« October 10, 2010 - October 16, 2010 | Main | October 24, 2010 - October 30, 2010 »

監査法人に交代制 EU検討、企業となれ合い防止 (10/16 日経16面)(2)

3. Governance and Independence of Audit Firms

このパートが一番の肝です。

(16) Is there a conflict in the auditor being appointed and remunerated by the audited
entity? What alternative arrangements would you recommend in this context?
(17) Would the appointment by a third party be justified in certain cases?
(18) Should the continuous engagement of audit firms be limited in time? If so, what
should be the maximum length of an audit firm engagement?
(19) Should the provision of non-audit services by audit firms be prohibited? Should any
such prohibition be applied to all firms and their clients or should this be the case for
certain types of institutions, such as systemic financial institutions?
(20) Should the maximum level of fees an audit firm can receive from a single client be
regulated?
(21) Should new rules be introduced regarding the transparency of the financial statements
of audit firms?
(22) What further measures could be envisaged in the governance of audit firms to enhance
the independence of auditors?
(23) Should alternative structures be explored to allow audit firms to raise capital from
external sources?
(24) Do you support the suggestions regarding Group Auditors? Do you have any further
ideas on the
matter?

監査人を指名する際や報酬を決定する際に利益相反というものがあるのか、という問題意識から入っています。

そして


一定の場合には第三者がそれを決定することが正当化されるのであろうか、

監査契約期間は制限すべきであろうか、そうであれば最長何年がいいのか、

非監査サービスの提供は禁止すべきではないのか、そうであればその対象は全般的にすべきなのか金融機関等一定の範囲にすべきなのか


最大報酬金額は制限すべきではないのか

監査法人の財務諸表の透明性について新たなルールが必要ではないのか

他に監査人の独立性について取るべき手段があるのか

監査法人の資金調達のために新たなストラクチャーを考えるべきか

「グループ監査人」についての提案に賛同するか

ということにつき質問を投げかけています。

17,18あたりが新聞報道されたメインの部分であります。大事なところですので、原文を引用しますと

The Commission is considering the feasibility of a scenario where the audit role is one of statutory inspection wherein the appointment,remuneration and duration of the engagement would be the responsibility of a third party,perhaps a regulator, rather than the company itself.Such a concept may be especially relevant for the audit of the financial statements of large companies and/or systemic financial institutions. This matter should be explored taking into account, on the one hand, the risk of increased bureaucracy and, on the other hand, the possible societal benefits of demonstrably independent appointments.

大企業や金融機関については、監査人氏名の責任を企業自身よりも規制当局等の第三者にもたせる制度についての可能性を検討している、ということです。独立性についてはベネフィットがある一方で官の増大というリスクがあるということは認識をしているようです。

In this context, the mandatory rotation of audit firms . not just of audit partners . should be considered. The Commission acknowledges arguments relating to a loss of knowledge as a result of rotation. It would nevertheless like to examine the pros and cons of such rotation, especially with a view to instilling and maintaining objectivity and dynamism in the audit market. To prevent partners from changing firms to "take along" certain clients with them, rotation rules, if adopted, should ensure that not only firms, but partners are also rotated.

パートナーのみではなく監査法人のローテーションについても検討する人のことで、これも欠点については認識しているものの、客観性や監査市場のダイナミズムの維持の観点から再度検討したいと。パートナーが顧客を連れて別の監査法人に移るのは反則ですよと。


また意外にも非監査サービスについて制限するEU全般の規制というものはなく、独立性に反してはいけない、という規定の解釈の世界となってしまい各国での実務はまちまちであるとのことです。

最大報酬金額というのはひとつのクライアントから受け取る金額の上限を、法人が受け取る全報酬の一定割合に留める規制のようです。IFACの倫理規定では15%以上であれば開示すべきであるということらしいですが、中小の法人であればありうるのでしょう。

また、監査法人の資金調達云々というのは、現在EU規制では監査法人の議決権は監査人がマジョリティーをとっていなければならないらしいのですが、それを改めるべきかどうかというもののようです。

「グループ監査人」についての提案とは、グループ内の子会社に対する監査についてのドキュメントについても親会社の監査人はアクセスすべきである、ということを言っています。現在でも別監査法人間のクリアランスのやりとりはしていると思われるのですが、どこまでの改訂を見込んでいるのか、原文からは読み取れませんでした。

4. Supervision

EUの監督の話です。国の連合体であるがゆえの悩みもあるようですが、ここではあまり触れません。

(25) Which measures should be envisaged to improve further the integration and
cooperation on audit firm supervision at EU level?
(26) How could increased consultation and communication between the auditor of large
listed companies and the regulator be ac
hieved?

EUレベルでの監督を改善するためにはどうしたらいいか
上場企業の監査人と規制当局の情報交換をどのように増やしていくべきか

(まだ続く予定)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

監査法人に交代制 EU検討、企業となれ合い防止 (10/16 日経16面)(1)

監査法人に交代制 EU検討、企業となれ合い防止 (10/16 日経16面)(1)

欧州連合(EU)が監査法人に対する規制を強化する。

監査法人と顧客企業とのなれ合いを防ぐため、企業に担当監査法人の定期的な変更の義務付けを検討する。登録した監査法人や会計士が域内で自由に活動できる「パスポート」も導入する。四大監査法人の寡占状態にある監査市場の競争を促し、企業や銀行の財務内容を厳しく点検することで金融危機の再発防止につなげる狙いだ。

いくつかのブログでも話題になっている記事ですが、原文はこちらです。

Consultation on audit policy - Lessons from the Crisis


このグリーンペーパーの目的としては

The Green Paper aims to draw the lessons from the crisis with respect to the external audit of companies. In particular, the Commission is keen to discuss whether audits provide the right information to all financial actors, whether there are issues around the independence of audit firms, whether there are risks linked to a concentrated market, whether supervision at a European level might be useful and how best the specific needs of small and medium sized businesses may be met.

いわゆる金融危機によって、いろいろと監査人監査に関する問題点が出てきたので、その対策をしていこう、ということが垣間見えます。日本では景気悪化に伴う市場の伸び悩みから来る会計士試験の合格者の就職問題に夢中のようですが、EUではそもそも監査人監査のストラクチャーを根本的に揺るがすような検討を始めたということのようです。


原文は9章と38個の質問からなっています。全部で21ページですので読むのにはそれほど時間がかからない方が多いでしょうが、私がまじめに読むと時間がかかりますので、質問文を読んでから本文を読むという必殺TOEIC Part7テクニックを駆使して読んでいくことにします。いつもどおり訳は適当にはしょっております。

1. Introduction
ここは全体像なので、とりあえずパス。

2. Role of the Auditor
2.1. Communication by auditors to stakeholders

そもそも、監査人と利害関係者との情報のやりとりが十分であるのか、という問題意識から、以下の質問を投げかけています。

(4) Do you believe that audits should provide comfort on the financial health of
companies? Are audits fit for such a purpose?

(5) To bridge the expectation gap and in order to clarify the role of audits, should the auditmethodology employed be better explained to users?

(6) Should "professional scepticism" be reinforced? How could this be achieved?

(7) Should the negative perception attached to qualifications in audit reports be
reconsidered? If so, how?

(8) What additional information should be provided to external stakeholders and how?

(9) Is there adequate and regular dialogue between the external auditors, internal auditors
and the Audit Committee? If not, how can this communication be improved?

(10) Do you think auditors should play a role in ensuring the reliability of the information
companies are reporting in the field of CSR?

(11) Should there be more regular communication by the auditor to stakeholders? Also,
should the time gap between the year end and the date of the audit opinion be reduced?

(12) What other measures could be envisaged to enhance the value of audits?

そもそも、監査人というのは企業の財務健全性維持の目的に十分寄与しているのか。

投資家と監査人の間にあると言われるいわゆる「期待ギャップ」解消のために監査人はもっと利害関係者に説明すべきではないのか。

監査人に課されている「職業的懐疑心」はもっと強化すべきではないのか、それはどうしたら達成できるのか。

限定付き意見については、消極的評価を恐れるあまり、避けようとする場合が多いが、そのような見方を改めるべきではないのか?

外部の利害関係者にもっと提供すべき情報はないのか、またそれはどのようにして適用したらいいのか

外部監査人と内部監査人との間の十分なかつ定期的な情報交換は行われているのか

監査人はCSRの分野においても情報の信頼性を確保するために一定の役割を果たすべきではなかろうか

外部の利害関係者と監査人の定期的な情報交換はもっとやるべきではないのか、また財務諸表日と監査意見日の差は埋めていくべきではないのか

その他監査の価値を高めるためにどのような手段があるか

2.2. International Standards on Auditing (ISAs)

ISA(国際監査基準)については最近フォロー不足なのですが、2009年までに「クラリファイプロジェクト」というものをやっておりまして、基準が見直されています。これに応じて日本の監査基準なども修正されています。IFRSを導入しようとなると何かと抵抗勢力がぞろぞろ出てきますが、監査基準についてはあまりニュースにもならず、簡単に国際的な基準が入ってくるようです。

(13) What are your views on the introduction of ISAs in the EU?
(14) Should ISAs be made legally binding throughout the EU? If so, should a similar
endorsement approach be chosen to the one existing for the endorsement of
International Financial reporting Standards (IFRS)? Alternatively, and given the
current widespread use of ISAs in the EU, should the use of ISAs be further
encouraged through non-binding legal instruments (Recommendation, Code of
Conduct)?
(15) Should ISAs be further adapted to meet the needs of SMEs an
d SMPs?

ISAってどう思いますか、EUで強制的に導入すべきだと思いますか、中小企業にも適用できると思いますか?ということです。

(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 10, 2010 - October 16, 2010 | Main | October 24, 2010 - October 30, 2010 »