« March 29, 2009 - April 4, 2009 | Main | April 12, 2009 - April 18, 2009 »

Framework for the Preparation and Presentation of Financial Statements (財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク)その5 財務諸表の構成要素の認識 、財務諸表の構成要素の測定

以前も書いたとおり「認識」とは記帳し、財務諸表に表示することですが、大原則として、以下の2点が述べられています(para.83)。

・ 当該構成要素(つまり資産、負債など)にかかわる将来の経済的便益が企業に流入(企業から流出)する可能性が高い。かつ、
・ 当該構成要素の原価または価値が信頼性をもって見積もることができる。

この原則が資産、負債、収益、費用のそれぞれの項目について貫かれています。

ちなみに資産のところでは、「資産は将来の経済的便益の流入の可能性が高くなり、資産の原価または価値が信頼性をもって見積もることができるようになったときに貸借対照表上認識する」と(para.89)している一方、収益(income)のところでは「収益(income)は資産の増加または負債の減少に関連した将来の便益の増加が発生し、それが信頼性をもって見積もることができるようになったときに損益計算書で認識する」(para.92)としており、ここでも資産負債を先に決定し、それにより損益項目を決定する原則を見ることができます。

そして、その項目を「認識」する際に、いくらで認識するか、すなわち「測定」の問題については、現在いろいろなものが使われているとして、次の4つの測定属性を挙げています(para.100)

・ 取得原価(Historical Cost)
取得時に支払った現金およびその同等物もしくは取得時に交換した対価の公正価値にて測定する方法。
・ 現在原価(Current Cost)
現時点で同じ資産を取得すればいくらかかるかで測定する方法
・ 実現可能(清算)価値(Realisable (Settlement) Value)
現時点で当該資産を処分すればいくらもらえるかで測定する方法
・ 現在価値(Present Value)
将来のキャッシュフローを現在の価値まで割り引いた価格で測定する方法

この中では取得価額がもっとも普遍的であるが、他の方法と併用して使用されている、としています(para.101)。このフレームワークが制定されたのはまだ1989年。まだ、いわゆる「時価」というものが測定属性としては前面に出てきていなかった時代であり、そのため現在価値よりも取得原価が優勢だった、ということかもしれません。米国で減損会計が出てくるのも、デリバティブの時価評価というのが出てくるのもまだしばらく先のことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Framework for the Preparation and Presentation of Financial Statements (財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク)その4 財務諸表の構成要素

財政状態に関連する要素としては次の3つが挙げられています。

・ 資産(asset)
資産とは企業によって支配されているリソースであり、過去の事象の結果から発生し、将来の経済的便益の流入を企業にもたらすものである(para.49(a))。

・ 負債(liability)
負債とは企業の現在の義務であり、過去の事象から発生し、将来の経済的便益の流出を企業にもたらすものである(para.49(b))。

・ 資本(equity)
資本とは企業の資産から全ての負債を控除した残りである(para.49(c))

資本について身も蓋もないことが書かれていますが、まさにこれこそがIFRSの特徴であるとも言えましょう。少なくとも日本の商法時代から経理業務に勤しんでいる者にとってはなかなかなじみにくいところです。

また損益計算書にかかわる項目については以下のものが挙げられています。

・ 収益(Income)
収益(income)は1会計期間における経済的便益の増加であり、流入もしくは資産の増加、負債の減少という形をとり、その結果として資本が増加するものである。ただし、出資によるものは含まない(para.70(a))
収益(income)は狭義の収益(revenue)と利得(gain)に区分され、狭義の収益は通常の事業活動から発生するもので、利得はそれ以外の収益である(para.74-75)。

・ 費用(Expense)
費用とは1会計期間における経済的便益の減少であり、流出もしくは資産の減少、負債の増加という形をとり、その結果として資本が減少するものである。ただし、出資者への配分は含まない(para.70(b))
費用は損失(loss)と、通常の営業活動から生じた費用に区分される(para.78)

これらの書き方も、一般的には資産・負債の残高を決定し、その増減によって利益を計算する原則として捉えられています。「資産・負債アプローチ」と言われるものでしょう。現在手元に詳細な文献がないため、ここでの深入りは避けますが、学者になろうとしているのでなければ、この程度の理解で十分かなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Framework for the Preparation and Presentation of Financial Statements (財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク)その3 財務諸表の質的特徴

財務諸表の質的特徴として、以下のアイテムが挙げられています。

「理解可能性」Understandability
とにもかくにもユーザーに理解されない財務諸表では意味がない、というのはある意味当然です。しかしながら、その一方で「理解するのが困難なものであっても、意思決定の目的のために必要であれば、困難であることだけをもってそれを排除してはならない」(para.25)とも言っています。バランスの問題だということでしょうが、どうもそのバランス、どんどん崩れていっているような気がしてなりません(私見)

「目的適合性」Relevance
利用者はある目的をもって財務諸表を読むのですから、その目的に適合したものではないとそれは意味がないわけです(para.26)。それらの情報、例えば現在保有する資産の金額というのは、将来発生する現金を予想するのに有益な情報であるとともに、過去に行われた予想を検証するのにもまた有益な情報である、といったように、財務諸表というのは過去の情報でありながら、予測的役割と確認的役割といった2つの相互に連関した役割があるとしています(para.27)。
なお、この文脈において「重要性」Materialityについても述べられています。情報の目的適合性はその情報の内容とその重要性に影響されます(para.29)ただし、それは質的特徴というよりも、単に境界線(threshold or cut-off point)であるに過ぎない、といわれています。特徴ではなく、境界線。ニュアンスが難しくて上手く解説ができません・・・

「信頼性」Reliability
有用であるためにはその情報は信頼性のあるものでなくてはなりません(para.31)これも当たり前。それを、以下の要素に噛み砕いて説明がされています。

・表現の忠実性Faithful Representation
取引や事象を忠実に表現しなければならない、ということ(para.33)。

・実質優先Substance over Form
取引の法的形式よりも、その実質を見て会計処理および表示をする、という原則(para.35)。資産の売却の形式があっても、その資産に対する支配が継続している場合は、売却を認識してはいけない、ってのがその例。

・中立性 Neutrality
情報にバイアスがかかっていてはいけません、ということ(para.36)。

・慎重性 Prudence
財務情報にある程度の不確実性が入るのは不可避であるが、資産や収益をかさ上げしたり、費用や負債を過少計上しないように慎重になりなさい、ということ(para.37)。ただし、
同時に、過剰な引き当てをしたり、資産や収益を過少計上してもいい、といっているわけではない、と釘もさしています。

・完全性 Completeness
情報に漏れがあってはいけません、ということ(para.38)

「比較可能性」Comparability
財務諸表の利用者は同一企業間の時系列の比較をするとともに、異なる企業間の比較も行います。したがって、同じような会計事象は同じように処理される必要があるということです(para.39)。ただし、一方でこの必要性は、単なる統一を意味するものではなく、またこのことが新たな会計基準の導入の障害になってはならない、としています(para.41)
単なる統一を意味するものでない、というくだりが謎ですが、当時の国際会計基準はいろいろと代替的処理を認めているものが多かったですから、そのあたりを考慮したものなのかもしれません。

「情報の目的適合性と信頼性の制約」
目的に適合した信頼性のある財務諸表を作成するのが最終目標ですが、そのための制約も考慮しなければならないということです。ここでは以下のアイテムを挙げています。

・ 適時性 Timeliness
完璧な財務諸表であってもそれが2年後に出てきたのでは目的適合性が著しく低下します。

・ コストベネフィット Balance between Benefit and Cost
金をかければいくらでも財務諸表は完璧になりますが、1円の精度を上げるために百万円かけるのは意味ないでしょう?ということ。

・ 質的特徴の項目間のバランスBalance between Qualitative Characteristics
いままで述べてきたものが全て両立しないこともあります。そのあたりのバランスは専門家の判断の問題だということです(para.45)
「真実公正な概観または適切な表示」True and Fair View/ Fair presentation
財務諸表というものは「真実公正な概観」を備えている、ということです(para.46)。これがUSGAAPにはないIFRSの特徴として重要だという説もあります。ただ私には、当たり前のことにしか見えませんし、表現の忠実性Faithful Representationとの違いが理解できないのであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Framework for the Preparation and Presentation of Financial Statements (財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク)その2 財務諸表の目的


このフレームワークでは財務諸表の利用者として、主に以下を想定しているようです。投資家、従業員、金融機関(すなわち金貸し)、取引業者およびその他の信用取引の相手方、顧客、政府とその機関、公衆、などです(para.9)。そして財務諸表の目的とは「企業の財政状態、経営成績および財政状態の変動について広い範囲の利用者が経済的判断をする上で有益な情報を提供することにある」としています(para.12)

その上で、財務諸表の利用者が行う経済的判断は、企業が現金及びその同等物を創出する能力と、その時期と確実性についての評価を必要とする、とし(para.15)、その文脈において「財政状態」「経営成績」「財政状態の変動」が有用であるとしており(para.16-18)、その情報は「貸借対照表」「損益計算書」そして「別個の計算書」にて提供される、としています(para.19)。またここでいう財務諸表には注記やその他の補足情報を含む、としています(para.21)

つまり、財務諸表というのはいろいろな方が利用されますが、一番の興味の対象として「現金の創出能力」、ありていに言えば、将来どれだけ金を稼げるか、というのがもっとも有用な情報であり、その情報を導き出すために、キャッシュフロー計算書を含めた現在の財務諸表(そして注記情報等)がある、ということでしょう。

またそのような財務諸表の目的に適合するため、発生主義の原則が採用されています(para.22)。また将来どれだけ金を稼げるかが目的ですから、当然将来も企業が継続することが前提となっており、その前提が崩れた場合は、別の原則において財務諸表を作成することになっています(para.23)。いわゆる「ゴーイング・コンサーン」の前提ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Framework for the Preparation and Presentation of Financial Statements (財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク) その1 全体像

概念フレームワーク。誤解を恐れず簡単に言えばIFRSの憲法というべきものでしょう。実務的にはあまり役に立たないものですが、諸事情によりブログ主が本文を読まなくてはならなくなりましたので、勝手ながらまとめ用にブログを使わせていただきます。また、これから今週一杯プライベートではwebから隔離されてしまいますので、数日はこのネタでいかせていただきます。

なお、手元に邦訳はありません(個人で買うには高いんで・・・)。したがって、以下はブログ主の適当訳ですので、公式のものとは異なっていると思います。ご了承ください

まず構成は以下の通りとなっています

・ 序文(Preface)
何のためにこの文書を作成したか、ということですね。

・ 総論(Introduction)
全体像について述べている部分です。「目的と現状」「範囲」「利用者とその情報ニーズ」の項に分かれています。

・ 財務諸表の目的
「財政状態」「経営成績」「財政状態の変動」について述べています。

・ 基礎となる前提
「発生主義」および、最近何かと話題の「継続企業(Going Concern)」について扱っています

・ 財務諸表の質的特徴
「理解可能性」「目的適合性」「信頼性」「比較可能性」「目的適合性と信頼性の限界」について論じています。さらにその過程で「重要性」「表現の忠実性」「実質優先」「中立性」「慎重性」「完全性」「即時性」「コストベネフィットのバランス」「質的特徴間のバランス」などの特徴について述べています。

・・・なんだか分からないですね。これはまた改めて。

・ 財務諸表の構成要素
「財政状態」が何でできているか、といえば「資産」「負債」「Equity」うーん、とりあえず「資本」と訳しておきますがそれらの構成要素について記載されています。そして「Performance」これも「経営成績」と訳しておきますが、その構成要素である「収益」「費用」「資本維持修正」に分けて記載しています。「資本維持修正」って何?って所ですがそれもまた別途。

・ 財務諸表の構成要素の認識
上記で論じた各構成要素が、財務諸表に表記されること、これを認識(Recognition)といいますが、認識の時点がいつになるかということ。その過程において「将来の経済的便益の獲得の可能性」と「測定の信頼性」について述べられています。

・ 財務諸表の構成要素の測定
上記で各構成要素を認識するとして、いったい何円で認識するのか?という論点です。
「取得原価」「現在原価」「実現価値」「現在価値」と4つほど挙げていますが、挙げっぱなしで終わっています。

・ 資本及び資本維持の概念
これは、資本とは何か、維持すべき資本とは何か、ということです。突き詰めて言えば、株主から拠出された資本をどれだけ増やしたか、が利益なわけです。しかし、何をもって「増えた」もしくは「維持(すなわち減っていない)」と判断するのかは簡単でないですよ、といっている部分かと思います(かなり意訳あり)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 29, 2009 - April 4, 2009 | Main | April 12, 2009 - April 18, 2009 »