« August 23, 2009 - August 29, 2009 | Main | September 6, 2009 - September 12, 2009 »

【映画】ちゃんと伝える

ちゃんと伝える

9/2 川崎チネチッタ

これ以前に見た映画に「剱岳 点の記」「ディア・ドクター」がある。時機を逸してしまったので書かないが「ディア・ドクター」は必見。西川監督。何年かに一回しか出てこないが次が楽しみ。

というわけで今回一ヶ月ぶりくらいで観た映画が「ちゃんと伝える」

「ちゃんと伝える」。実に苦手である。同居の家族に対して、遠方の両親に対して、職場の部下と上司に対して。つれづれ考えると常に「ちゃんと伝える」ことから逃げてきたような気がする。これははっきりと自覚症状がある。ブログやmixiやtwitterに頼らず、言わなければない事をはっきりと自分の口で言わなければならない。自分の場合は極端であるが、こういう映画が出てくるということは、多かれ少なかれそう思っている層がそれなりにいるということなのか。

そんな私と同類な人間を演じるのが、EXILEのAKIRA。演技については上手いとはいえないのかもしれないが、少なくともこの映画にはそれなりにはまっている(というか、予備知識なければきっと誰かわからなかったであろう)。通う学校の教師であり部活の指導教員である父に対する微妙な感情(そういう部活を選ぶこと自体自業自得という気もするが)により、正面から向き合ってこなかったことが父の病によって明らかになっていくその苦悩。そして、結論をあいまいにしながた付き合ってきた彼女に対しても正面から向き合ってこなかったことが、自分の病によって明らかになるその苦悩。実に自分には耳が痛く、共感し通しであった。

伊藤歩もいいですね。阿部寛と共演した「青い鳥」もよかったけど、今回もまた主人公に「ちゃんと伝える」ことを迫る、対照的な彼女を好演。

でも奥田瑛二、高橋惠子が出てくると安定感が増すのは致し方がない。この夫婦は「ちゃんと伝え」あっていたのだろか。

この園子温監督という人はよく知りませんが、こういう正統派映画を作ったとはびっくり、という声が多いから、異色作品を得意とする監督なのでしょう。いい映画だとは思うが、時制の前後を多用しすぎのように感じました。もっと淡々と描いてもよかったのでは。

さあ、これで私の「ちゃんと伝え」ない性格は治るのでありましょうか。無理だろうなぁ。

しかし、洋画を全く見なくなってしまった。観たい作品があるとどうしても邦画を優先してしまうもので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国際会計基準、前倒し 住商・日産、来期にも採用

国際会計基準、前倒し 住商・日産、来期にも採用

日本企業の間で、国際会計基準の前倒し採用を目指す動きが出てきた。住友商事、日産自動車が早ければ2011年3月期にも適用する方向で検討に入ったほか、日本たばこ産業(JT)は12年3月期に導入する。日本経団連は住商などを含む上場19社と共同で実務家で構成する準備会合を近く立ち上げ、日本基準にない「包括利益」の開示方法など実務面の課題を整理する。会計の国際化が一歩進む。

昨日のエントリでは、「大手自動車メーカー」とせっかくぼかしていたのに、名前が出ちゃいました。
まあ、これらの企業はそれぞれの事情があるわけで、

日産はルノーがらみで既にある程度のことはやっているはず。
住友商事はIFRICに鶯地さん出してるしなんかやらなきゃね
そして、JTについてはこちらね。

それぞれやりたい、あるいはやらなきゃならない事情があるわけで。
そういうのなしで先駆者になろうとするのは大変ですよ。誰に言ってんだ(謎)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IFRS時代の生き残り方

昨日は、日経ビジネスを挙げながら、ほとんど中身のない記事でしたので、
今回はIFRS特集のトリに来ています「IFRS時代の生き残り方」に突っ込みを入れてみます。

冒頭では日本電波工業が今期実施を目指すと書いていますが、ある財界関係者いわく「大手自動車メーカーと電機メーカーの2社がやはり今期から早期適用する」と漏らしているそうです。

大手自動車メーカーといっても、トヨタとホンダは米国基準適用会社で早期にIFRSに移行するメリットはあまりなさそうです、ということは・・・・
電機メーカーもソニー、パナソニック、日立、東芝、三菱電機、といったところはやはり米国基準適用会社です、ということは・・・
かなり限られてきそうです。


:だが、実を言えば、はやる企業が目指すIFRSは「さらに変化しようとしている」

ASBJ西川委員長のお言葉ですが、IFRSが日本の進路を決める2012年には今と更に大きく変わっている可能性があることは事実です。先に挙げた体力のある、ある意味Reputationのために適用するような企業ならともかく、普通の企業で適用を焦るメリットが大きいとは私には思えないのです。

:ソニーは昨年末からIFRSの導入に向けてグローバルなプロジェクトを立ち上げた・・・グローバル企業は世界のグループ企業が同じ会計基準になる利点を生かす仕組みを作るのである

ソニーは先に述べたようにもともと米国基準適用会社ですから、グローバルな会計基準の統一をしようと思えばできる立場にありました。それをやらなかった事情はわかりませんが、単に困難だったからなのか、あるいは現地に会計を含めたマネジメントを任せることにメリットがあったからなのか、いずれかだと思います。少なくとも十数年前は、「欧米企業は現地にマネジメントを押し付ける、日本企業は現地の発想を取り入れる、それが日本的経営の強みだ」みたいな主張がまかり通っていましたから、あえて会計基準も押し付けないことにもそれなりのメリットがあったのではないかと思います。IFRSの問題というより、経営スタイルが時代と合わなくなってきているということなのかもしれません。植民地支配が大の苦手である日本人が今後どのように上手に現地にマネジメントを押し付けていくか、というのが会計問題に限らず大きな課題なのでしょう。

:そこではもともと社内にあった事業か、買収で引き寄せたものかを問わず、利益率や将来性で事業間の選別を行える企業ほどIFRS時代には強くなれる。・・・キャッシュフローをより重視した経営も重要になる。

要はのれんの償却方法の相違のことを言っているのですが、上記に書いてあるのは当たり前のことであって、IFRSだろうが日本基準だろうが変わるところはないと思います。


:監査法人が強くなる可能性もある

あ、これには異存ありません(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IFRS強制適用(日経ビジネス)

IFRS強制適用 売り上げ半減、利益急増の驚愕

一応紹介しておかないとね。
すみません、まだちゃんと読んでいません。

ただ、期待していたよりはちょっと薄いかな。
この前のダイヤモンドのほうがしっかりしてそう(あくまで印象)

「売り上げ半減」は売り上げの総裁表示
「利益急増」はのれんの償却停止のことですよね、きっと(大げさのような気が)。

それより「敗軍の将、兵を語る」緒方重威氏の方も面白そう。

というわけで、内容については(if any)後ほどということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国際財務報告基準の解釈指針 第8回 「顧客からの資産の移転」(2)

前回の続き。

では、鶯地さんはこのマイナーな基準がなぜ重要だといっているのか。

もともとIFRICというのは既存の会計基準に関する解釈指針です。したがって、現在進行している収益認識プロジェクトの影響を受けるわけではなく、あくまで既存のIAS18号に関する解釈を示すものであるはずです。

しかしながら、取得価額が0の資産でであっても、何らかの履行義務を対価に取得したため、それは資産性がある。そしてその義務の履行にしたがって収益を認識していく、という考え方は現在のIAS18号からなかなか到達し得なかった結論だということです。したがって、現在の収益認識プロジェクトの考え方を先取りしたというところにこの基準の意義があるということのようです。

また、今回の履行すべき義務として、

・ネットワークへの接続
・サービスを受けるための継続的アクセスの提供

の2点に分けたことも注目に値するようです。それは、現在の概念フレームワークのプロジェクトにおける資産の定義では「企業の資産とは当該企業が権利ないしアクセスを有する現時点で存在している経済的資源である」という暫定合意がなされていることからきています。すなわち資産の定義に「アクセス」という語を使用していることから、この「アクセス」ということが今後資産の定義のみならず、収益認識における一時的なものと継続的なものを区分するひとつのモデルとなりうる、と述べています。

ちょっと後段は英語のニュアンスの問題もあり、私にはぴんと来ないところもありますが、前段については確かにそのような気がします。もっとも原則がまだ決まらないうちから、IFRICがどんどん先に進んでいくところにはやや恐ろしさを感じるところではありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自民党が野党になる日

「自民党が野党になる日」

私が舛添要一の名を知ったのはこの著書が最初。
当時高校3年。
当時としてはある意味トンデモ本のひとつと見られかねなかったが
面白く読んだ記憶あり。

あれからちょうど四半世紀。
この著者が野党自民党の総裁候補に擬せられているらしい。
時の流れというものはわからないもの。

ちなみに、当時の著者近影

本当に時の流れというものはわからないものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 23, 2009 - August 29, 2009 | Main | September 6, 2009 - September 12, 2009 »