« February 4, 2007 - February 10, 2007 | Main | March 8, 2009 - March 14, 2009 »

IASB-FASB ディスカッションペーパー 「顧客との契約における収益認識についての予備的見解について」

http://www.iasb.org/Current+Projects/IASB+Projects/Revenue+Recognition/Discussion+Paper+and+Comment+Letters/Discussion+Paper+and+Comment+Letters.htm

IFRS導入する際に一番混乱するのが、この収益認識だと思います。どうも日本とは違うらしい、でも日本基準もIFRSも文言上多くを語っているわけではない。何をどうしたらIFRSに組み替わるのか、つかみどころがないように思えます。

それは今後IFRSの採用に動きつつある米国でも、あまり語らないIFRSに戸惑っているように見えます。なにしろ、米国には「収益認識」といった一本の基準がない代わりに、いろいろなところに収益認識の基準が見え隠れしていて、Rule basedの名に恥じずとにかく細かい。これまた全貌が掴みにくいものであります。

そのような問題意識から、米国FASBとIASBは共同で収益認識の基準作りに取り組んでいます。昨年の12月にでたこのディスカッションペーパーはその中間報告とでもいえるものかと思います。出たのは知っていたもののサボって読んでいなかったのですが、経営財務2/23のASBJ豊田氏の論考がわかりやすく(といってもマニア向けには、という話ですが)まとまっていましたので、それをさらにかいつまんで生きたいと思います。

まず問題意識として、米国に対しては「稼得過程」に問題があるとのことです。「稼得」とは、日本で言う「実現」と捉えれば当たらずしも遠からずといったところだと認識しているのですが、この「稼得」の意味合いと「資産および負債の増減」の関係があいまいであり、それが100種類以上もの収益認識ガイダンスを生み出している、ということのようです。一方IFRSに対しては、いろいろ書いていますが、要は「指針が少ない」というところに尽きるようです。米国からしてみればよくこの少ない条文数でワークしているのか分からない、といったところなのでしょう。

これらの問題点の解決策として提示されているのが「資産負債モデル」という考え方であり、ざっくり自分流にまとめると以下の通りかと思われます。

・ 企業は顧客と契約したときに対価を請求する権利を得るとともに、財やサービスを顧客に提供する義務を負う。
・ 上記の権利と義務を測定し、その純額ポジションが貸借対照表に計上される。
・ 契約資産が増加するか、契約負債が減少することにより、純額ポジションは借方側に計上され、その貸方勘定として収益が認識される。それは通常、企業が義務を果たし、負債が変動することによって生じる。
・ 提供すべき義務は、いろいろな要素に分解可能である。契約当初にそれぞれの要素に対して対価の額を配分しておく。義務が履行されるたびに、配分した金額の収益が計上されることになる。

シンプルといえばシンプルなのですが、権利と義務、特に義務の測定って??という感覚に陥ります。論考はこれから詳解に入っていきますが、ひとまずこの稿はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GMのGoing Concern

http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/40730/000119312509045144/d10k.htm#toc75433_20

延々3ページ半、長くて途中で読む気が失せました。
日本じゃ考えられない長さですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

〔焦点〕世界的に広がる時価会計への緩和圧力、日本の国際会計基準の導入に影響も


やや古い記事ですが、


:ただ、公開草案を詳細にみると、2010年3月期からの選択適用については「情勢を見極めた上で判断する必要がある」と表記しており、2012年の義務化 の判断時期についても「1つのめどとして考えられるが、諸情勢で前後し得る」と先送りの可能性も示す。さらにパブリックコメント期間は2カ月間。通常の1 カ月に比べると長く、慎重な姿勢が目立っており、金融庁は「世界情勢を見極める必要がある」として導入スケジュールには神経質だ。

まあいつものことです。良くも悪くも欧米の顔を見ながら進路を決めております。これを欧米追随と笑う人たちは、独自性を出して異なった会計基準を定めた瞬間に、遅れた会計基準だといってまた笑います。実務サイドとしては、もう下手な独自性を出されるよりは、さっさと追随を決め込んだほうが楽、という心境になりつつあります。


:しかし、発足に向けた最終確認作業で、欧州委員会域内市場・サービス担当のマクリービー委員の署名だけが得られていない状況で、発足時期については見通し が立たないという。

ほう。これは知りませんでした。IASBのBoardの上にはTrustee(評議会)という組織がありBoardの首根っこを押さえていたのですが、さらにその上に政府系の屋上屋を重ねようというのが、モニタリングボードという組織です。すんなり発足したと思っていたのですが、もめているんですね。米と欧のコンバージェンスは、見えるところではちゃんと握手をしながらテーブルの下で足をけりあっている、という印象です。それでもここまで進んできたんだからたいしたものだと言えるのでしょうが。

:時価会計ルールの適用緩和で大きくかじを切っているのは、欧州だけではない。米国は、国際会計基準を2014年以降に段階的に受け入れるかどうかを 2011年に最終判断するとの「工程表(ロードマップ)案」を公表しており「受け入れに転じた」とみられていたが、風向きが大きく変わる可能性が出てい る。

ロードマップのコメント募集期間が延長されており、こうしたことからもオバマ政権のIFRSに対する政策変更の可能性について取りざたされているようです。まあ、こうやって米欧がちゃんばらをやっている間にしっかり勉強して準備しないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【映画】男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(第13作)

(2/28 川崎チネチッタ)

さて、いよいよ、また吉永小百合。2年前に結婚した旦那をあっさり殺しての再出演。

しかし第9作および本作で感じるのは、映画のなかに、ピーンと張った緊張感みたいなものである。これが吉永小百合という女優に帰属するものなのか、あるいは歌子さんというキャラクターに帰属するものなのか、判別しかねるのであるが、第9作で寅が歌子さんと二人でいるときの緊張感に耐えかねて草団子の素を粘土細工さながらにこねくり回してしまうシーンや本作のタイトルにもなっている「恋やつれ」のシーンに表れているように見える。そう。「恋」やつれとではない。この人のためになにかしなければならない、という無言の圧力を吉永さん、いや歌子さんが持っており、それに応えようとすることで寅はやつれ、そして歌子さんが父親と和解し、施設への就職が決まり、全ての問題が解決すると、寅はほっとすると同時に、役割を終えた寂寥感に包まれる。

ただ、その緊張感がほぐれた一瞬に出た言葉「浴衣、きれいだね」。このひと言で映画全体が淡い恋愛風味に染まっていき、観る側の緊張感もほぐしていく。こういう自然に女性をほめる言葉というのは、このシリーズでありそうで、実はあまりないのでは?

というように、歌子さんに対する失恋色は薄い。逆にその役割を担わされているのが高田敏江さん扮する絹代さん。わざわざ島根までさくらと社長を連れて失恋劇を演じてしまうまでのくだりでいつもどおりのどたばた劇が見られる。ただ、失礼ながら美形ではない絹代さんに岡惚れしてしまった過程があまり描かれていないので、いまいちこの失恋にも(このシリーズにおいての)リアリティが感じられない。

というわけで、全体的にタイトルとは裏腹に恋愛色が薄い、自立と和解をテーマとした人間ドラマとして観るのが正当なのであろう。

そして、観終わった後帰りの駅では、約35年後の歌子さんの張りぼてが微笑んでいたのでした。

それ以外を箇条書きで
・ 夢オチでは顔を見せない寅の嫁さんが登場。目覚めた電車の中で迷惑がっているのが吉田義夫さん。夢にリアルにと忙しい人である。
・ 島根を去るさくらと社長のシーンで、駅で延々と流れているのは学校のブラスバンド。曲はなぜかタイケの「旧友」。下手くそさが非常にリアル。もとホルン吹きにとってはひたすらしんどい曲である。
・ そして津和野で流れていたのは桜田淳子・・・
・ 吉永さん、声だけのシーンですぐ分かる。すぐにでも「シャープの液晶」などといいかねない声色。
・ 寅が恋やつれなら博は労働やつれなのだそうだ。おそらく博より労働時間の長い私は一向にやつれない・・・
・ 諏訪家で歌子さんに頭をなでられたり、抱っこされたりの満男。この中村はやと君、当時そうとうやっかまれたのではなかろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川崎チネチッタ24作連続上映

これを期にちょっと完走してみようかなと思い立ったわけです。

現在第13作まで進んでいますが、皆勤しております。
途中4作歯抜けしているのですが、うち3作はDVD観賞で追いついております。
今後決算期に入りどこまで皆勤できるか分からないのですが、出来るだけついていきたいなと思っています。いまでは週一回の貴重な娯楽です。

今後は本件に関して書き溜めたものを少しずつUPして行こうと考えています。
会計ネタばかりでは私が疲れますからね。


----

<『男はつらいよ』40周年記念上映>
みんなで笑ったり、みんなで涙したり。

1969年の第1作公開から約40年間に渡り日本中で親しまれてきた国民的シリーズ「男はつらいよ」。全48作を通して描かれた下町の暖かい人情 や美しい日本の風景、また愛すべき主人公"寅さん"がマドンナと織りなす切ない恋模様は、われわれ日本人の心に沁み、ときに笑わせ、ときに涙させ、励ま し、力づけてくれました。今回の特集では、記念すべき第1作「男はつらいよ」から、最高傑作の誉れ高い第25作「寅次郎ハイビスカスの花」、シリーズ最終 作品となった「寅次郎紅の花」まで、全48作品中24作品をニュープリントの美しい映像で上映します。

【日程・上映作品】
1/1(祝)~1/9(金) 第1作 『男はつらいよ』
1/10(土)~1/16(金) 第2作 『続・男はつらいよ』
1/17(土)~1/23(金) 第5作 『男はつらいよ 望郷篇』
1/24(土)~1/30(金) 第6作 『男はつらいよ 純情篇』
1/31(土)~2/6(金) 第7作 『男はつらいよ 奮闘篇』
2/7(土)~2/13(金) 第8作 『男はつらいよ 寅次郎恋歌』
2/14(土)~2/20(金) 第9作 『男はつらいよ 柴又慕情』
2/21(土)~2/27(金) 第11作 『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』
2/28(土)~3/6(金) 第13作 『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』
3/7(土)~3/13(金) 第14作 『男はつらいよ 寅次郎子守唄』
3/14(土)~3/20(金) 第15作 『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』
3/21(土)~3/27(金) 第17作 『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』
3/28(土)~4/3(金) 第19作 『男はつらいよ 寅次郎と殿様』
4/4(土)~4/10(金) 第21作 『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』
4/11(土)~4/17(金) 第22作 『男はつらいよ 噂の寅次郎』
4/18(土)~4/24(金) 第25作 『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』
4/25(土)~5/1(金) 第26作 『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』
5/2(土)~5/8(金) 第27作 『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』
5/9(土)~5/15(金) 第29作 『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』
5/16(土)~5/22(金) 第32作 『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』
5/23(土)~5/29(金) 第35作 『男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』
5/30(土)~6/5(金) 第42作 『男はつらいよ ぼくの伯父さん』
6/6(土)~6/12(金) 第46作 『男はつらいよ 寅次郎の縁談』
6/13(土)~6/19(金) 第48作 『男はつらいよ 寅次郎紅の花』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳩山総務相「国辱もの」 旧東京中央郵便局を視察

鳩山総務相「国辱もの」 旧東京中央郵便局を視察

:鳩山邦夫総務相は2日、再開発工事が進んでいる東京駅前の旧東京中央郵便局を視察し、重要文化財の価値がある建物を「米国流の利益追求主義で壊してきたのは国の恥だ。国辱ものだ」と語った。日本郵政の全株式を保有する株主として、再開発の中止を求めていく考えを改めて示した。

つまり、
「米国は利益追求主義で文化に敬意を払わない恥ずべき国である」
と、そういうことをおっしゃっているんですよね、大臣殿

なぜ失言扱いされないのかが不思議・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

【書籍】国際会計基準で企業経営はこう変わる(高浦英夫監修 東洋経済新報社)

高浦さんはあらた監査法人の理事長さんです。したがって、実際に著しているのはあらた監査法人、あるいはPWCに属している会計士さんたちです。

日本の基準と比較して、あれが違う、これが違うといった経理専門家向けの話題ではなく、今世界で起きている動きと、それに対して日本がどう対応しているかを見る上では手っ取り早い書き方になっています。経理担当者ではなく、経営者や教養として知りたい方にはお勧めかと思います

ただ、忘れてはならないのは、この方々も最終目的は商売であります。それが最後の章が「・・・PWCができること」となっているので明確であります。そのため危機のあおり方については内部統制狂想曲の時代の教訓を踏まえ、冷静に読んで行く必要があります。共著ですので、同じことが何度も書いてあり、意図しているかはどうかはともかく、危機が繰り返し植えつけられる構成になっています。とくにリーマンがIFRSではなくUSGAAPだから救済が遅れたかもしれない、みたいな書きぶりはいくらなんでも筆が滑りすぎかと思います。経理専門書を読み解く力がある方はある程度眉に唾をつけて読む必要があるかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

留保金を雇用対策に?

「ビジネス法務の部屋」

:私が疑問に思いますのは、これほど世間で「企業価値」が話題となっている今こそ、「継続事業のお値段とはこういったもの」というMAご専門の方々の意見が 日本中に広まるのではないか、(もしくは国民が耳を傾けるのではないか)と期待するのでありますが、ほとんど聞こえないのであります。

私もそう思っており、鳩山総務相が何を言っているのか、そしてこのかんぽ問題の論点が未だに理解できておりません。さりとて、この問題に口を挟むには役者不足ですし、ある程度の反論の記事も出始めているようにも見えるので、私はもっと単純な分野にて。


http://www.asahi.com/politics/update/0109/TKY200901090127.html
:また、製造業の派遣切りも論議になり、与謝野経済財政相は「人を安く使おうという傾向が企業に見られるのは残念だ。何兆円の内部留保を持っているところが職を簡単に奪うのはどうか」と述べ、トヨタなどの大企業を念頭に雇用不安を招いている企業側の姿勢を批判した。

いつの間にやら財務大臣にまでなってしまった与謝野氏のこの発言ですが、経理的には違和感ありありです。政治家の方々は内部留保というと、金塊でも隠し持っているようなイメージでも持っておられるのかもしれませんが、もちろん内部留保というのはそういうものでありません。
この文脈で内部留保が語られる場合、金額が多岐に渡っており、定義もあいまいなことが多いです。が、おそらく「利益剰余金」と同値と捉えている方が多いように見えますので、まずその前提で話をします。経理用語としての利益剰余金は大雑把に言うと以下の概念でしかありません。

(当期末累積利益)-(既配当金額)

つまり、儲かったけど「まだ」株主に配当していない金額、が利益剰余金です。たとえその金が機械装置や棚卸資産に代わっていたとしてもそれは利益剰余金としてカウントされたままです。あくまであといくら配当できるかを示す概念に過ぎません。株主は会社に配当を要求する権利がありますから、こうした機械装置や棚卸資産を売り払ってまで配当を要求する権利があるわけです。内部留保を取り崩して雇用を確保しろという議論は、極端に言えば会社の資産を売り払って従業員に分配しろという議論に等しいわけです。まあそれは言い過ぎにしても、現在の内部留保は事業の前提となっており、内部留保を直接利用しようとした場合、一部の事業の継続に影響してくるわけです。まずこの点を理解していらっしゃらない議論が大部分のようにお見受けします。

もう少し進んだ議論では、利益剰余金があるのだから、まだ会社が潰れるまでは行かないであろう、という議論です。つまり雇用維持をした場合はこれからの年度でも人件費がかさんでくる。そうした場合は、損失が膨らむ。その結果として利益剰余金が減少するが、その利益剰余金はまだ枯渇するまでは至っていないのだから、それまでは雇用維持を優先すればいいのではないか、という意見です。こういう議論であればある程度理解できます。

しかしながら、これとて資金繰りが続くことが前提となっています。人件費減少を織り込んだ決算でもすでに今期から大企業での大幅赤字決算が予想されている中、必要なキャッシュが今後とも調達できるとは限りません。今後の配当余力が不明で利払いもどうか分からない企業には銀行も投資家も金を出してはくれません。利益剰余金があったところで、その分キャッシュが無尽蔵に出てくるわけではないのです。

現在の派遣切りの実態、いや、正社員にまでそれが忍び寄っていることについての賛否についてここで述べません。しかしながら、利益剰余金の厚みがあるから雇用吸収能力がある、といった単純な見方には、経理の立場からして組するわけには行かないのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 4, 2007 - February 10, 2007 | Main | March 8, 2009 - March 14, 2009 »