報告書を穴があくほど見つめたからといって適性性がわかるはずもなく、形式的に経営者にインタビューしてはい終わり、というのでは通常監査とは呼びません。仮にも監査と呼ぶからには監査人が自らサンプルを抽出して内部統制の有効性を判断する必要があります。

となると、行うべきことというのはDRを採用したか不採用かでいったいどこが違うのか、というのがよくわからないのです。サンプル抽出して実査するというのは同じですから。
そう考えると、DRであるかないかというのは直接企業の負担軽減とはあまり関係ないような気がします。関係あるのは経営者の報告書の適正性を監査するのにどこまでの厳密な手続きを求めるか、ひいては監査基準でどれくらいの事を定めるか、これがわからないと企業の負担軽減といは言えない、と思っていたわけです。

そういう意味で、今回の実務指針でそのあたりがどのような記載になっているか注目していました。では今回どう書いてあったか、については力尽きましたのでまた次回とします。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

内部統制実施基準案?

討議の資料がいつの間にか金融庁のサイトにUPされております。
議事録がまだ公開されていないので草案へどれくらい変わるのかは未知数ですが。
取り急ぎ備忘のため。

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/siryou/naibu/20061106.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

また休暇をいただいていました

すみません、またブログに長期間穴を開けてしまいました。

このブログでは、監査法人の交代とか、会計処理の変更とかで、いろいろな会社を揶揄してきました。基本的には二重責任の原則にたって、財務諸表は経営者が作成するもの、会計監査人はそれを監査するもの、という立場から、いろいろおかしいところがあってもそれは経営者の責任という考え方で書いてきたつもりです。そしてそういった事象を予想しうまくソフトランディングさせるのが、会社側の経理のミッションの一つなのだなと思ったりしていました。

しかしながら、こちらがそういったプロ意識を発揮しようとしても、相手方にそのプロ意識が希薄だったり、それを担う能力がなかったりしたら・・・

財務諸表に関していろいろ世間を騒がしている事情については、監査法人側の立ち回りが悪いせいで起こってる部分もひょっとしたらけっこうあるのかななどと・・・

という、自分の身に降りかかった火の粉を払いのけながらいろいろ考えておりました(当然詳細は書けないわけですが)ため、書く気が起こらなかったというのが近況でございます。

降りかかる火の粉も払いきれることになりそうなので、またぼちぼち書き始められればなと考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 22, 2006 - October 28, 2006 | Main | November 12, 2006 - November 18, 2006 »