« February 12, 2006 - February 18, 2006 | Main | February 26, 2006 - March 4, 2006 »

ライブドア 粉飾、会計士が関与(2/23 日経夕刊)-訂正

一つ前の記事の訂正です。

ライブドアの証券取引法違反事件で、2004年9月期の連結決算の粉飾に伴う不正な経理操作を、同社の経営企画室管理本部を担当する女性執行役が公認会計士に指示していたことが23日、関係者の話で分かった。

この次に以下の記載がありました。

横浜市のコンサルタント会社社長を務めていた会計士は、以前はライブドアの監査を担当するなど関係が深かったといい、執行役の指示に従って子会社化予定の二社の預金付け替えを実行したとされる

見出しの「会計士」ってのは、「会計監査の担当をしている会計士」ではなくて「会計士の資格をもった従業員(あるいは業務受託者)」であったのですね。「会計士が関与」?、うーん、日本語として間違いじゃないかもしれないけど・・・

まあ、よく読まなかった自分も悪いのですが。

というわけで、1つ前の記事は訂正させていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライブドア 粉飾、会計士が関与(2/23 日経夕刊)

ライブドアの証券取引法違反事件で、2004年9月期の連結決算の粉飾に伴う不正な経理操作を、同社の経営企画室管理本部を担当する女性執行役が公認会計士に指示していたことが23日、関係者の話で分かった。

某アルファブロガーが顔つきで掲載されている23日の日経夕刊。その一面記事です。

ところで、「執行役が公認会計士に(経理操作を)指示」というのはいったいどういう行為を指すのでしょうか?粉飾決算に対する会計士の態度として「見て見ぬふり」とか「やり方について助言」とかなら分かるのですが、会社の指示を受けて「不正な経理操作を実行」いるというのであれば、そもそも記帳から会計士がやっているということですね。

ライブドアの監査報告書にはこうあります(どこの会社もそうですが)

この連結財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある。

監査法人は意見の表明をするだけで、実際の財務諸表の作成に手を出してはいけないんですよ。たとえ正しい決算であっても。

まあこういう会社は結構あるのだろうと推測はしますが、「内部統制」を論ずる以前の状態ということになりますので、内部統制監査制度が導入されますと一波乱ありそうですね。

あと、どうでもいいことなのですが、なぜ「女性」執行役なのでしょう?女性であることを記載する意味はいったい何?いまどき。

(追記)
一部削除させていただきました。理由は次のエントリにて

| | Comments (0) | TrackBack (1)

欧州上場企業の株価形成 国際会計基準の影響強く(2/21 日経金融)

雑感ということで。

国際会計基準(IAS)が欧州企業の株価形成へ影響を強めている。民間調査では機関投資家の二割強がIASに基づいた業績データを受け、保有株を売却したと回答。株価が乱高下するケースも目立つ。今後〇五年度決算発表が本格化するため、欧州市場の波乱要因になる公算も大きくなっている。

欧州の事情にはあまり明るくないのですが、今後05年度決算発表が本格化というのは日米の感覚からはずいぶん遅いような気がします。それとも、監督官庁に有価証券報告書のようなものを提出するのが今後本格化ということでしょうか?

大手監査法人プライスウォーターハウス・クーパースが欧州の株式運用担当者百八十七人に実施したアンケートでは、IAS導入で五九%が企業実態の透明度が高まっていると回答した。とくにIASに比べて年金債務など開示義務が緩やかだったイタリアやポルトガルの投資家から透明度向上を評価する回答が多かったという。

6割程度なんですね、高まっていると答えた方は。意外と少ないような。あとの4割は変わってないか、悪化ということなのでしょうか。それとも4割はまだ戸惑っている段階ということなのでしょうか。

ただ、影響の表れ方は個別企業で違いが大きい。昨年十一月末にIASベースの〇四年度決算を開示した英家庭修理サービス大手のホームサーブ株は逆に急騰した。合併会計の処理の違いから英基準の赤字から黒字に浮上したからだ。

とりあえず貼っておく

現在眠くて英語読む余裕なし。

アンケートでは二四%がIASの知識に乏しいと回答しており、当面は決算データの解読にとまどう投資家が広がる公算がある。

グラフを見ると逆に12%が強い自信、64%が自信ありと答えており8割弱は自信を持っている模様。なかなか自信家のアナリストたちなのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今、、いろいろあって私明日から連絡できなくなっちゃうと思うから…今日お願いなんです

もう最後かもしれないから…お願いします。。

早く最後にしてくれ>伊藤晶子

(追記)
伊藤晶子さんと縁がない方へ
下記あたりを参照ください。
http://3amop.jugem.jp/?eid=490#sequel
http://www.us-vocal-school.sakura.ne.jp/weblog/music_life/archives/000289.html

ぜんぜん最後にならず、今日も8通きました・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

会社計算規則 P/Lに「包括利益」事項の表示を容認

会社計算規則 P/Lに「包括利益」事項の表示を容認

3本の法務省令のうち、会社計算規則には、計算省令案のほか、会社法施行規則案・組織再編省令案・持分会社省令案等における計算関係規定がまとめられた。

・・・

このほか、「損益計算書等に包括利益に関する事項の表示を容認している(126条)」ことや、「繰延資産の限定列挙が消滅した」点が注目される。

会社計算規則、ただいま格闘中であります。といっても直接は緊急性を要しない仕事でありますので、職場ではできずに、日曜の2時間くらいを使って細々と読んでいるだけなので一向に進みません。いやパブコメはもちろんのこと、会社法の計算規程すらろくにフォローしていないので余計に時間がかかるのですが。
(しかも組織再編関係と、LLC関係は後回しにしているのになかなか進まない)

さて、先週読んでてびっくらこいたのがこの条文

第百二十六条 損益計算書等には、包括利益に関する事項を表示することができる。

「包括利益」って何?いやそれなりに知っていますけどね。ただ公の文書に出てきたのは初めてではないかと。少なくとも正確な定義はないですよね。パブコメにこんなのありましたっけ?

あ、ひょっとしてこれですか?

8.包括利益(comprehenseive income)とは、特定期間における純資産の変動額のうち、報告主体の所有者である株主、子会社の少数株主、および、将来それらになりうるオプションの所有者との直接的な取引によらない部分をいう。

しかし、これってあくまで討議資料ですよね。この定義でいいの?
実際には、当期利益に「評価・換算差額」の増減を加えたものになるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無題

特に通常と比較して忙しかったわけではないのですが、どうも筆が進まず、休日にまとめ書きする気力もなく、先週分は休載とさせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 12, 2006 - February 18, 2006 | Main | February 26, 2006 - March 4, 2006 »