« The IFRIC met in London on 7 and 8 January | Main | ヤマハ発、希望退職800人募集へ(2/6日経) »

The IFRIC met in London on 7 and 8 January(2)

昨日の続きです。

継続審議となっているAgendaは昨日のネタとした2点だけで、あとはいくつか議題はあるものの、IFRICにおいては取り上げない、という結論になっているものばかりです。

例えば
IAS 38 Intangible Assets - Amortisation methodの論点については、

Given the diversity of views, the IFRIC concluded that it would not be able to reach a consensus on the issue on a timely basis. Consequently, the IFRIC decided not to add the issue to its agenda.

時間かかるからやんないよ、と身も蓋もない却下の仕方をしています。

そして、典型的なものとして、
IFRS 4 Insurance Contracts and IAS 32 Financial Instruments: Presentation - Scope issue for REITsの論点についての結論。

The IFRIC noted that providing guidance on this issue would be in the nature of application guidance, rather than interpretative guidance. Consequently, the IFRIC decided not to add the issue to its agenda.

指針を出すとすればあくまで「適用指針」であって「解釈指針」ではない。したがって本項目はIFRICの議題としない、というわけです。IFRICはあくまで「解釈委員会」だもんね、という自己主張。

解釈レベルの問題と適用レベルの問題、この区別を日本で意識することは殆どないような気がします。IFRICでいう「適用レベルの問題」までを会計基準に記載することがいわゆる「細則主義」なのだとすれば、IFRSの「原則主義」を会得するには、このIFRICでの議事録を読み却下理由を探ることでヒントが得られるかもしれない、などと朧気ながら考えているところです。

|

« The IFRIC met in London on 7 and 8 January | Main | ヤマハ発、希望退職800人募集へ(2/6日経) »

IFRS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12395/47508558

Listed below are links to weblogs that reference The IFRIC met in London on 7 and 8 January(2):

« The IFRIC met in London on 7 and 8 January | Main | ヤマハ発、希望退職800人募集へ(2/6日経) »