« October 31, 2010 - November 6, 2010 | Main | November 14, 2010 - November 20, 2010 »

ゴールドマン・サックス研究~世界経済崩壊の真相~(文春新書)

ゴールドマン・サックス研究~世界経済崩壊の真相~(文春新書)

会計とは直接関係ありませんが、最近読了した本ということで。

まず、タイトルには若干違和感。著者がかつて在籍していたゴールドマン・サックス(GS)。かつてはよかったが、今は・・・という箇所が何回も出てきますが、研究と言えるほどのものではなく、非関係者から見ると懐古主義に思えるところがあります。GSそのものについてもっと知りたい、というニーズに答える本ではありません。

しかし、本題はそこにはありません。

かつてライブドアの堀江氏が幅を聞かせていた頃、「額に汗して働く労働こそが貴重である。堀江氏のやっているのは錬金術にすぎなく、それは虚業である」といった言論が跋扈し、IT、金融業界の方が中心となって、大いに反論が巻き起こった、ということがあったことを思い出しました。

というのも、邦銀出身、転じてGSに在籍していた本人自らして金融を「虚業」と断じ(p178)、日本は「実業」を再興すべきと主張しているからです(p179)。
もっとも、前段では著者が従事していたころの金融業はもっと実業のことを考えたものであり、今のGSがやっていることはそれとは異なるものだ、という思想が根底にあるからこその物言いなのであり、そこは下記の記載からそのような自負が読み取れます。

もし私が日本の銀行の頭取であれば何を目指すかと言えば「将来の日本を作るしっかりとした企業を10社創ることに貢献したい」と考えるだろう(p101)

そして突き刺さったのは以下の項。現在のデトロイトの惨状を紹介した後に、復興を目指す企業の副社長の言葉です。

「この20年、これだけ没落していっているのに、企業も、役人も、労働組合も皆『やがて良い時が来る』と、現実を否定し続けたんだよ。」(p144)

否定し続けた結果が・・・

「町がここまで荒むと、まず人間の復興から始めなければいけない・・・今デトロイトで伸びている事業は、カジノ、ストリップバー、酒屋、薬の密売人しかない。したがってここ(注:教会の中のシェルター)に来た人間に最初にすることは解毒だ」(p147)

金融業が虚業か否かは議論があるでしょうが、少なくともこのデトロイトと同じ道を日本は歩み続けており、それを何とか阻止すべく「実業」の復活を、という著者の趣旨は明快です。少なくともその危機感については共有していかなければならないと考えるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アジア・オセアニア会計基準設定主体グループのウェブサイト

アジア・オセアニア会計基準設定主体グループのウェブサイト


アジア・オセアニア会計基準設定主体グループ(AOSSG)は、メンバー間の
効果的かつ効率的なコミュニケーションを可能とするとともに、アジア・オセ
アニア地域の外部関係者のAOSSG に対する認知度を高めること等を目的とし
て、第2 回年次会合でウェブサイトを立ち上げることに合意した。AOSSG は、
財務報告の関係者が定期的に本サイトを閲覧することを歓迎する(リンク先:
http://www.aossg.org/index.php)。

AOSSGがウェブサイトを立ち上げたというASBJのプレスリリース。そもそもAOSSGとは何かということなのですが、アジアおよびオセアニアの会計基準設定主体の集まりで、昨年に発足しております。昨年の時は全く気にしていなかったのですが(笑)、本年になって今回の議長がASBJの西川委員長であること、そしてIASBのサテライトオフィスが東京になりそうだ、というニュースと相まって、今後注目しておいたほうがよさそうな気がします。

AOSSGの歴史をたどってみますと(といってもかなり少ない)

準備会合(2009/4 北京)


このような点に鑑み、参加者は、当該地域におけるIFRSの採用やコンバージェンスを促進し、一組の単一の高品質なグローバルな会計基準を設定するためのIASBの取り組みを支援し、当該地域のそれぞれの国・管轄地域の立場とIFRSの開発への参画を調整し、当該地域における財務報告基準の整合性と比較可能性を改善し、管轄地域の公益のために財務報告の品質を向上させるため、アジア・オセアニア基準設定主体グループ(AOSSG)の設立に関連する論点を議論した。参加者は、AOSSGをできるだけ早期に設立することで合意した。

第1回会議(2009/11 クアラルンプール)


AOSSGメンバー国 はまた、AOSSGの4つの目的を定めた覚書(MOU)を採択した。その目的とは、以下のとおりである。
(a) 当地域の各国による国際財務報告基準(IFRS)の採用及びIFRSとのコンバージェンスを促進すること
(b) 当地域の各国によるIFRSの整合的な適用を促進すること
(c) 国際会計基準審議会(IASB)の専門的活動に対する当地域からの意見を調整すること
(d) 当地域の財務報告の品質改善のため、政府や規制当局、他の地域組織や国際機関と協力すること

第 2 回会議(2010/9 東京)


第 2 回AOSSG 会議における議論の概要
1. 連結 WG
2. 排出量取引 WG
3. 公正価値測定
4. 金融商品
5. 財務諸表表示
6. 保険
7. イスラム金融
8. リース

中でも「イスラム金融」というのが注目ですな。アジアの独自性が発揮できる項目かと思いますので。

ただ、次の会合が2011年の11月という悠長なことを言っています。まあそれぞれのワーキンググループの事務方は会合を重ねていくのでしょうが、アピール力としてはどうなのか。

ともあれウェブサイトを公開し、意見発信をしていく姿勢を鮮明にしたことは注目に価するかと思いますので、今後ともフォローをしていきたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Trustees seek public comment on the future strategy of the IFRS Foundation

Trustees seek public comment on the future strategy of the IFRS Foundation

The Trustees of the IFRS Foundation, the oversight body of the International Accounting Standards Board (IASB), today published a first-stage consultation document designed to solicit input on the strategy of the IFRS Foundation as it enters its second decade. The Trustees initiated this review as a result of the second Constitution Review that was completed earlier this year.

IFRS財団の評議員(Trustee)が、今後10年間の戦略についてのコメントを求めるために、質問文書(consultation document 定訳ありますか?)を公表したとのこと。

もともと評議員の方々は、憲章の改訂作業に携わっていたわけですが、その過程において、今後の戦略につき利害関係者からコメントをとることについて決議したという経緯があるようです。IASBが前身のIASCから設立されてから10年。この間に100以上の国々で受け入れられているということを成果として、さらに今後の10年間で”a single high-quality globally accepted set of accounting standards”という究極の目標と成果をどのように結びつけていくかという戦略策定の参考にしたい、ということのようです。この目標自体に疑念を呈する方もいらっしゃるでしょうが、憲章(Constitution)で決まっておりますので(para.2)それはもう所与のものであります。

で、質問内容ですが、次の5つの大問に対して8項目の小問からなっています。

Mission: How should the organisation best define the public interest to which it is committed?

“public interest”についてどのように定義すればよいのか。
特に、金融危機に際して会計基準の要求と金融安定化等の政策要請の間に差があることが浮かび上がってきたことからの論点のようです。

Governance: how should the organisation best balance independence with accountability?

現在のMonitoring Board、IFRS Foundation, IASBのバランスがこれでいいのか。そして各国の当局の関与がこのレベルでいいのか、ということについて意見を求めています。各国での採用が進む反面、curve-out付の採用という側面もあることから、そのあたりの論点も興味があります。

Process: how should the organisation best ensure that its standards are high quality, meet the requirements of a well functioning capital market and are implemented consistently across the world?

今の基準設定プロセスが現在のままでいいのかという問題提起。とくに、世界的な適用の一貫性について、もっとIASBが関与すべきなのかどうかについて意見を求めています。

Financing: how should the organisation best ensure forms of financing that permit it to operate effectively and efficiently?

効果的および効率的な資金調達の方法につき意見を求めています。

Other issues


コメント収集期限は2010年12月31日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国際会計基準(IFRS)の早期適用について(日本板硝子株式会社)

既に周知の記事ですが、これを取り上げなわけにはいかないでしょうというわけで。

国際会計基準(IFRS)の早期適用について

当社は、連結財務諸表の作成にあたり、2011年4月1日より国際会計基準(IFRS)を早期適用することを決定いたしましたので、お知らせいたします。これにより、連結財務諸表に、2012年3月期(FY2012)以降、同基準を適用いたします。
国際会計基準(IFRS)の適用は、当社グループの国際的な事業展開と株主構成に、適したものであります。
本決定は、日本に本社を置く、真に国際化した企業となろうという当社グループの意思の表れであります。国際的な事業展開と株主構成に適した国際会計基準(IFRS)の適用は、取締役会メンバーの国際化、委員会設置会社への移行、といったこれまでの施策の流れをくむものであります。
実務レベルでは、2006年のピルキントン社買収により、グループの約2/3は既に国際会計基準を使用しているため、グループ全体が国際会計基準に移行することで、同基準から日本基準への組替えの必要がなくなります。グループ全体が同一の会計上の言語を用いることは、内部の意思決定プロセスに非常に有益であります。
本決定の定量的な影響については、別途、適用の開始前にご説明する予定です。

短いので全文引用しました。前年度末から適用している日本電波工業についでIFRSの適用を正式に表明したのは日本板硝子。日本では2社目になります。

プレスリリースにもあるとおり、2006年にピルキントン社を買収した後に経営者も連れてきた会社です。その後経営者は家庭の事情という名目*1でお帰りになられましたが、2010年にはデュポン出身の社長を招聘*2。資本関係とかかわらず、外国人経営者をトップに据え、従来の経営とは一線を画す決意が垣間見えます。


*1 辞任後に「日本の人事制度や商慣習がこれほど国際展開にそぐわないとは思っても見なかった」と言っている(『日本企業を強くするM&A戦略』菊地正俊(PHP新書)p32)そうなので、額面通りには受け取れないとの説が多いですね。

*2なぜかwiki(11/9修正)wikipediaでは社長が変わっておらず、タレント千秋のお父様(藤本勝司氏)が社長のままです。誰か編集してあげましょう(他人任せ)


そんな中ですし、またプレスリリースによれば、既に2/3がIFRS適用済みということなので、今回の方針は必然のものであったのかと思います。とはいえ、既に2/3がIFRSを適用し、それを日本基準に組み替えているといっても、日本の会計基準で強制されている組み替えはわずか6項目です。残り1/3のうちの日本の割合がどれだけかわかりませんが、それをIFRSに変換する方が限定がないので遥かに大変かと思います。現時点でどこまで準備が出来ているのか外野からはわかりませんが、残り半年の作業はかなりタイトなものと推測いたします。経理の皆さんのご苦労はいかばかりかと。

経営体制が上記のようなものであるため、必ずしも他の会社にそのまま適用できるわけではないかと思いますが、ぜひ先駆者として事例を積み重ねてほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 31, 2010 - November 6, 2010 | Main | November 14, 2010 - November 20, 2010 »